小林一茶風日記

2004 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |
 | 

2014-08-25

『「反日」中国の文明史』

平野聡

ちくま新書

ISBN978-4-480-06784-5

習近平体制が唱える「中国夢」の新華夷秩序としての来歴を述べた本。

読み物としては一つの読み物。ただ、やや焦点がぼやけているきらいはある。

例えばマルクス主義の説明とか書かれているが、そこまで必要だったのだろうか。

中国近現代のバイタルなトピックではあるだろうし、読み物としてはありかもしれないが、中国夢の来歴を語るのに必要にして十分とはいえないように思う。

全体的にややぐだぐだしている印象。

それでよければ、という本だろう。

2014-08-12

『誰も語らなかった“日米核密約”の正体 安部晋三・岸信介をつなぐ日本外交の底流』

河内孝 著

角川oneテーマ21

ISBN978-4-04-101490-5

1960年安保改定期を中心に、日米外交において米軍の核持ち込みがどのように扱われてきたかを探った本。

大体において、日米間にはっきりとした密約はなかったという著者の立場から外交の過程を素描した本で、そうしたものでよければ、という本か。

密約がなかったかどうかについては、論証が不十分であまり説得力はないと思う。

それも含めて、素描以上のものではなく、特にといえるような本ではない。

素描でよければ、という本だろう。

2014-08-06

『シベリヤ抑留記 凍土に斃れた戦友を悼むレクイエム

山本喜代四 著

光人社NF文庫

ISBN978-4-7698-2840-2

徴兵前の軍属時代も含む著者の従軍記。

一つの従軍記ではあろうが、あまり上質とはいえない。他に何も読むものがなくなった、という人向けか。

抑留が大変だったという描写はあまりないし、誰かが死んだ話もないし、一戸とか大湊とか東北の土地勘がないと前半よく分からないし、読み物としてうまくはないと思う。

シベリア抑留者の手記もこれしかないというわけでもないので、特に、というほどのものではない。

貴重な体験ではあるから、それでもよければ、というところだろう。

 |