小林一茶風日記

2004 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |
 | 

2014-09-29

スターリン 「非道の独裁者」の実像

横手慎二

中公新書

ISBN978-4-12-102274-5

スターリンの評伝。

ただし、単純な評伝というよりは、ロシア国民の内のいくぶんかが抱いている見方、スターリンが強権的な手法と莫大な犠牲の上に推し進めた工業化によって、ソ連は初めてヒトラーに勝利することができたのであり、スターリンは英雄である、とする歴史解釈を紹介したもの

そうしたものでよければ読んでみても、という本か。

詳細がよく分からない部分が結構あるような気がするが、新書だからかもしれない。

興味があれば読んでみても、という本だろう。

以下メモ

・ソ連では、国家機関の人事を党が握ることで、共産党優位の体制が作られた。

共産党が人事手続きを行う職務の一覧表が、ノーメンクラトゥーラ。

2014-09-17

リスクあなたは騙される』

ダン・ガードナー 著/田淵健太

ハヤカワ文庫NF

ISBN978-4-15-050413-7

心理学の知見を元に、人間におけるリスクの捉え方について述べた本。

要するに、草むらが動いているのを見たらそこに腹をすかせたトラがいるのを確認してから逃げても遅いので、人間は危険判断を半無意識的に行うようにできており、科学的根拠に基づいた理性的な判断は、無意識に対して少ししか、あるいはほとんど影響を及ぼさない、ということだろうか。

基本的に向こうの本らしい無駄にぶ厚い本。

内容的には面白いが、ここまでぶ厚いと正直だれる。日本の新書なら、この半分の分量で八割か九割のことは書けると思う。

それでよければ、という本だろう。

 |