小林一茶風日記

2004 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |
 | 

2014-11-27

『昭 田中角栄と生きた女』

佐藤あつ子 著

講談社文庫

ISBN978-4-06-277883-1

越山会女王、佐藤昭(改名して昭子)と田中角栄との間にできた娘が、母と自身の半生をつづった本。

つらつらだらだらと書かれた読み物的な本ではあるが、田中角栄のことをある程度知っているなら面白く読める本だと思う。興味があるならば読んでみてもよい本。

ただし、テーマ的には、越山会の女王の実態というようなものはほとんどなく、愛人としてのあり方、愛人の子としてのあり方、というものが主な内容になっている。

持てる者の悩みでしかないとはいえるが、人に人生あり、というところではある。

そうしたものでよければ、という本だろう。

2014-11-20

『「黄金のバンタム」を破った男』

百田尚樹

PHP文芸文庫

ISBN978-4-569-67916-7

ファイティング原田世界タイトル挑戦を中心に描いた読み物。

かなり保守臭いが、それなりのスポーツ読み物、といった本か。そうしたものでよければ、というところ。

小説家が書いているのですんなりとは読めるが、特別なものでもない。

保守臭いというのは、ネトウヨというよりはALWAYS的なノスタルジック保守で、60年代がそんなにいい時代だったわけがないだろうとは思う。

そうしたものでよければ、という本だろう。

2014-11-12

ポアンカレ予想

ドナル・オシア 著/糸川洋 訳

新潮文庫

ISBN978-4-10-218591-9

ポアンカレ予想をその歴史を中心に描いた本。

ポアンカレ予想が出されるまでの幾何学の歴史と、それが解決されるまでの流れが書かれた読み物。よくいえば、読み物ではある。それでよければ、という本か。

ポアンカレ予想そのものについて、得るところはあまりないと思う。

これ以上のことは数学素人には無理なのかもしれないが。

個人的には物足りなかった。

 |