小林一茶風日記

2004 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |
 | 

2014-12-24

『戦国武将と連歌師 乱世のインテリジェンス

綿抜豊昭 著

平凡社新書

ISBN978-4-582-85755-9

連歌に関して書かれた雑学本。

いろいろなエピソードが書かれていて楽しいが、そうたいしたことが書かれているわけでもない。それでよければ、という本か。

連歌自体マイナーなので、一般向けとしては雑学本として面白いかどうか微妙なところではあると思う。

歴史好きならば、というところか。

それでよければという本だろう。

2014-12-16

『移行化石発見

ブライアン・スウィーテク 著/野中香方子 訳

文春文庫

ISBN978-4-16-790239-1

中間種を中心に古生物学に関して書かれた本。

というかぶっちゃけアメリカにおける進化論啓蒙書、というのが実態の本。明示されてはいないが創造論やID説が論難されている。それでよければ、という本か。

進化論についての一冊の読み物とはいえるが、ダーウィンの前後の時代から現代まで射程に入れているので、やや大味で初心者向きな内容であり、個人的にはそこまでのものではなかった。

アメリカではともかく、日本では本書の持つ意義は下がるのだと思う。

それでもよければ、という本だろう。

以下メモ

海竜の尾びれは垂直になっていて、左右にくねって進む爬虫類同様、左右に動かすことで推進力を得ることができる。くじらの尾びれは水平になっていて、歩くとき背中を上下させる哺乳類と同様、上下に動かすことで推進力を発揮する。

2014-12-05

『川はどうしてできるのか 地形のミステリーツアーへようこそ』

藤岡太郎

講談社ブルーバックス

ISBN978-4-06-257885-1

川についての雑学本。

雑学本以上のものではないが、雑学本としては普通の雑学本か。それでよければ、という本。

ブルーバックスに求める内容としてはやや軽いような気はする。

それでよければ、という本だろう。

 |