小林一茶風日記

2004 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 |
 | 

2016-06-20

『血盟団事件

中島岳志

文春文庫

ISBN978-4-16-790620-7

血盟団事件について、テロに至る発想の萌芽から事件の顛末までを追ったノンフィクション

ノンフィクションとしてはまあこんなものだろうとは思うものの、事件の関係者自分たちの記録を残したとして、このくらいのものができるのではないか、というような本ではあり、当事者が書いたのなら、自己弁護が入ってくるのは当然だからこれで比較的冷静だと評価できただろうが、第三者が書いたものとしては、あまりに無批判にすぎる本か。

それは結構危険だろうから、薦めるには微妙

当事者が知らなかった、気づかなかった、あるいは故意に見落としたような事柄もあるだろうし。

それでもよければ、という本だろう。

2016-06-09

『新選組 粛清組織論

菊地明 著

文春新書

ISBN978-4-978-4-16-661073-0

芹沢鴨山南敬助伊東甲子太郎など、新選組の内部粛清の歴史をつづった歴史読み物。

読み物としてはそれなりの歴史読み物だが、粛清の歴史がつづられたという以上のものはない。それでもよければ、というところか。

特にというほどのものはないだろうし、新選組について知りたければ別の本があるだろうし、厳しいところではあると思う。

あくまでそれでもよければ、という本だろう。

2016-06-03

人類20万年 遥かなる旅路

アリス・ロバーツ 著/野中香方子

文春文庫

ISBN978-4-16-790604-7

現生人類足跡を追った紀行文的な読み物。

アフリカに生まれ、地球上に広がった現生人類の移動や生活の跡を追ったもの、ではあるが、科学的なノンフィクションというよりは、各地での人類の行動を探った紀行文的な読み物、と考えた方がいいだろう。

そうしたものでよければ、という本。

悪くはないが、五百何十ページもの大部の本の中に情報がどれだけあるのかというと、紀行文的なもの以外には、という感じだろうか。

積極的に薦めるほどでもない。

それでもよければ、というところだろう。

 |