小林一茶風日記

2004 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
 | 

2016-11-25

『ひとりで学べる電磁気学 大切なポイントを余さず理解

中山正敏 著

講談社ブルーバックス

ISBN978-4-06-257986-5

電磁気学の教科書

ほぼ教科書なので、それでよいという人なら、という本か。

静電誘導だの電磁誘導だの誘導電荷だの電気分極だの電気的分極だの分極電荷だのと似たような用語が多く、まあマクスウェル方程式にしてから電場電束密度磁場磁束密度だし、全体的に、日本語でお書きください、という感じ。

多分これのほうが正しくはあるのだろうが、読んで理解するものではないと思う。

一ページ三十分ぐらいかけて理解したいという人向け。

それでよければ、という本だろう。

2016-11-15

『経済数学直感方法 マクロ経済学編』

長沼伸一郎 著

講談社ブルーバックス

ISBN978-4-06-257984-1

経済学の動的マクロ均衡理論で使われる数学の思想背景を説明した本。

比較的高度な数学を一冊で説明するのだから相当捨象はされているだろうし、本書を読んだからといってその数学がただちに使えるようになるわけでもないが、割と面白い本だったので、経済学を学ぶ前段階としてなら読んでみてもよい本ではないだろうか。

後は、そうしたものでよければ、という本だろう。

興味があるならば読んでみてもよい本だと思う。

2016-11-04

重力波とはなにか 「時空のさざなみ」が拓く新たな宇宙論

安東正樹 著

講談社ブルーバックス

ISBN978-4-06-257983-4

重力波に関して書かれた本。

入門というよりは、重力波に関連した様々な事柄を手広くまとめた総合概説で、個人的にはやや詰め込みすぎの総花的解説だったが、こういうのがいいという人もいるだろう。それでよければ、という本か。

重力波についてはすでにどういうものか知っていて、重力波に関する最新の知見を知りたい、とかいう人にはよいのではないだろうか。

内容的に、重力波についてこんなことが分かった、というよりは、重力波でこんなことが分かる(かもしれない)、という話が多いような気がするので、フォローする時期は今でなくてもよいかもしれないが。

重力波とは何かを知りたいという人にはあまり向いていないと思うが、どうせ物理学の本なんか一冊で分かるわけがないのだから、何冊も読むうちの一冊と考えるならこれもありかもしれない。

そうしたものでよければ、という本だろう。

 |