小林一茶風日記

2004 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |

2005-07-28

『八月十五日の神話 終戦記念日メディア学』

佐藤卓己

ちくま新書

ISBN4-480-06244-0

8月15日という終戦記念日をメディアがどのように扱ってきたか、が書かれた本。

内容的、形式的には、新聞ラジオ、歴史教科書というメディアが、終戦記念日をどのように扱ってきたか、ということが主として考察されたもので、全体のモチーフとしては、8月15日を終戦記念日とする曖昧な歴史認識を批判する、ということが、多分あったのだろうが、それが一冊のテーマとまでは高められておらず、総体的な統一感はない。

個々の部分には面白い指摘もいくつかあったが、ややまとまりを欠き、一冊の本として成功しているとまではいえない本か。

面白くない訳ではないが、積極的に薦める程、良くもない、という微妙な出来で、判断に悩む本ではある。それでも良ければ、読んでみても、というところだろう。

以下、メモ

・日本において、太平洋戦争の終結した日が降伏文書に調印した9月2日とされていない背景には、降伏を隠蔽忘却する心理が働いたことがあるのだろう。

・9月2日はアメリカ主導で式典が行われた日付であり、イギリスでは8月15日を基準にして戦勝式を行う。日本でも、独立後に、8月15日を記念日とする習慣が広まった。

・玉音放送には、祭祀における天皇司祭)の祝詞によって世の中が変わるのだ、という古層信仰の形が潜んでいる。

・元々月遅れお盆であった8月15日には、既に終戦以前において、戦没者を追悼する行事があった。

・韓国の高校生の半分以上は、日本の正式国名がまだ大日本帝国だと認識しているらしい。

(しかし、敗戦したのだから帝国という文字はなくなるだろう、という判断も、皇帝たる天皇は引き続きいるのだから帝国のままだろう、という判断も、どちらも十分に常識的だと私には思える)

はてなユーザーのみコメントできます。はてなへログインもしくは新規登録をおこなってください。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sarasate/20050728