小林一茶風日記

2004 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |

2006-08-22

物語 現代経済学 多様な経済思想の世界へ』

根井雅弘 著

中公新書

ISBN4-12-101853-2

何人かの経済学説史上の経済学者たちに関して書かれたコラム集。

個々の部分でも、全体でも、何がいいたかったのか私には余りよく分からなかったが、良くいえば、ファンが読むようなコラム集ではある。

だから、多分ファンになれる人には面白いのだろう。面白い人には面白いのだろうから、それで良ければ読んでみても、という本。私にはよく分からなかったが。

私としては、本書の全体的なモチーフとして、自分とは異なる見方、異端を大切にしろ、ということが主張されているのだが、現在主流派の最右翼にいる人、あるいは昔も今も非主流派に属する人がこういうのなら、それなりに説得力もあるだろうが、過去においては主流派だったのに現在は非主流派に転落した人、がこのように主張しても、すんなりとは受け入れられないのではないかと、何よりも第一にそのように感じる。

(必ずしも、著者が本当にそういう境涯にあるかどうかは知らないが。年齢を考えれば、仮にそういう境涯にあったとしても、主流派であった時間はそんなに長くないだろうし。しかし比喩的な意味としては、そういうことがいえると思う。つまりぶっちゃけ、お前らそのまま主流派なら異端なんて無視してたんちゃうん、ということだ)

やや内輪(=経済学を勉強している人)向けに書かれている部分もあるように思うし、一般向けに良い本だとは余りいえないと思う。

はてなユーザーのみコメントできます。はてなへログインもしくは新規登録をおこなってください。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sarasate/20060822