小林一茶風日記

2004 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |

2007-01-06

『信玄の戦略 組織、合戦、領国経営

柴辻俊六 著

中公新書

ISBN4-12-101872-9

武田信玄の領国経営と領国拡張について書かれた本。

家臣の職制とか版図拡大の過程とかの結構細かいことが、こまごまと概説的に書かれた本で、私には取り立てて面白いものでもなかったが、そういうこまごまとしたことを知りたい人向け、という感じの本ではあるのだろうか。

大河ドラマ便乗本として考える程、一般向けの読み物ではないし、(かといって所詮は大河ドラマの便乗本なのだから)なんらかのテーマが論じられている訳でもないし、私としては、余り良い本だとは思えなかった。

あとがきには、武田信玄の「専制的な支配の実態を明らかにすることに主眼を置いた」と書かれているが、本書のどこにそのような分析があるのか、私には皆目理解できない。税役に関して書かれているところなのだろうか? 税金なんて、歴史上最も専制的でない国家にもあったのだろうに。

後、史料の内容に対する批判が甘いような気がした。著者としては、史料に書いてあることは、あくまでそれを尊重して、現代的な立場からの批判は加えない、という立場なのだろうが。

だから、私としては薦めるような本ではない。新書レベルではないこまごまとしたことが知りたいなら、読んでみても、というところだろう。

はてなユーザーのみコメントできます。はてなへログインもしくは新規登録をおこなってください。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sarasate/20070106