小林一茶風日記

2004 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |

2007-02-15

『日本を甦らせる政治思想 現代コミュニタリアニズム入門』

菊池理夫 著

講談社現代新書

ISBN978-4-06-149875-4

コミュニタリアニズムについての入門書。

全体的にいって、反対者の黒い面と自身の白い面だけを見れば、こういう風に見えないこともないのだろう、という本か。

結構玉虫色の本。コミュニタリアニズムは共通善を中心に据えた政治学、ということだが、そもそも何が共通善なのか、という話は余りないので、後は、共通善の取り様次第でどうにでもなる、という感じがする。

(共通善はコミュニティによってそれぞれ異なるから、共通善そのものについて語るのは難しいのだろうが。しかし、共通善はコミュニティを形成する前提であり、コミュニティの目的である、コミュニティは共通善を前提として形成され、共通善を目的とする、では、ただのトートロジーではないだろうか)

格差拡大」「学力低下」「反市場主義」が大好きで、現代社会はますます非道徳的になってきている、と考えている人向き。

どうも、私としては、認識の底が浅い気がした。

はてなユーザーのみコメントできます。はてなへログインもしくは新規登録をおこなってください。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sarasate/20070215