小林一茶風日記

2004 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |

2007-03-02

『近くて遠い中国語 日本人のカンちがい』

阿辻哲次

中公新書

ISBN978-4-12-101880-9

中国語に関して書かれたエッセイ

一応、テーマというか、モチーフとしては、中国語も外国語なのだから、漢字意味を追っていけば理解できる、などとは考えない方が良い、ということが主張されたものではあるが、全体的には、中国語の先生が書いたエッセイ、と考えておけばそれで大体間違いのない本か。

特にどうということもないエッセイ。

あんまり対象(中国語)に対する批判精神が感じられないので、個人的には別に薦めはしないが(対象以外のものに対する批判精神はある)、中国語に関するエッセイが読んでみたいのであれば、読んでみても良いのではないだろうか。

興味があれば、読んでみても、という本だろう。

以下メモ

・中国語でも一つの漢字で意味が異なると発音が異なる場合がある。音楽の楽と楽しむという意味の楽では違う発音になる。

・日本でも、銀行とか、西洋のものを取り扱う業者の会社名に洋行と付くように、行には職業、業種という意味があり、中国語で改行とは、転業するという意味である。

・昔イギリスでは、5ポイントの活字をパール、7号の活字をルビーと呼んでおり、その7号活字を、5号活字にふりがなを付けるのに使ったことから、ルビという言葉ができたらしい。

はてなユーザーのみコメントできます。はてなへログインもしくは新規登録をおこなってください。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sarasate/20070302