小林一茶風日記

2004 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |

2007-04-17

前頭葉は脳の社長さん? 意思決定とホムンクルス問題』

坂井克之 著

講談社ブルーバックス

ISBN978-4-06-257546-1

前頭前野の機能や意思との関係について書かれた本。

基本的に、一般向けの脳科学の本、と考えて間違いないが、常識をひっくり返すような派手な空中戦を演じたものではなく、地道に研究結果等を報告した本。

地に足のついた、結構良い本ではないだろうか。

所々で内容をまとめてあるので、分かりやすくもあるだろう(しかし論文の書き方とかだと、大抵は、章毎節毎に内容を簡潔にまとめたものを書け、となっていると思うのだが、一般向けの本ではその原則が多くの場合守られないのは、何故だろう。著者の主観的には、既に簡潔にまとめたものが本文、だからなのだろうか)

他に良い点としては、内容とは余り関係のないくだらないギャグがあって、個人的には読み物として読みやすいと思ったが、ただ見方を変えれば、ただのオヤジギャグかもしれない。

全体的には、良い本だと私は思う。興味があるならば、購読しても良いだろう。

以下メモ

・外側前頭前野は作業記憶の保持、底部前頭前野は報酬情報の処理、内側前頭前野は葛藤の調整や、心の理論等の社会的な感情に関係している、と考えられている。

・これらの機能は、その領域がどこからの入力を受け、どこに出力をしているか、ということに多く依存している。外側前頭前野でも、空間情報を処理する頭頂葉と接続している背外側(はいがいそく)前頭前野は、ものがどこにあるかを短期間記憶する時に活動し、物体情報を処理する側頭葉と接続している腹外側前頭前野には、図形や顔を覚えている時に活動する神経がある。底部前頭前野は、味覚や嗅覚を司る感覚領域や扁桃体から入力を受け、底部前頭前野や内側前頭前野が出力する帯状回運動野は、細かな運動制御は行わず、「いけ」とか「やめとけ」とかの簡単な信号を出すらしい。

・意思決定を行う時、神経は、感覚領域→前頭前野→運動領域の順に活動するのではなく、それぞれの活動が同時平行的に増大していく。決定は、特定の領域、特定の神経で起こるのではなく、多くの領域にまたがった複数の神経で同時平行的に起こるらしい。

はてなユーザーのみコメントできます。はてなへログインもしくは新規登録をおこなってください。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sarasate/20070417