小林一茶風日記

2004 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |

2007-04-24

『通信隊戦記 最前線の指揮統帥の道を造る』

久保村正治 著

光人社NF文庫

ISBN978-4-7698-2527-2

通信部隊の下級将校だった人が書いた従軍記。

全体的には、別に普通の、ありそうな戦記だが、とりわけ前半部分に所属部隊の編成等の細かい記述が多くて、若干読み難いような気がした。

それ以外は、特に悪いこともない普通の戦記で、ただの歩兵ではなく通信将校、というところにそれなりのユニークさはあるだろうが、格別に面白い、という程でもないので、読み難いことを加味すれば、無理に薦める程ではない、という感じか。

後は、それでも読みたいのならば読んでみても、というところだろう。

以下メモ

・日中間の戦闘では、食事時間中に暗黙の休戦があった。

・慰安所の利用は、休日外出の時しか利用できない兵隊は昼、営門を自由に通れる将校は夜、という時間分けが不文律としてあった。

・徴発の受領証を、中国人に書いてもらって、偽造した。

はてなユーザーのみコメントできます。はてなへログインもしくは新規登録をおこなってください。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sarasate/20070424