小林一茶風日記

2004 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |

2007-06-26

相対論がもたらした時空の奇妙な幾何学 アインシュタインと膨張する宇宙

ミール・D・アクゼル 著 林一 訳

ハヤカワ文庫NF

ISBN978-4-15-050321-5

アインシュタインの宇宙定数に関して書かれた読み物。

主として、アインシュタインが一般相対性理論確立し、そこに宇宙定数を付け加えるまでの話と、現代の宇宙論において宇宙定数が持つ意義等が書かれたもので、特にこれといった内容はないと思うが、読み物としては別にそれなりの科学読み物、という本か。

特別ではないが、科学読み物の好きな人がついでで手に取るくらいならば、こんなものではあるかもしれない。

相対性理論リーマン幾何学について解説しているのでもないし、かといって、これというテーマがあるのでもないし、私には本書の眼目は余りよく分からなかった。暇潰しの読み物で良ければ、というところか。

特別な内容はないので、特に良い本だとは思わないが、興味があれば読んでみても、という本だろう。

はてなユーザーのみコメントできます。はてなへログインもしくは新規登録をおこなってください。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sarasate/20070626