小林一茶風日記

2004 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |

2007-08-17

『母の介護 102歳で看取るまで』

坪内ミキ子 著

新潮新書

ISBN978-4-10-610223-3

坪内ミキ子が実母を介護したこと等に関して書いたエッセイ

母の介護に関して書かれた、といえば書かれたものだが、選択にあたっては、母の介護について書かれた本、と考えるよりは、坪内ミキ子のエッセイ、と捉えた方が良い本か。

父母の生い立ちや、自身の若い頃の話、長い間暮らしていた同潤会アパートについての話、が、(全8章の内の)3章を占めていて、テーマ的にはやや拡散的でとりとめがないし、別段、苦労譚や人情話があるのでもなく、介護の先達としての教訓がある訳でもないので、介護に関する本が読みたいと思って手に取ると、物足りない印象が残るような気はするが、脇道にそれている3章の方が面白い、と個人的には感じたし、エッセイとしては、それなりのエッセイだろうから、坪内ミキ子のエッセイ、が読みたいのであれば、読んでみても、という本だと思う。

後は、エッセイなので、合えば、というところ。

坪内ミキ子のエッセイが読みたいのであれば、読んでみても良い本だろう。

はてなユーザーのみコメントできます。はてなへログインもしくは新規登録をおこなってください。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sarasate/20070817