Hatena::ブログ(Diary)

やねうらのにっき

2016-10-30 第五弾

[]ハワース

嵐が丘の舞台であるハワース(HAWORTH)に行ってきました。でも私嵐が丘読んだことない!(あらすじしってるくらい)(イギリス好きと言いながら最低限のところを抑えてない)
f:id:sari:20161130200408p:image



f:id:sari:20161030121957j:image:left:h250ハワースまでは公共交通機関でいけないこともないですが、ルート見てるとやっぱり車が必要ですよね……。こっち来てから大体車に乗って遊び回ってますが、こういう機会でも無ければ行かなかったであろう観光地シリーズです。そしてここまでの道のりが、最後の20分位が非常に狭い道を相当なスピード出しながらひたすら進むという無理これ帰りたいでも帰れない早く着いて!と念じながら走らなければいけない道でまた一つ経験を積みました。

ハワースでは蒸気機関車が見られるかもしれない、ということでひとまず駅に行ってみたらちょうど蒸気機関車がやってくるちょっと前だったので蒸気機関車待機。
f:id:sari:20161030142807j:image:w250 f:id:sari:20161030142738j:image:w250 f:id:sari:20161030124135j:image:w250
観光鉄道ということで、駅舎かわいいし中は趣があるしでよいものでした……こんなに近くで動いてる機関車見るのはじめてでした。

f:id:sari:20161030125207j:image:h250
街自体は小さくて可愛かったです。

f:id:sari:20161030130401j:image:h250
このドラクエ感あふれる教会!(なんでもドラクエ

f:id:sari:20161030125811j:image:w250
ねこ

ハワースではパブリック・フットパスを使ってピクニックするのが王道らしいのですが、もちろんそのあたりきちんと考えて宿を出たわけではなくてピクニックするほどの時間があるわけでもなく、街からちょっとだけ出て1.5時間位ぶらぶらしてました。
f:id:sari:20161030130619j:image:h250

f:id:sari:20161030130955j:image:w250 f:id:sari:20161030134117j:image:w250 f:id:sari:20161030134545j:image:w250 f:id:sari:20161030135157j:image:w250
ちゃんとした地図を見て歩いていたわけではないのに、黄金ルートのブロンテの滝に行ける道に入っていたんですが、往復2.5時間はちょっと無理ということで中途退散。しかし、このパブリック・フットパスというのは本当にここを通っていいのかとびっくりするくらいの場所(やぎとか羊のすぐそばとか)を通るのでいろいろとカルチャーショックでした。

f:id:sari:20161030145737j:image:w250
そして帰りはこれまた荒野!を突っ切って帰りました。

psycheNpsycheN 2016/12/04 19:48 こんにちは〜。英国滞在、たいへんそうだなあとみまもらせていただいております。無事帰国してください。(^^;
私が大学生のときに行ったときは、カーディフにある「Museum of Welsh life」が一番楽しかったです。まだあるのかな……?
https://museum.wales/stfagans/
http://www.sainet.or.jp/~omu/brit/dir/dirp6.html#dirp6
では、英国は寒そうですが、お体にお気をつけて!

sarisari 2016/12/06 05:44 コメントありがとうございます〜。
私も学生の頃にカーディフいったことあって、そこに行ったことがあるようなないような!カーディフはとてもいいところだったのでもう一回行きたいのですが、若干距離があって泊りの案件になるので、折をみて、ですねぇ。
いつまで放牧されるかわかんないんですが(私別にいなくてもいいんじゃない?ってよく思うので……)、予定では結構長くなりそうなので行けるところには行きまくってやろうと思っております(笑)。

2016-10-23 第四弾

[]リーズ

大きめの都市リーズに行きました。
f:id:sari:20161128193956p:image

大きい街だけあり、重厚な建物が多いなぁと感じましたが、もっと身近に例えると「ドラクエ序盤の、王様がいそうな一番大きな街」という雰囲気がぴったりなような気がしましたんですが、ドラクエに例えるのが身近かどうかは議論が必要です。

f:id:sari:20161023113612j:image:w250 f:id:sari:20161023115103j:image:w250

f:id:sari:20161023120348j:image:h250 
リーズのアーケード街は古いかイギリスで一番綺麗だかで有名、とありましたが確かに綺麗でした。
f:id:sari:20161023120519j:image:h250

このドラクエ序盤の立派な教会感。
f:id:sari:20161023121227j:image:w250

あと、リーズを散策中に気付いたのですが、リーズには王立の武具博物館というものがございまして。
f:id:sari:20161023131814j:image:h250
ここ、めっちゃくちゃ見応えあるんですよ。大方の王立(国立)美術館・博物館の例に漏れず入場料は無料(寄付は歓迎)というくくりなのでこれで無料でいいんですか!と思いながら徘徊してました。ここ、おすすめです。もっと早く気付いてたらもっとはやく出発してもっと長く滞在したんですが、時間があまりなかったので超高速で見てました。また時間つくってゆっくり見に行こうかと思うレベルでした。

f:id:sari:20161023132602j:image:w250 f:id:sari:20161023132358j:image:w250

f:id:sari:20161023132058j:image:w250 f:id:sari:20161023133818j:image:w250

あと、帰りはピーク・ディストリクト国立公園イギリスで一番最初の国立公園)をかすめて帰りました。
f:id:sari:20161023154733j:image:w250
荒野でした。
ちょうどこのとき「高慢と偏見とゾンビ」の話を聞いていたので、そういえば高慢と偏見の舞台って確かこの辺りよねーとかなんとか思いながら無理やり進路を変えてピーク・ディストリクトのまんなか突っ切ってる国道?か県道的な道路を「なんでこんな細い道を時速100km/hで爆走しないといけないんだ!(制限速度が60m/h(100km/h超)の場所が多くあまりのろのろ走っていると後ろの車に迷惑)と死にそうになりながら帰りました。ペーパードライバーやめて1ヶ月経ていない人間にはチャレンジャブルすぎる挑戦でした。

2016-10-15 第三弾

[]サウスポー

サウスポートという港町にいってみました。ガイドブックに掲載されているような街ではございませんので、仕事場の人に「雰囲気いいよ」と教えてもらって行ってきた次第です。

f:id:sari:20161109204858p:image

f:id:sari:20161015120112j:image:w250
市庁舎はやっぱりかっこいい。

f:id:sari:20161015132233j:image:w250 f:id:sari:20161015132558j:image:w250
海辺に(小さい)遊園地がありまして、ハロウィン前ということもあってかぼちゃにまみれていました。
そしてあとで仕事場の人に聞いたのですが、イギリスではハロウィンなど外来の文化であって(アイルランドだからねぇ)、ここ2・3年で急に大人も騒ぐようになってなぁ……と何処かの島国と同じような展開であることが判明いたしました。

f:id:sari:20161015134831j:image:w250 f:id:sari:20161015135420j:image:w250
そして、桟橋をどんどん進むとそこには……海が広がるわけでもなく、干潟でした。


このあと、サウスポートから車で1時間弱のところにあるブラックプールというところにもいったのですが、このブラックプールというところはイギリスでも有数の保養地らしくて(そして私には理解できない感じのリゾート地だった)、とても車を止められるような雰囲気ではない(というか混んでいた)のでするーっとスルーしてしまいました。

2016-10-08 第二弾

[]チェスター

ホテルの予約がうまいこと取れてなくて、土曜日に一旦チェックアウトして日曜日に戻ってこいと言われて、怒りに支配された私はその勢いでチェスターの宿を予約したのでした。
f:id:sari:20161109204824p:image
それはさておき、世界ふれあい街歩きでみた感じの街並みがすぐ目前に!と大興奮でした。
f:id:sari:20161008120752j:image:w250 f:id:sari:20161008123147j:image:w250 f:id:sari:20161008124130j:image:w250

城があるというのであれば行かねばなるまい、と思っていたんですが、見事に跡しか残っていない感。
f:id:sari:20161008132014j:image:w250

軍事博物館があるというので行かねばなるまい、思っていたんですが、結構見ごたえがありました。
f:id:sari:20161008135806j:image:w250

城壁があるというのであれば歩かねばなるまい、となんのかんのと1.5週くらいしました。城壁から見た入り口の時計もよいものでした。
f:id:sari:20161008132922j:image:h250 f:id:sari:20161008144651j:image:h250

あと、大聖堂ハヤブサファームを運営していて、城壁踏破中にファルコンファームはこっち!という表示があってふらふらと立ち寄りました。折よくハヤブサショーがあったのでついつい見に行ってしまいました。ハヤブサ賢い。
f:id:sari:20161008153329j:image:w250

そして大聖堂は豪華でした。
f:id:sari:20161008164936j:image:h250

2016-10-02 入門編

[]マンチェスター

じっくり本サイトで記事を作りたいところですが、忘れないうちに簡単に備忘録を書いていこうと思います。

仕事の都合でしばらくイギリスイングランド)に放牧されることになりました。ひとまずは年内に帰国予定ですけど。
お仕事している場所が田舎で車ないと生きていけない感じなんですが、まだ車がないのでとりあえず宿泊しているところから一番気軽(でもないけど)に行けそうな都会を目指したところ、マンチェスターとあいなりました。

f:id:sari:20161109204723p:image

f:id:sari:20161002123725j:image:h250
マンチェスター市庁舎。かっこいい。

f:id:sari:20161002133308j:image:h250 f:id:sari:20161002134402j:image:w250 f:id:sari:20161002145617j:image:w250
科学博物館に行きました。

結論:マンチェスターはあんまり観光するところがない。