いっきこんめ このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-01-21

[][]オンエアバトル オンエアバトルを含むブックマーク


自称お笑い好きというならばこれぐらい見ておこう。ということで今週からちゃんと見るようにしようと思います。忘れるんですよねえ。


イシバシハザマ 「シャバダバ劇場」ほんまに昔話、が好き。自分等の中でシャバダバがブームなんでしょうかね。441kb

磁石「注意おじさん」437kb

佐久間一行コンビニダイジェスト」433Kb

超新塾「ヒーローになりたい」377Kb

ハレルヤ「プライベート会議」397Kb

オフ 号泣、田中上坂名刀長塚飛石連休エレファントジョンソン。

田中上坂はダントツにダメやったんですが、一見さんが多い所ではキツイかなあ。慣れたらおもろいねんけどね。

塚原アナはもうあの帽子被ったりしてくれないんでしょうか(笑)。

[]ナイナイサイズ ナイナイサイズを含むブックマーク


Guest:小林聡美さん、僕は昔、結婚するならこの人かYOUみたいな人がええなあ、なんて言ってたんですが誰にも理解されず。しかし、同調する者が現れたのが2、3年位前でしょうか、その名も堂本剛正直しんどいで言ってました(笑)。三谷さんともども、それ以来妙な親近感を覚えています(笑)。

しかし、最近になってメガネ男子が取り上げられますね。ちょっと時期が遅くないですか?ネタ不足なんでしょうかね。

[]ブラマヨが、さんまのまんまに!! ブラマヨが、さんまのまんまに!!を含むブックマーク

お〜とうとう来たか。絶対見よう。ダウンタウンDXもか、上手くチャンスを掴んで欲しいですね。

[]えんた えんたを含むブックマーク


普段はまったく見ないんですがたまたまついてました。

でも、最初がだいたひかるオリエンタルラジオの流れで、面白さ3割減のあの雰囲気の影響を全く受けない芸人さん達で非常に面白かった。

オリエンタルラジオの時に手拍子がなかったのはお客さんが芸人さんやお笑い好きの人たちの目を気にしたからでしょうか。でも、ネタは絶対ダメでも歌の所はやってもいいと思うんですけどね。邪魔にならないやろうし、一体感でるしね。舞台の雰囲気はみんなで作るものだと思いますから。あぁ、、以前base行ったときのレギュラーアウェーの雰囲気が思い出される…あるある2個くらいで引っ込んだもんなあ、なんであんな雰囲気になっちゃうのか、、だから一人でbase見に行くの恐ええんだよ。文句言いたくなるし(実際小声でこいつらイタイわぁ、とか言ってしまいました)。

[] を含むブックマーク


  • ときどきカウンターが回らなくなるのはなぜ?読んでもよくわからん。ま、いいや。

木曜日のことですが、白夜行に気を取られすぎて、久々にナイナイのオールナイトを聞き逃した!!あ〜山田君は素晴らしい。世間が流れで言い出す前にブログで言っといてやる。

しかし、いや〜完全に忘れてた。ほんと僕にとっての一週間って、ここが起点と言っても過言ではないのでしくった。依然聞き逃した時なんですが、まじ凹みするんですよねえ、僕。あ〜ほんま最悪。

  • 金曜日

金曜日はですね、買い物に行きました、服がないので。でも結局買わずじまいでした。。ここ2,3年ほんと服をまともに買ってない…こうやってみんなおっさんになって行くんでしょうか。昔からカッコよさよりも暖かさとかを優先してきましたが、これは深刻になってきましたね。

で、本題なんですが本当はついでにビーサン行こうと思ってたんですよ。せっかくやし。でも、ビビッて行けませんでした。一人で行くのなんか怖くて…ほとんど知らない芸人を目当てに、そして、わざわざビーサン来る女性達の中に入っていくことが怖くなった。。ベース行く前に以前ビビッて入れなかった小さいカレー屋に一人で入ったことで一日の勇気を使い尽くしてしまいました。上のジュンク堂ですかね?あっこで時間潰したまま開演してましたよ。でも、なんか悔しかったのでNummberと「オシムの言葉」を買いました。初ハードカバーを新品で買いましたよ。高い…何であんな高いんでしょう。今読んでる本が終わったら読もうと思います。

オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える

オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える

スキージャンプ伊藤選手の左手親指に“ち”の文字が!!(笑

それにしても今日の千佳ちゃんかわいくないですか?ちょとびっくりした。

[]最終兵器彼女1〜9話 最終兵器彼女1〜9話を含むブックマーク


ジュンク堂行った時に最終兵器彼女のこと思い出したんですが、そしたら、たまたまケーブルテレビアニメでやってたので1〜9話まで見ました。

これ、深夜のアニメでちょくちょく見てたんですが、切ねえ…これはほんま切ない…。。

あのですね、マンガ好きな方でこのマンガオタク系、萌え系、みたいな感じだと思ってる人いると思うんですけど、確かに絵もそんな感じに見えて、僕もそう思ってて最初は敬遠してたんですけど、友人が持ってて、読んでみたら全然そんな感じの内容じゃないですから!(実は漫画はあんま覚えてないんですが…)ほんと、いいマンガですよ。

簡単に言うと

戦争・彼女が兵器という設定の上で繰り広げられる恋愛・青春マンガです。戦争が絡んで来るので普通の話よりも切なくなってます。

設定にツッコまないで、恋愛主体で読むことが大切です。突っ込みいれたら切りがないし、そこに突っ込みいれてる人は読み方間違ってます(笑)、批判なんて以ての外。世界観を受け入れることが鍵です。

いや〜3時間くらいぶっ続けで見てしまった。これのせいで昨日ブログ書けなかったんですよね。久しぶりに泣きそうになった。これ、アニメのほうが切ないかなあ?舞台が北海道で主人公達がなまり使うんですけど、そのなまりによる穏やかさ、暖かさ、がより戦争の残酷さとの対比を引き起こしたためじゃないかと思います。なまりは字より音で聞いたほうがより感じますもんね。

ぜひマンガ喫茶など行った際は読む本の候補に加えてみたらどうでしょうか(家に置くのは恥ずかしいと思うので(笑))。けっこうはまる人多いと思いますよ(笑)。

あ〜なんでこんなんやってんのかと思ったら実写で映画化ですか。ん〜大丈夫か、コケないことを祈りますわ。

配役がちょい微妙かなあ。もうちょっと幼い感じの子でぽよんぽよん感が出る子はいなかったんでしょうか。ま、どっちにしろ見ねえからいいや(笑)。漫画のほうちゃんと読みます。

最終兵器彼女 (1) (ビッグコミックス)

最終兵器彼女 (1) (ビッグコミックス)

[]新宿鮫 新宿鮫気魎泙爛屮奪マーク

新宿鮫 (光文社文庫)

新宿鮫 (光文社文庫)

久々の読書の更新です(笑)。もっと読もう。新宿にいる警察官、鮫島を主人公としてそこで巻き起こる事件を書いています。最初、読む前はすごい強くてカッコいい刑事を書いていると思ってたんですよ。でも、確かに強くて、カッコいいんですけど、弱さも描いてて人間らしい刑事です。ただ強くいなければならないという事情があるんですよ、それがどう展開していくか、この本はシリーズものなのでそこが楽しみです。あ、あと読みやすい本ですよ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sarubird/20060121