遊戯王雑記

2014-12-30 不定期更新

前回、動画を上げると言ったな。あれは嘘だ。


ぶっちゃけ動画編集が面倒で、撮るだけ撮ってたまってます。

対戦している様子を垂れ流すだけの動画なら

いくらかネタはたまっているんですけどね。


動画の代わりに、最近使っているデッキを投入。

霊獣でございます。


f:id:sasa1987:20141230210711p:image



特殊召喚の有無とか、サーチ・除外対象とか、

考える要素がいろいろあっていろいろあって面白い。

精霊獣か霊獣使いだけが固まったときに動けない不便さも特徴。

なにより、レラがかわいい。

久々にそれだけでデッキ組んだな〜・・・w

何はともあれ、いろいろと楽しめて満足です。




最近はもっぱらADSでマッチ対戦挑んでます。

格上の相手に、何とか知恵を絞って勝ちにいくのは

やっぱり遊戯王の醍醐味な気がします。

基本的に私のデッキは環境トップ以外のデッキです。

トップデッキは作ってもすぐ飽きます。

(征竜、シャドールとか1週間もたなかった・・・)

下克上が好きなんでしょうか・・・?

2014-10-04 ゴーストリック

今回は、ナチュルに続く「待ち受け型」第2弾、

何か血迷った末に作り出したゴーストリックです。

まずはデッキを見ていただこう。



f:id:sasa1987:20141004160000p:image



こちらがデッキレシピになります。

まずはメインデッキから説明しよう。


レベル3・・・アドバンテージを稼ぐためのメンバー。

キョンシーはモンスター、シュタインは魔法・罠。

特にキョンシーは、単体でもレベル1をサーチできるので重要。


レベル2・・・「裏側守備表示」を作るモンスターたち。

人形は展開補助も担う、キョンシーと双璧を成す重要メンバー。

ただし効果はリバースの上エンドフェイズと遅い。

魔女は月読命と似たような運用。即効性があるが1体ずつ。

人形とは対照的な効果になってますね。

猫娘はトドメのロック効果。とりあえず1枚。決まると強い。


レベル1・・・手札誘発勢。展開補助要因。

展開力が非常に乏しいデッキなので、展開補助として重要。

ランタンは、猫娘を守ったり、駄天使を守ったりしてくれるイケメン。

こいつのおかげで、デュラハンの出番がかなり増えた。

マリーは、ダメージを受けると何でもデッキから場に出せる。

キョンシーでマリーサーチ⇔マリーでキョンシーリクルート

この動きで成り立つと言ってもいいくらい重要。

常に手札から捨てられるため、魔轟神クルスに似た雰囲気を感じる。

重要な割に扱いはぞんざいである悲しい存在。


魔法・罠は、ゴーストリックカード中心に。

その他のカードも、基本的にはテンプレとでも言えばいいのか、

サイクル・リバースと相性のいいカードや、汎用カードなど。


最近入れてみたけど、ソウル・チャージはやっぱり強いです。

マリーをガンガン捨てていくため、墓地は結構増えるし

ライフを失うデメリットも、他で受けるダメージを半減できるので

5体並べても問題ないことが多い。

バトルフェイズのスキップも、そこまで重要じゃない。

むしろ、大量展開からの連続エクシーズによって、

サーチ、サルベージを繰り返し、場を整えられるメリットの方が大きい。

などの理由から、割と活躍しています。



エクストラデッキ・・・13枚しかないけれど、気にしないで。

ぶっちゃけ適当です。


というより、ゴーストリックのエクシーズ以外使う場面が

ほとんど訪れないってことが原因ですかね。

アドバンテージを稼ぐ手段が少ないため、

サルベージ持ちのゴーストリックに駄天使を重ねて、

サーチしながら場を作らざるをえないっていう事情が。

まぁ、これだけで困ったことはないので、困ったら考えます。



最近、ADSでネット対戦するようになったので

しばらくしたら何か動画載せようと思います。

2014-09-30 ナチュルデッキレシピ


魔轟神の先攻1ターンキルを動画にしてみました。

ここまで回るのは本当にごく希です。

これを毎回できたらいいな・・・っていうのが一応の目標ですね。

ただ、引いた初手で何ができるか考えるのはすごく好きです。

パズルを組み立てていく感じで、はまると気持ちいい。

クェーサー・プレアデス・ユニコールあたりを並べて

先攻でばっちり固めた場を作るまで持って行けたら満足です。

ただ、最近は超融合ノーデンが怖い・・・

クェーサーもユニコールも無視してくるからなぁアレは。

また禁止令でも使うか・・・w


さて、今日のデッキレシピは、ぶん回し型ばっか作る自分が

何故か手を出した「待ち受け型」のナチュル。

ナチュルの森の平和を守るため、森のみんなが

(罠を駆使して)頑張るデッキです。



f:id:sasa1987:20140930011815p:image


基本動作は、

1.アントジョーを維持して展開

2.フライトフライで弱体化

3.シンクロ体やバンブーシュートで魔法・罠封じ

これらを状況に応じて選択し、戦っていきます。

最近は、ナチュルの新星樹の登場で、バンブーシュートが

手札にかんたんに持ってこれるので、シンクロなしで

戦うこともできるようになりました。

マジック・プランターでドローに変えてもサーチできるので

普通に突っ込んでもなかなか使えます。

一応、植物族がいればリクルート効果も使えるので

暴走召喚のサポートも兼ねてパンプキンを入れております。

エクストラデッキのランク4は、比較的相手が出しやすいレベル4を、

暴走召喚したフライトフライで奪ったときに処理するためのものです。

特にNo.100越えが強いです。

オナーズは言わずもがな、ジャイアントハンドは

このデッキでは無効化に手間のかかる効果モンスターを封じてくれ、

ラグナはフライトフライとの併用で、確実に破壊+ドローができる。

ランク5のヴォルカは、カタストル処理用です。

コントロールを奪い、ビーストやバンブーと重ねる・・・。

普通にスターダストをシンクロした方がいいかもね。

ビッグアイは、征竜環境で星7を奪ったときの処理の名残です。

特殊召喚はいっぱいしてくれるのでアントジョーがよく働き、

止めどころをしっかりしておけば生き残れたので・・・。

まあもういらないでしょうが。


やったことのある友人からは割とウザイと好評です。

デッキバランス(特にエクストラ)を見直せば

まだまだいい動きができそうな気がします。

こいつも魔轟神と同じく古くからのデッキで、

形をかなり変えながらここまで来ました。

どんなデッキにもまんべんなく戦えるように強化していきたいですね。

2014-09-29 遊戯王、復活

最近になって、再び遊戯王のモチベーションが上がってきました。

大会に出ているわけではないのですが、昔からの友人と

国分寺あたりで活動しています。

3DSのモンハンや大乱闘、今後発売のソフトに浮気しつつも

ちょくちょく続いています。

とりあえず、今よく使っているデッキのリストを置いときます。


ナチュル

ゼンマイ

ハーピィ

シャドール(飽きた)

魔轟神

マドルチェ

ゴーストリック

ドラグニティ

E・HERO

アーティファクト

竜星


記述の通り、シャドールはすでに飽きてます。

トップデッキみたく何か強すぎると、思考停止してしまって

あんまり夢中になれないみたいです。

少し能力に劣るデッキを何とか勝てるレベルまで

工夫していく方が燃える性格なんだね、仕方ないね。

なので昨日、新人のデュエリストにデッキ丸投げしてきました。

「とりあえずこれ使いこなせるようになっとけよ」と。

新人ちゃんがどこまで育つか期待してますよ〜!


じゃあ最後に、魔轟神のデッキレシピでも張っとこう。

こいつらも飽きずにずっと使ってますねー。

調べたら、クルスの発売が2009年4月14日だそうで、

その時から組み始めているから、なんと5年半!

まぁ、デッキの根幹が大きく変わることはなく、

初手次第、引き次第の盛大なギャンブルデッキであることは

当時から変わってはいないのですがね。

f:id:sasa1987:20140929135704p:image

ADSの画像で載せてみました。分かりづらいようなら

今後は文字による記載を併用使用しようと思います。

エクストラデッキがいっぱいいっぱいで、どうにもならんのです。

入れたいカードはまだいっぱいあるんですけどね。

例えば、ブレードガンナー、ユニコール(2枚目)、レベル6・8汎用シンクロ、

シューティングスター、ブラックローズ等々・・・

その中で厳選したのがこれです。先攻1ターンキルも狙ってます。

まぁ、滅多に決まるものではないですがね。


それでは、今回はこの辺で。

三日坊主にならないように、デッキレシピとか何かで

少しずつ更新するつもりです。

2013-03-23 DO

ank氏のご鞭撻の元、DOを始めました。

イラストがないゲームも、慣れれば扱えますね。

初陣はank氏のデッキを魔轟神をぶん回しクェーサーで撃破。

その後はナチュルと魔轟神を使って対戦しています。

fabled-Sasaの名前を使って対戦中ですので、

発見したら遊んでやってください。


時々出てくる未発売新規の初見殺しがヤバイ・・・

どこで止めたらいいのか、デッキそのものの動きが

全く分からんから困ってしまいます。

あとは、フェイズ移行とか効果の説明とか面倒ですが

その辺を除けば引きこもりながら対戦相手探せるので

なかなか重宝しております。