Hatena::ブログ(Diary)

回答こそ我が人生!! (ウソ このページをアンテナに追加 RSSフィード

日記内案内板
(日記は次のセクションからです)

 カテゴリによる記事一覧は、こちらからどうぞ。

 また、文字列による記事検索は、右側サイドバーの『日記の検索』からどうぞ。


2005-04-07

[] 「はてな公聴会第2回」参加募集開始

 「500 Internal Server Error」によると、はてな公聴会第2回の参加申し込みが始まったようです。

 議題など詳しい内容は、キーワードはてな公聴会第2回」をご覧ください。(^^)


 まず身体を治して、参加枠が残っていたらスケジュール調整しようと思いますが・・・。

 仕事を休みすぎたのでGWは返上する羽目になるかもです。東京まで出かけるのは難しそうです。(^^;

[] 公聴会の議題について(前書き)

 キーワード「はてな公聴会第2回」の議題を拝見しつつ、以下のセクションに思ったことをメモしておきます。< id:hatenadiary

[] 公聴会の議題について(人力検索)

人力検索における回答拒否機能のその後』について

  • 質問者が回答者を個別に拒否できるようになったが、その後何が起こったのか

(続く)

 この一ヶ月近く人力界隈を見に行ってませんが、回答拒否機能導入によるトラブルは起こっているのでしょうか。ちょっとだけ心配です。

 『その後何が起こったのか』も興味有りますが『その後何が起こらなくかったのか』にも関心があります。

 以前ならグダグダな口論に発展していたものが「黙ってリスト入り」で“解決”しているのなら成功ですね。“潜在化”しただけなら後が怖いのですが(^^;


(続き)

  • 今後、さらに別の機能追加は必要か

 別の機能追加の候補は、「質問時のいわし」「3回目の回答」「質問者コメントへのコメント」「URL必須解除」」「回答オープンポイントの廃止」とか。でしょうか。

 追加というより改良で良ければ、「ポイント振り分け画面の改良」が最優先だと思います。ポイント配分を熟考していたらタイムアウトで初期化されるなんてのは問題外ですよね。「平均」から「加重平均」への移行でも良いので、質問者の満足度が獲得ポイントに反映されやすい仕組みの確立が急務だと思います。

[] 公聴会の議題について(キーワード)

キーワードシステムの変更』について

(続く)

 内容スコアというのは、asinページeanページの5つ星のイメージでしょうか。

 この評価自体は有っても良いと思います。

 なんで今までなかったのか・・・。


(続き)

(続く)

 ・・・ヘルプにおいて、

キーワードの存在意義は、主に以下の2つです。

1. 同じキーワードを使っている日記を探しだすことができる(自動リンクシステム的側面)

2. キーワードについての有益な情報を得ることができる(辞書・百科事典的側面)


はてなダイアリー - はてなダイアリーのヘルプ

とされている以上、リンクスコア(自動リンクシステム的側面)と内容スコア(辞書・百科事典的側面)の両方が著しく低いキーワードは存在意義が小さいと言える・・・・・・と、半年前なら納得したのですが。

 フォトライフやブックマークでのキーワード利用まで考えると、この判断で良いのかどうか。

 現在のダイアリーキーワードには、

 3. 同じキーワードを使っているフォトライフ画像・ブックマークエントリーを探し出すことが出来る(タグ的側面)

が厳然として存在しますので、「タグ的側面」もパラメータ化する必要が有ると考えます。


 タグ的側面がパラメータ化できないなら、キーワード用のカテゴリー「タグキーワード」を作成して、自動リンクスコア:0、内容スコア:中央値、キーワード内容:非表示で固定されるようにする等の回避策を採るべきかも。

(続き)

(続く)

 これは、ユーザー別編集履歴の公開のことですよね。

 正直、粘着ストーカー問題が気になります。

 あと、hatenadiary様の履歴チェックとかして、情報削除ガイドライン違反で削除された情報を閲覧する輩が増えるであろうことも気になります。

 少なくても、情報削除ガイドライン違反と判断された情報が掲載されている編集履歴は閲覧不能にするべきだと思います。


 もっとも、私自身は、昨日の日記に書いたような統計情報(デイリー更新)の公開で事足りるのではないか、それで不足があれば、あらためて考えればよいのではないか、と思ってます。


(続き)

(続く)

 これ、ちょっと考えたんですが、ことキーワードについては「編集者」の評価は適切ではない様な気がしてきました。

 これを実装すると、高ランキングのキーワードばかりが編集されて、低ランキングのキーワードへの関与が忌避されるようになりそうで。

 キーワードはユーザーの共同成果物であることを考えれば、「編集者」を評価するという考え方自体がダメ筋だと思えてきました。


 ランキングを行うならキーワード自体のランキングの方が適切ですし、それなら今のキーワードリストの延長線上で実装すれば足りるように思います。


(続き)

(続く)

 別サービス化というか、独立サービス化のことでしょうか。

 フォトライフやブックマーク、はてな検索の強化と連携を考えると、これも一手だと思います。

 はてなを含むネット上の情報がほとんどURLで指定できることを考えれば、情報収集所としての?Bの成長可能性には大きな期待が掛かります。?Bのソーシャル部分(データ検索・解析部分)の今後を考えるとき、窓口としてのはてな検索の強化と、タグとしてのダイアリーキーワードの強化は重要なテーマとなりえます。

 ということで、私は、「はてな検索 + キーワード」の独立サービス化(情報収集(?B)・分類(キーワード)・検索・解析のサービス化)を推したいと思います。


(続き)

 これは、どうでしょう。。。

 現状では「フォトライフは使ってるけどダイアリーは未使用」というユーザーは極端に少ないと思います。そういう造りのサービスですし。

 「ブックマークは使ってるけどダイアリーは未使用」というユーザーもまだまだ少数派でしょう。


 それを踏まえたうえで『ダイアリー市民になるほどの経験は無いけどキーワードを作れるフォトライフ・ブックマークユーザー』の存在をどう位置づけるか・・・。

 難しいですね。ダイアリー側でキーワード騒動が復活するかも。

 キーワード削除システムの話に先が見えるまでは反対、かな。


 フォトライフはともかく(?)、ブックマークについてはいずれ一本立ちするでしょう。これらのサービスがダイアリーから独立して使用される場面が増えてきてから、そのときの実情に合わせて考える方が現実的だと思います。

 一言で言えば、「先送り」で良いのでは。

[] 公聴会の議題について(多重アカウント)

『多重アカウントシステム』について

  • 第2、第3のアカウントを取得可能なシステム拡張について
  • 同一人物のアカウント間での質問・回答は不可
  • 他者に、第1のアカウントと紐付けられない形でダイアリー、アンテナ等の開設、人力の回答が可能な仕組み

 ここでいう「多重アカウント」は、単純な多重IDではなく、同一人物が複数のニックネームを持てるような機能だと思われます。

 基本的には歓迎です。っていうか、直ぐにでも実装して欲しい。実装されれば(仕事とかで) ソッコーで使います。(ここまで本音)


 人は生きていく上で幾つものキャラクターを使い分けてます。

 家族・仕事・趣味仲間・学生時代の友人・ネット仲間等々。

 これらの関係を混乱させること無く はてな上で再現・構築するには複数アカウントは必須の機能だと思います。

 嘘だと思うなら、はてなスタッフ様もidを一人一つに統一して、d:id:hatenadiaryとかg:hatena:id:hatenaを封印して、d:id:jkondoとかg:hatena:id:jkondo等で運用してみることです。本人より周りが混乱して、迷惑が掛かること請け合いです(笑)

 はてなサービスの中に社会を再構築するのなら、各ユーザーの社会的立場も再構築できるようにしておかないと、あまりにも大きな参入障壁になると思います。


 気になるのは、現在も多重IDで行われているような自作自演や荒らしのような行為を抑えられるかどうかです。特に人力検索キーワード界隈が気になります。

 技術的な歯止め案については、以前「 ニックネーム機能は実現できないのか - 回答こそ我が人生!! (ウソ」に記載しました。この延長線上で、現実解が出れば良いなぁと思います。

 あと、複数アカウント使用者が行った規約違反へのペナルティの与え方も要検討です。仮に人力回答で重度の違反が有ったアカウントを回答禁止にするとき、そのユーザーの持つ全アカウントに同様の処置が出来ないとお話になりません。そもそも、いまの運営ではイエローカードレッドカードが出にくいし、規約違反に対する罰則が再発抑制に寄与していない面が歯止めをかけにくい最大要因のような。(ちょっと話がそれました)

[] 公聴会の議題について(管理システム)

はてなへの要望管理システム、工程管理システムの公開』について

  • サービス横断的な要望吸い上げシステム
  • 要望の趣旨を簡潔にまとめることができる仕組み
  • 社内のタスク管理と直結した進行管理閲覧ページ
    • はてな社内で「すぐやる」「そのうちやる」「ペンディング」といった判断をした瞬間にユーザーが閲覧できる仕組み

 これは、bugzillaをイメージすれば良いのでしょうか。

 以前から、バグトラッキングや要望トラッキングが出来るシステムが欲しいと思ってますので、ありがたいです。

 優先順位決めの参考にする為のVote機能や、「そのうちやる」「ペンディング」や「意図不明」に振り分けられた要望への追加コメント機能が有ると更にうれしいです。


 システムが完成した時点で はてなグループにも実装してもらえると、小躍りします(^^)

[] 利用規約改定

 「はてな利用規約の改定について - はてなダイアリー日記」より。

 はてな利用規約が改定されました。

 「利用規約の改定について - はてなダイアリー日記」にて、提案されていた分です。


 『故意または重大な過失があるときを除き』と書かれている部分を (わざと) 『(はてな様以外を含むすべての人の) 故意または重大な過失があるときを除き』と曲解してゴネル人が出てくることを心配していましたが、はてなダイアリー日記の2005-03-24分コメントで、hatenadiary様から『各条文の主語は「当社は」としており、条文の意味としては、「当社による故意または重大な過失があるときを除き」という意味です』とハッキリ意思表示がなされましたので、これでヨシとします(^^;

crowdeercrowdeer 2005/04/08 09:20 体調が本調子じゃないと思われるのに...ささぴょんははてなに命を捧げるのですね(涙)

フットノート(日記は前のセクションまでです)

 カテゴリによる記事一覧は、こちらからどうぞ。

 また、文字列による記事検索は、右側サイドバーの『日記の検索』からどうぞ。


はてなカウンタ→

はてなプレビュー→ 808926