Hatena::ブログ(Diary)

hatena.longfeed RSSフィード

2011-12-31

話数単位で選ぶ、2011年TVアニメ10

昨年に続いて、選んでみる。順番は概ね自分が見た順。

ハートキャッチプリキュア! 48話 「地球のため!夢のため!プリキュア最後の変身です!」(脚本:栗山緑/演出:長峯達也・広嶋秀樹/作画監督:馬越嘉彦)

「月影ゆり!私が憧れたキュアムーンライト!」つぼみがゆりと対等になった瞬間であり、本当に変わった瞬間。感情が最高に高まったのはここ。

STAR DRIVER 輝きのタクト 最終話 「僕たちのアプリボワゼ」(脚本:榎戸洋司/コンテ:村木靖・五十嵐卓哉/演出:五十嵐卓哉/作画監督:伊藤嘉之・阿部慎吾・大塚健)

10回以上観たのはこれだけかな。話としても作画アニメとしても最高だった。9nineの「Cross Over」に乗せたラストのサーカスは、音楽との組み合わせという意味で由緒正しいサーカスだが、回避を最小限にして真っ直ぐザメクに向かっているところが本来のサーカスと異なる爽快感。スタドラはOP/EDががっちり作品にかみ合っていた。

フラクタル EPISODE 11 「楽園」(脚本:岡田麿里/コンテ:山本寛・吉岡忍・牧原亮太郎/演出:山本寛/作画監督:河合拓也・浅野直之)

空気感が心地よかった1話と神戸守らしいスタイリッシュさが光ってた2話も捨てがたいが、やはり最終話で。見守るしかなかった大きな事件の後、小さなコミュニティの再生から始めるというヤマカンが選択したラストは、震災後こそ価値を持つ表現として評価されていいと思う。

魔法少女まどか☆マギカ 10話 「もう誰にも頼らない」(脚本:虚淵玄/コンテ:笹木信作/演出:八瀬祐樹/作画監督:伊藤良明・潮月一也)

とにかく、この回でやっと爆発した悠木碧と斎藤千和の素晴らしさに敬意を込めて(9話までの抑制された演技もよかったです。念のため)。作画回としてもシリーズ屈指。

テガミバチ REVERSE 23話 「アカツキにて」(脚本:赤星政尚/コンテ:西澤晋/演出:北川正人/作画監督:飯飼一幸・相坂ナオキ)

これだけ他とちょっとニュアンスの異なるチョイス。震災直後に関東圏で放送され、一部から抗議を受けた作品として記憶しておきたいので。この回はラグの母とゴーシュがよかったし、この作品の静かで美しい世界観とED2「ペルセウス」の歌詞は当時の心に沁みた。間をたっぷり取ってるので声優陣の演技が楽しめる作品だったし、韓国スタジオグロス回(19話のHanJinAnimation)が安定してたり突然すごい作画があったりしておもしろかったのに(9話の山門郁夫回とか梅津泰臣や田中宏紀らが参加した24話とか、個人的には二宮常雄さんの名前が何度も見られたのが嬉しい)、まったく話題にならない作品だったなあ…。

スイートプリキュア♪ 23話 「ザザ〜ン!涙は世界で一番ちいさな海ニャ!」(脚本:米村正二/演出:田中裕太/作画監督:高橋晃)

騙されても騙されても友を信じるハミィの愚直さがセイレーンを動かす。たぶんスイートプリキュアの骨格になるものだと思う。調べの館(たぶん)のオブジェ風の壁面を平面構成風に扱い、カメラをどんどん移動していくシークエンスは今年いちばんどきどきした。田中裕太回はどれも面白い。

猫神やおよろず 4話 「思い出ハレーションサマー」(脚本:待田堂子/コンテ・演出:玉川真人/作画監督:森島範子)

気楽に見始めたら重量級の作品だったという。「忘れられた物と記憶を守護する猫神」が主役なんだからセンチメンタリズムに横溢したものになるのは当然なわけで。ED「Oh My God♥」の歌詞「優しい記憶」の話だった。この回は戸松遥+堀江由衣+高垣彩陽が三者三様で素晴らしかったし、森島作監でキャラの表情も魅力的。キャラクターデザイン・総作監の渡辺敦子さんから芦田豊雄さんを、美術を担当したメカマンから中村光毅さんを思い浮かべて余計に感傷的になる作品でもあった。

アイドルマスター 4話 「自分を変えるということ」(脚本:待田堂子/コンテ:鶴巻和哉/演出:高島大輔/作画監督:荒尾英幸)

現時点で22話まで視聴。20話や21話もよかったけれど、アニマスは1話から6話あたりの序盤が神がかっていると思う。3話で雪歩に真っ直ぐ近づいて距離を縮められた赤羽根Pが、千早には近づこうとしてもできなかったのが4話という対比。アイドルマニアで心の壁を描いた作品と10年以上つきあってる鶴巻和哉にこの回を振った錦織監督GJと言わざるを得ない。そういえばOP1の千早の表情と本編の表情にギャップを感じたのもこのあたりだった。

輪るピングドラム 20TH STATION 「選んでくれてありがとう」(脚本:幾原邦彦・伊神貴世/コンテ・演出:林明美/作画監督:林明美・桑名郁朗・楠本祐子)

ピングドラムは、大人の所有物でも代弁者でもない「子ども」を描いた作品だと感じた。幼いころの晶馬と陽毬を魅力的に描写したこの回を。

ジュエルペット てぃんくる☆ 52話 「3つの願いにドッキ☆ドキ!」(脚本:島田満/コンテ:宮崎なぎさ/演出:山本天志/作画監督:伊部由起子・宮川知子)

黙って52話ぜんぶ観てください。


他にもたくさんあって、今年は10に絞るのがたいへんだったがこんな感じで。

はてなユーザーのみコメントできます。はてなへログインもしくは新規登録をおこなってください。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sasahira/20111231/1325336429