るりとうわた このページをアンテナに追加 RSSフィード

2018-09-23

お彼岸

お彼岸を含むブックマーク お彼岸のブックマークコメント

f:id:sasameyuki47:20180923162639j:image:w360

今年ももう早やお彼岸ですね。

近所のお母さんではありませんが、お姉さんかしら、おはぎを頂き、もうお彼岸なんだと実感しました。

暑さ寒さもも彼岸まで、という言葉がありますが、なんとなく、そのような雰囲気でしょうか。

甘さ控えめ、絶品のおはぎを頂きました。

そう言えば、昨日のことですが、近々の大阪行の座席指定を取りに、小田原へ行き、その足でショッピング新宿へ行ってしまおうと思いました。

小田急線の端から端までです。

まあ端は箱根ですが、通勤圏の端と言えば小田原でしょうか。

チケットを取って、ホームに行くとと、10分後にロマンスカーが来るではありませんか、娘や夫ほど、私は贅沢をしないので、ロマンスカーには通常は乗りません。

でもふっとこの日は、端から端だし、ちょうど待ち時間もなく乗れるので、ロマンスカー切符を買いました。

f:id:sasameyuki47:20180919093403j:image:w360

まだ庭に咲いている夏の花の朝顔です。

そのロマンスカーは今年の新車で、赤い色の、でも朱赤色の見た目はちょっと臭い感じの車両でした。

でも中はさすが新車で、窓も社内も広く感じられる車両でした。

窓側の席に座り、眺めも快適です。

その車窓を眺めていたら、畑のあちこちに、彼岸花が咲き乱れていて、上手くしたもので、このお彼岸の頃をちゃんと知っていて、外すことなく毎年この時期に咲きますよね。

感心した光景です。

で、何故新宿へ行くかと言うと、小田急デパートです。町田にもあり普段はこちらの方が近いので利用していますが、やはり新宿の方が大きいので、選ぶときには、新宿へ出ます。

積み立てをしているので、そのカードが使えるので、現金が要らないから、小田急デパートへ行きます。(笑)

f:id:sasameyuki47:20180919091209j:image:w360

新幹線チケットは、大抵JRのある窓口で取りますが、娘のようにスマホでとれないので、先日は、同期会の仲間から電話がかかり、今年の旅行会の長崎行きを新幹線でなく、皆が集合する神戸から長崎まで、往復飛行機にしようという案になり、そのチケット取りを、私がすると白羽の矢が立ったようです。

それはネットを一番しているから?というようなことです。

そう言えば、宿はなんとか検索で、ここ2年続けて取りましたが、飛行機は、富山帰省も以前はそうでしたが、ここ北陸新幹線が出来てからは、新幹線が便利で、JR一辺倒になりました。

ジパングの会員になったのが大きいです。

そんな中、飛行機チケット取りに参戦して、二つの飛行機チケット専門サイト比較しながら、安いチケットを取ると、行き6000円、帰り7200円で、取れましたが、手数料が付くので、行き8100円帰り9600円で、合計17800でした。

それも、最初は、帰りの時間帯が、4席しか散れず、遅い時間に二人を分けて取ろうとしたら、移動が出て、あと2席も上手く同じ時間でとることが出来ました

つのチケットサイトを見比べてチャレンジしたのですが、どちらも同じ額で、同じ席数の残りだったので、間違いがないと確信しました。

画面に現在このページを24人が見ています。と出るのですから、気が急かされます。

これで、このお支払いをしなければ、これは流れてキャンセルになり、また席が復活するということです。

翌日、支払いを手数料のいらない銀行振り込みにしたので、行く直前に、数分間に席数が変化したので、今朝になってキャンセル分があったかも?と、また念のためと席数を検索すると、行きたい時間の席が7席残っているではありませんか??

昨日は、4席しかなく、名前を打ち込んでいる間に、6席取れることになりましたが。

そのを6席を押さえたのに、今朝7席空いているとは!!

そうすると、往復チケットが散れるはずです、それを検索していると、神戸長崎往復、オンライン限定商品、13800円と言うのが目に入りました。

これは格安です!、通常は14000円ですから、往復2万8000円ですから、17800円でも十分安いのです。

それに6席で応募することにしました。

年齢を書くところがあるのですが、仲間内で誰が誕生日を過ぎたか、わかりません。

確認を取っているうちに、何席か取られたら、もう不可能になるので、右にならへで、全員自分と同じ年齢にしました。

もし聞かれたら、誕生日が来たのを忘れていた?とでも(ボケ)言ってもらって・・・、やりすごしてもらうしかありません。

「ただ今検討してみます。」と言う返事(メール)でした。

30分以上待ちましたが、長い時間に感じました。

ようやくOKの返事が来て、行きと帰りで、同じ席の横並びにしました。と席番と返事が来ました。

ラッキーでした。

13800円なら、片道切符よりお安いですから、即決定で、カードで支払い済みとなりました。

飛行機の値段って、あってないようなものなんですね。新幹線では考えられません。

f:id:sasameyuki47:20180919092643j:image:w360

夫が、そんな値段で取れた??それ、騙されてんじゃないか詐欺に遭ってるんじゃないか

友人は、最安値で、来るのでも最低1万は掛かると言うので、それは長崎富山からでしょう。

長崎神戸の方が近いからと言うのに、そんなに変わらない。チケット散れたと思って、騙されたんじゃないか?と五月蠅く言います。(笑)

もう席番まで決まっていると言うのに・・・、

ちなみに新幹線大阪小田原往復で17520円ジパング会員料金です。

下の写真は、このところの秋雨で、きのこが生えていました。

その上は、今が盛りの玉すだれです。

小田急デパートの催しもの会場で、北海道物産展をしていたので、おこわ3種と、唐揚げを夕飯用に買って、帰りは急行に乗って帰りました。

2018-09-14

秋近し

秋近しを含むブックマーク 秋近しのブックマークコメント

f:id:sasameyuki47:20180914142924j:image:w360

関東では秋雨前線の影響でしょうか、めっきり涼しくなってきました。

このまま、逆戻りすることなく秋に進むといいのですが・・・

庭の花がいつの間にか、すっかり秋仕様になつてきました。

上の写真は、紫式部ですが、実もたわわに実り、収穫の秋を感じさせてくれます。

そういう時期ですが、近畿台風北海道地震で、その収穫どころではなくなったところがあります。

北海道地震では、知られていた断層ではなく、もっと深いところにある未知の断層が動いたそうです。

そうなると、地震予知など、日本全国無理という話です。

どこでもいつでも、日本全国地震は起こりうるということになります。

そして北海道全島での停電ブラックアウトがありました。

f:id:sasameyuki47:20180914142951j:image

その前日に、毎日新聞の、科学の森というところに、「見えてきた原発事故デブリ」という、廃炉に向けた現状を取り上げた記事がありました。

福島第一では格納器の底のコンクリートも溶かしながら固まったと見られ、状況はより複雑と推測されている」「各号機で燃料の冷却時間も違い、一様ではない、取り出しは多様な工具の開発が必要だ」と指摘する。政府東電は51年までに廃炉完了させる計画だが、懐疑的見方も強い、「いたずらに取り出しを急ぐべきではない」「デブリを全て取り出すのは技術的に困難で、現実的ではない。現時点で何ができ何ができないのか。政府東電には国民説明する必要がある」と東京都市大高木直行教授は指摘する。」と書かれていました。

福島原発事故はこんな困難な状態にあること。

f:id:sasameyuki47:20180914143011j:image:w360

泊原発が稼働していれば、ブラックアウトにならずに済んだという意見は上がるでしょうが、その前に、地震は全国どこでも起こると証明されてしまったわけで、さらに再稼働は危険ということを証明されたも同然だと思います。

2051年になっても、福島原発事故解決されない事実があり、どれだけ未来の子供たちに負担を背負わせるのか?と、恐ろしくなります。

自然と上手に付き合って、人的災害だけは避けなければ、もっと大きな自然のしっぺ返しに合うように思います。

秋の訪れを知らせる秋明菊の白と赤色も咲き出しました。

iireiiirei 2018/09/14 20:00 最初の写真、「ムラサキシキブ」。クマツヅラ科の植物で、秋に
ムラサキ色に成る実は、かすかな甘さがあり、食べられますよ。

sasameyuki47sasameyuki47 2018/09/16 09:57 iireiさん コメントをありがとうございます。
ムラサキシキブの実は 食べられるのですね、私は種として、庭にばら撒いているので、あちこちに出ています。

2018-09-05

長月

長月を含むブックマーク 長月のブックマークコメント

f:id:sasameyuki47:20180905193706j:image:w360

9月になりましたね!

本当に今年も早いです、あと今年も4か月と思うと、何かと焦ります。

また台風が来て、強風だったので、被害の大きさに驚きました。

台風そのものの大きさは、風の強さで表すということなので、瞬間最大風速が観測史上最大の58、1メートルを記録したということです。

関空ではタンカーが流され、連絡橋に衝突している姿が映し出されていました。

生活破壊されますよね、年金暮らしをしていると、ペンキの塗り替え、白アリ予防や、お風呂の修理や、電気製品故障等々、頭の痛いことが一杯です。

その上に、台風屋根の瓦が一枚、飛んでも、即修理が必要な訳ですから被害に遭われた方は大変だと思います。

お見舞い申し上げます。

そしてまた気温があがりました。

9月に入り、1か月夏休みにしていたラジオ体操をまたはじめました。

1回目は5人で、2回目は9人で、とまだ暑いなかですが、「元気だった〜」と顔を合わせて、お天気談義からはじまります。(笑)

f:id:sasameyuki47:20180905195902j:image:w360

写真薔薇ですが、土曜日に夫と久々にポールウォーキング公園へ出かけました。

その後の薔薇もどうなったか?気になりつつ歩いていくと、まだ咲いていました。

確かに花は小さくなりましたが、剪定が入った後もなく、そのまま咲き続けています。

f:id:sasameyuki47:20180905195825j:image:w360

最初に咲きだしたのは、4月でしたから、もう9月ということで数えたら、6か月も咲き続けています。

冬に友人たちと、枯れ木状態で植えてある薔薇の間隔が余りに密で、これは植木屋剪定を繰り返す魂胆かも?と言う人があり、皆で確かにそうだわと大いに同意したものでした。

それが、どうなのか?今年は気になって、ウォーキングを兼ねて、見に来ています。

花柄取りをしたりと手入れはあるのでしょうが剪定はされていません。

f:id:sasameyuki47:20180905195948j:image:w360

それでこんなに長く楽しめるなんて凄いですよね。薔薇って!

やはり、花は豪華版ですし、小さくなっても素敵です。

その花の中でも一番好きな花は、この赤色アンダルシアかな?

花びらのゴージャスな薔薇優雅ですが、私は意外と花びらの数の少ないシンプルだけど優雅という花の方が好きです。

f:id:sasameyuki47:20180905192525j:image:w200

この赤色は、スペインアンダルシアを思い出します。

シチリア島南イタリア旅行記も順調で、7日目、まだこれはUPしていないので6日目まで出来ています。

完成させると、後が寂しいので、引っ張っています。(笑)

でも、秋には踊りの会の発表会もあるし、腰痛問題もあるし、早く切り替えたい気もしますしね・・・

やはり時間に追いかけられてしまっています。

もう台風は、今年はこれくらいでおしまいにしましょう。(と、自然に呼びかける)

iireiiirei 2018/09/05 21:45 私は、薔薇なら、純白の花が好きですね。むかしイギリスの「薔薇戦争」では、対立関係にある
2つの家が赤薔薇、白薔薇を旗印に戦ったらしいですね。まあ、狭い国の覇権を争ったものなの
でしょうが、ヴイジュアル的には美しいですね。

sasameyuki47sasameyuki47 2018/09/08 07:28 iireiさん コメントをありがとうございます。
薔薇の純白は濃度が濃いと言いますか、素敵ですよね。私は赤が好きですが、
仰る[薔薇戦争]は確かに、権力闘争でも、印象が優雅に見えますね、宝塚の歌劇みたいです。
やはり、即薔薇の花が浮かぶからでしょうね、面白いです。

2018-08-28

8月に台風9個発生!

8月に台風9個発生!を含むブックマーク 8月に台風9個発生!のブックマークコメント

f:id:sasameyuki47:20180829001038j:image:w360

夫の友人から送られてきた、富山呉羽幸水です。

今年は早いそうです。

富山県のほぼ中央南北に貫く呉羽丘陵では、残暑が厳しい8月中旬から梨の収穫がはじまり、秋がそこまで近づいていることを知らせます。呉羽地区の約137haで栽培され、2, 000t近く出荷される梨は(平成29年実績)、大型選果場で選り分けられ、「呉羽梨」というブランドで一元出荷されます。品種は主に3種類。8月中旬から9月上旬にかけて収穫される「幸水(こうすい)」は、酸味が少ない爽やかな味わいがあり、果汁が多く歯触りがよいのが特徴です。大きさは300〜350g程度で、全体の約7割を占めます。つづいて9月下旬まで収穫されるのが、ほどよい酸味がある「豊水(ほうすい)」。10月以降に収穫されるのは、さらに大きい400〜500g程度の実をつける「新高(にいたか)」です。

とても瑞々しくて美味しいです。

一つがずっしりと重いですから、果汁にあふれています。ただ果糖には注意です。

味覚は秋、そして8月台風が9個も発生とは、まさに秋ですよね。

でも秋は来ません、台風の後に来るのは、真夏日です。

湿度が高くて、気温が高いから、もう熱波襲来です。

毎日暑くて参ります。

f:id:sasameyuki47:20180825064613j:image:w360

そして上の写真が、コスモスの花です。間違いありません、ちょっと変わって見えますが・・・

一度咲いて終わったのですが、また咲きはじめました。

先日の友人5人の集会のときに、ふと一人の方が、「旅行記、いつも楽しみにしているから、刺激を受けている」という話が出ました。

それで、ようやく思い出しました、昨年行ったシチリア島南イタリアの旅日記がまだできていないことを〜

去年の6月に行ったので、1年以上経ちました。

そういう回ももちろんありましたが、次の旅行の日程までには、出来ていました。

今年は、昨年の秋からなった第5腰椎すべり症で、23キロかのトランクは持てない、海外飛行場では急遽搭乗口が変更になることも多く、大急ぎで、移動することもしばしばあるのですが、それが厳しいということで、今回はひとまず取りやめにしました。

とにかく集団行動ですから自分事情を優先には出来ないので、様子見?とは現場では出来ないので、取りやめました。

回復したら、また行く予定です、回復の見込みは未定ですが(悲しい)。

ということで、次は今のところないので、いつまでも旅行記が出来ないかも知れないと、お一人でも見て下さる方がいるのならと、奮起して、資料を出してやり始めました。

http://litstar5.fc2web.com/italy0/itaria0.htmlシチリア島南イタリア紀行

こちらの4日目までできました。

またお暇な折には、覗いてみてください。

写真1枚をアップするのにサイズや飾りなしや、色々指定するので、一枚に着き20クリック位します。

それで肩懲り懲りです。(笑)

暑さに負けず、頑張っています。(自分発破をかける!)

早く涼しくなってもらいたいものですね。

iireiiirei 2018/08/29 10:22 梨というと、小学校の国語の教科書に載っていた「山梨」と言う宮澤賢治の短篇小説(ないし詩)を思い出します。渓流でカニの親子が会話していて、梨の実が川に落ちて流されずにいて、この実が発酵して美味しい酒が出来るよ、と父のカニが言うお話でした。ご存知でしたか?

sasameyuki47sasameyuki47 2018/08/29 17:18 iireiさん コメントをありがとうございます。
カニのお話は知りませんでした。
宮沢賢治らしい、優しいカニ目線の話です。
iireiさんの小校時代には教科書に載っていたのですね。
娘たちの二は、載っていなかったと思います。宮沢賢治さんの別の話しでした。セロ弾きのゴーシュだったと思います。

2018-08-19

暑さ小休止

暑さ小休止を含むブックマーク 暑さ小休止のブックマークコメント

f:id:sasameyuki47:20180819141729j:image:w240

これは玄関を開けた正面に置いてあるパキラで、今年の5月から我が家に仲間入りです。

我が家観葉植物ポトスと白い花の咲くスパテイフィラムだけだったのですが、この冬に2つあるうちの大きい方のスパテイフィラムが枯れてしまい、場所が空いていたので、結婚祝いの内祝いの冊子で注文したのがこのパイキラでした。

我が家へ来てから、5cmほど伸び、葉が元気よく茂りました。

予想外に成長が早いので、我が家に適合したのはいいのですが、あまり大きくならないでほしいなぁと思っています。

f:id:sasameyuki47:20180819132704j:image:w360

やっぱり夏のウォーキングは駄目ですね、涼しくなるまで待つようで、相変わらずの3日坊主と同じです。

ポールを持つなら、日傘を持って、帽子もかぶって歩いていますから、ポールウォーキングどころではありません。

ガレージ横に、黄ばなコスモスの花が咲いています。

チラシを配っていた女性が、門のところで「この花コスモスですよね?」と突然聞かれたので、私は「違いますよ、コスモスではない」と答えて、彼女は「今までコスモスと思っていた」と去りました。

別れてから、「キバナコスモス」と名前が出てきました。(笑)

この珍問答は、合っていたのか間違っていたのか?

でも、コスモスではないですものね、名前は近いけど、オオハルシャギクで、秋桜と言うものと、キバナコスモスは別物ですから

f:id:sasameyuki47:20180819132728j:image:w360

この間も友人たちと5人で話をしていて、演出家のション・ケアードの話になり、私が「ハムレット」を観劇したと言ったので、「誰がハムレット役?」と聞かれ、名前が出て来ない、ここからクイズがはじまりました・・・

宝塚出の方と、『エリザベート』で共演して結婚して、お子さんが出来、でも離婚した人」

「あっ、分かった!、でも名前が出て来ない、テレビにも出ている人よね。」

私「そう、出ていた。」

「わかった!そのドラマって最近よね」私「そうついこの間、二宮君と出ていた」

何となく、分かったかも〜」「どんな役?」私「上司上司よ」「わかる、わかる、でも名前が?」私「日曜劇場ブラックペアンで」

ここまで出ても、名前が出て来ない。

で、話題が変わって別の話をしていたら、一人の人が、突然「うちの!」と、(笑)

皆で、そうその「内野さん」「内野 聖陽さん」と連想ゲームの終了です。

スマホを持っているのだから検索すればよかった、ちなみに奥さんの名前はこの集りの時には出て来ず、帰宅してから、「あっ、一路真輝さん」と後の祭りでした。(笑)

どうしてこんなに名前が出て来ないのでしょうか?花の名前まで・・・

iireiiirei 2018/08/19 22:13 聞いたお話ですが、パキラ、原産地では実をつけるそうです。たしか
食べられるとか・・・

sasameyuki47sasameyuki47 2018/08/22 09:40 iirei さん、コメントをありがとうございます。
継ぎ木されたものは駄目だそうですが、実生根と言うのは、花が咲くそうです。
その後に実がなるそうです。食べられるのですね。
花そのものが珍しいですよね、見てみたいです。