Hatena::ブログ(Diary)

四角革命前夜

2010年09月19日(日)

RVMでRubyのインストール

環境:UbuntuNetbookRemix 10.04

$ sudo apt-get install libopenssl-ruby1.8 libopenssl-ruby1.9.1
$ sudo apt-get install libreadline5-dev libssl-dev    # 依存によりzlib1g-devやlibncurses5-devなどもインストールされる
$ sudo apt-get install build-essential git-core curl  # パッケージ足りないかも?

$ bash < <( curl http://rvm.beginrescueend.com/releases/rvm-install-head )

$ cat <<'EOB' >> ~/.bashrc
RVM_BIN=${HOME}/.rvm/scripts/rvm
if [ -s ${RVM_BIN} ]; then
  source ${RVM_BIN}
fi
EOB

$ source ~/.bashrc

$ rvm package install readline
$ rvm package install openssl
$ rvm package install zlib

$ rvm install 1.8.7 -C --with-readline-dir=${HOME}/.rvm/usr --with-openssl-dir=${HOME}/.rvm/usr --with-zlib-dir=${HOME}/.rvm/usr
$ rvm install 1.9.1 -C --with-readline-dir=${HOME}/.rvm/usr --with-openssl-dir=${HOME}/.rvm/usr --with-zlib-dir=${HOME}/.rvm/usr

$ rvm --default 1.8.7

$ irb
require 'zlib'
=> true
require 'openssl'
=> true
# 上下キーで履歴が表示されればreadlineもOK...なはず

2010年09月05日(日)

node.jsのインストール

環境:Ubuntu Server LTS 10.04 32bit on VMware Player 3.1.1 (簡易インストール)


ログイン後すぐにopenssh-serverをインストールする。以降はsshで接続する。

$ sudo aptitude install openssh-server

pacoとnode.jsをダウンロードしてくる。

$ wget http://downloads.sourceforge.net/project/paco/paco/2.0.9/paco-2.0.9.tar.bz2?r=http%3A%2F%2Fsourceforge.net%2Fdownloads%2Fpaco%2Fpaco%2F2.0.9%2F&ts=1283620266&use_mirror=jaist
$ wget http://nodejs.org/dist/node-v0.2.0.tar.gz

aptのリポジトリがus.archive.ubuntu.comになっているのでjp.archive.ubuntu.comにする。

$ sudo vi /etc/apt/sources.list
:%s/us.archive/jp.archive/g
:wq
$ sudo aptitude update

build-essentialをインストールする。

$ sudo aptitude install build-essential

先にpacoのインストール。アーカイブを展開、gpacoなしでインストールする。

$ tar xvfj paco-2.0.9.tar.bz2
$ cd paco-2.0.9/
$ ./configure --disable-gpaco
$ make
$ sudo make install
$ sudo make logme

node.jsをSSLが使える状態でnode.jsをコンパイルするためlibssl-devとpkg-configをインストールする。

$ sudo aptitude install libssl-dev pkg-config

node.jsのインストール。

$ tar xvfz node-v0.2.0.tar.gz
$ cd node-v0.2.0/
$ ./configure
$ make
$ make test
$ sudo paco -D make install

node.jsの起動(example.jsは公式サイトより引用)

$ cat > example.js <<EOB
> var http = require('http');
> http.createServer(function (req, res) {
>   res.writeHead(200, {'Content-Type': 'text/plain'});
>   res.end('Hello World\n');
> }).listen(8124, "127.0.0.1");
> console.log('Server running at http://127.0.0.1:8124/');
EOB

$ node example.js

他の端末、もしくはscreenからw3mを使ってページの確認をする。

$ w3m http://localhost:8124/

Hello World

https? SSL? しらんがな(´・ω・`)


参考:

Moved Permanently

302 Moved