Hatena::ブログ(Diary)

日々是好日

2018-05-19

今や毎日がエイプリル・フール

日本大学アメフト部の内田監督がやっと関西学院大学に謝罪に
行ったようだね。

遅かったんじゃないかなと思うのと同時に、謝罪に行くのに
ピンクのネクタイってどうなの?と些末な点が気になった。

そして、会邸側の学校名まで間違えてたな。「かんさいがくいん
だいがく」じゃなくて、「かんせいがくいんだいがく」ですよ。

『ウソの歴史博物館』(アレックス・バーザ 文春文庫)読了。

「熊本の動物園からライオンが逃げた」

熊本地震の際に街中にライオンが佇む写真と共に、短文投稿サイト
に掲載された投稿は一緒に拡散した。

悪ふざけだったのだろうが、投稿者は偽計業務妨害の疑いで逮捕
(後、不起訴)された。

注目されたい。人の反応を見て面白がりたい。一儲けしたい等々。
ウソやデマをまき散らす人の動機は様々。中世から2000年代前半
までの、人騒がせなウソを集めたのが本書だ。

まぁ、あるわあるわ。歴史的ウソの集大成だ。

日本ではほとんど定着していないが、欧米のエイプリル・フールは
大手メディアでさえ社をあげて盛大なウソを吐く。

「今年はスイスでスパゲッティが豊作です」と言って、スパゲッティ
を収穫している映像を流すBBC。なんで木にスパゲッティがなってる
んだよ〜。

欧米流のユーモアなのだろうが、4月1日と分かっていても騙される
人が多いのにもびっくりだ。

ウェルズ『宇宙戦争』のラジオ・ドラマを途中から聴いた人たちが
「異星人が地球に攻め込んで来たっ!」とパニックを起こした事例
は有名だが、実際にパニックに陥った人は少なかったようだ。

後になったら笑えるウソならいいが、ピュリツァー賞返上までになった
ワシントン・ポスト紙の記事「ジミーの世界」などは笑えない。記事で
照会されたヘロイン中毒の少年ジミーは、何から何まで取材したと言う
女性記者の捏造だったのだものな。

日本の事例で取り上げられているのは、考古学に多大な影響を及ぼした
遺物発掘ねつ造の「神の手」の人。やったご本人が精神的な不具合を
抱えているようなので、発掘予定にしていた偽の遺物をどこに埋めた
のかも解明されてないのではなかったか。

長い間に様々な論争があったネス湖のネッシー、偽書として名高い
『ヒトラーの日記』『シオン賢者の議定書』なども取り上げられて
おり、通読せずとも掲載されているいくつかの事例を拾い読みする
だけでも面白い。

インターネットの登場と発展によって、ウソの拡散と浸透はスピード
を増した。熊本地震の際の脱走ライオンほどではないが、日々、ウソが
増産されているように感じる。

伝達手法が発達すればするほど、ウソを見抜く力が必要になって来る
のだろうな。折れた煙草の吸殻でウソを見破れた時代もあったのに。

さて、こうやって戯言を書き殴っている私も実は偽の存在だったり
して…ね。

2018-05-17

頭と体をフルに使ってます

訃報が続くな。今度は西城秀樹だ。63歳はまだまだ若いだろう。

郷ひろみ・野口五郎との「新御三家」の時代はちょうど私くらいの
世代なんだよな。私はジュリー一筋だったが。

訃報を伝えるテレビニュースでドラマ「寺内貫太郎一家」のシーンが
流れていた。当時はまだ「悠木千帆」と名乗っていた樹木希林との
やり取りのシーンは、今見ても名場面だった。

ご冥福を祈る。合掌。

不肖・宮嶋&忍者・大倉 一撮入魂』(宮嶋茂樹+大倉乾吾 文春
文庫PLUS)読了。

オウム真理教の元教祖・麻原彰晃の、小菅港所内での姿を捉えた写真
は衝撃的だった。

頭巾をかぶせられ、車椅子で移動している場面を掲載したのは「週刊
文春」。撮影したのは著作も多いカメラマン・宮嶋茂樹。

この小菅拘置所での麻原彰晃の写真のほか、写真週刊誌などに掲載
された数々のスクープ写真撮影の裏話を、相棒にしてライバルでも
あるカメラマン・大倉乾吾との会話形式で綴っているのが本書だ。

「その一瞬」を抑える為の膨大な待ち時間、いかに他のカメラマンと
違うショットを撮るかのアイデア。まぁ、無茶苦茶である。

東海村のJCO臨界事故の時に、誰が「高所作業車から撮影じゃ」なん
て考え付くだろうか。高所作業車のレンタル料金もばかにならないだ
ろうに。

今では「フライデー」が雑誌にその名を留めているくらいだが、写真
週刊誌全盛時代は各社の競争が激しかったのだろうな。御巣鷹山での
日航機墜落事故の時は、各誌がかなりえぐい写真を掲載していたこと
を覚えている。

本書で一番印象に残ったのは池田小学校児童殺傷事件の犯人・宅間守
の父親の話。情報が欲しくてちやほやするマスコミもどうかしている
が、息子がとんでもない事件を起こしたのにその息子の写真やら日記
やらをマスコミに売り飛ばしてってなんだよ。

そりゃ、不肖・宮嶋が正義のフラッシュを浴びせてその姿を写真に
納めようとするわ。

「財界のフィクサー」と呼ばれた許永中の護送中の写真を狙った
追跡行、広島刑務所から出所したオウム真理元幹部の上祐史浩
広島から東京まで追っていく話は興味深かった。

おふたりとも、物凄い機動力だ。そうでなければ週刊誌のカメラマン
は務まらないのだろうが。

つくづく思うわ。カメラマンって相当に頭と体を酷使する仕事なんだと。

2018-05-16

石牟礼道子さんを惜しんで

TBS「サンデーモーニング」でしばらくお見かけしなかったから
気にはなっていた。

毎日新聞特別編集委員の岸井成格さんが亡くなった。癌であること
を公表されてはいたが、こんなに早く亡くなるとは…。

ご冥福を祈る。

『新装版 苦海浄土 わが水俣病』(石牟礼道子 講談社文庫)
読了。

著者である石牟礼道子さんが亡くなったのは今年の2月。生憎と
私は入院中で、訃報がもたらされた時はテレビや新聞を見られる
状態ではなかった。だから、亡くなったのを知ったのは退院して
からだった。

『苦海浄土』を初めて読んだのは高校生の頃だったろうか。文庫
新装版である本書は発行後に購入していたのが、読む機会を逸した
まま積読本の山に埋まっていた。

気力・体力共に低下していたので、退院後もなかなか本書と対峙
出来なかったのだが5月1日に行われた水俣病犠牲者慰霊式のあと
チッソ社長の「救済は終わった」発言に唖然として、本書と
対峙する決断がついた。

ノンフィクションでも、ルポルタージュでもない。いくつかの
事実は散りばめられているが、本書は水俣病患者とその家族を
見て来た石牟礼さんが創作した、水俣病犠牲者の心の声であり、
魂の叫びだ。

土地の言葉を活かした文章の向こう側に、有機水銀に汚染されな
がらも青さをたたえた水俣の海が広がる。その海が与えてくれた
豊富な魚介類が、まさか体と心を破壊してしまうとは誰も思いも
しなかっただろう。

そして、原因はチッソ水俣工場から排出される排水に含まれた
有機水銀であると、早い時点で特定されていたにも関わらず
救済を遅延させたチッソ及び行政の罪は重く、改めて怒りを
感じる。

「銭は一銭もいらん。そのかわり、会社のえらか衆の、上から
順々に、水銀原液ば飲んでもらおう。(中略)上から順々に、
四十二人死んでもらおう。奥さんがたにも飲んでもらう。胎児性
の生まれるように。そのあと順々に六十九人、水俣病になって
もらう。あと百人ぐらい潜在患者になってもらう。それでよか」

「あとがき」に書かれている言葉である。切なすぎるだろう。
加害企業として犠牲者に補償するのは当然だが、どんなに補償金
を積まれても、亡くなった人は戻って来ないし、有機水銀に害され
た体は元には戻らない。

チッソの現社長・後藤氏は、本書を百万遍読んだらいい。

2018-05-15

通訳が必要

「『直接言ってこないのか』ということは恐らく、金正恩委員長に
直接ということだと思います。我々は北京ルートを通じてあらゆる
努力を今まで行っておりますし、今も行っています。
つまり、文在寅大統領が直接会って話をしている、あるいはポンペオ
長官が直接会って話をする。それぞれの時に拉致問題について働き
かけをして頂いていると思いますが、つまり、何故日本が自分に
直接言って来ないのかということだと私は受け止めています。
これはあの、あの…味方によってはですね、いわば、えー、それ
(拉致問題)に応じるかもしれない、ということかもしれないと
いう分析もできるのだと思います」

我が国首相の安倍晋三がテレビ出演した際に言ったことの文字起こし
なんだが…。誰か〜、通訳してくれませんか〜。何を言っているのか
サッパリ分かりません。

これだけ長くしゃべっているのに、中身ゼロって理解でいいのか?

そう言えば昨日の参議院予算員会で質問に立った共産党の女性議員から
も「総理、色々と仰ってますけど何を言ってるのかよく解らない。一言で
言うなら【説明がつかない】という事ですよね?」と突っ込まれていたな。

安倍首相、きんと文章になって中身のある日本語、話せますか?

引き続き『新装版 苦海浄土 わが水俣病』(石牟礼道子 講談社文庫)
を読む。

第1号患者の発症から15年。やっと水俣病患者やその家族に謝罪に
出向いたのは会長だった江頭豊。この人、「貧乏人が腐った魚を
食べたからだ」などの暴言が多いし、水俣病救済を送られた張本人
でもあるんだよな。

そして、皇太子妃雅子殿下の母方の祖父。雅子比がお妃候補になった
時、「皇居に筵の旗が立つ」と反対したのは後藤田正晴だったか。

2018-05-14

ただの暴力行為だ

鈴木大地スポーツ庁長官がお怒りである。日本大学と関西学院大学
アメフト部の定期戦で起きた、日本大学の選手の危険なプレーに
対して怒っていらっしゃる。

映像で見たが、あれはもうスポーツじゃないね。だたの暴力だよ。
しかもネット上で問題視されなかったら、テレビニュースでも取り
上げられることはなかったんじゃないか?

一部の報道によるとあの危険極まるプレーは監督の指示だったと
の証言があるらしい。日大の監督自身も試合後に「あれぐらいやっ
ていかないと勝てない。やらせている私の責任」 とコメントを
出している。

どういう認識をしているのか、この監督は。しかも現在は雲隠れ
中なのでしょう。出て来てきっちりとお話になったらよろしいのに。

これはうやむやにしてはいけない問題だと思うわ。

『新装版 苦海浄土 わが水俣病』(石牟礼道子 講談社文庫)を
読み始める。

新装版を買って積んでおいたら、石牟礼さんが亡くなってしまった。