佐竹ゆりの日記 Twitter

2018-06-07 国民民主党 神奈川県総支部設立

こんにちは ご無沙汰しております。

久しぶりの書き込みです。

市議会議員として4期目最後の年となり、暮らしの基盤である綾瀬市まちづくりや福祉政策など、市民、生活者の立場で改善していけるよう全力で取り組んでいきたいと思っています。

これまでの議会活動は議会報等でご報告させていただいておりますが、所属政党に関しての件はなかなか確定せず、ようやく5月7日国民民主党結党、6月4日国民民主党神奈川県連が設立されることになり、私自身も民進党神奈川県連からの移行で国民民主党所属議員となりました。

しばらくは国政に振り回されてまして、党所属議員としての発言に責任が持てず状況を見守るばかりでした。

これからは国民民主党綱領理念の元活動していく所存ですのでよろしくお願いいたします。

基本理念

 私たちは、「自由」「共生」「未来への責任」を基本理念とします。

「公正・公平・透明なルールのもと、多様な価値観や生き方、人権が尊重される自由な社会」「誰もが排除されることなく、互いに認めあえる共生社会」「未来を生きる次世代への責任を果たす社会」を理想とします。

 この理念の下、穏健保守からリベラルまでを包摂する国民が主役の改革中道政党を創ります。

 私たちは、民主主義を守り、現在と未来の課題を着実に解決し、国民全世代生活を向上させます。国を守り、国際社会の平和と繁栄に貢献します。

私たちの立場

 私たちは、「生活者」「納税者」「消費者」「働く者」の立場に立ちます。

 私たちは、一人一人がかけがえのない個人として尊重され、多様な価値観や生き方を認め合いながら、共に生きていく国を育んでいきます。

私たちのめざすもの

一 私たちは、「人への投資」を重視し、公正な再分配によって理不尽な格差をなくし、持続可能な経済を確立します。


6月議会が1日より開会され、現在委員会が開かれております。

私は6月18日の朝一番で一般質問に登壇します。

通告は

?スマートインター開通に向けたまちづくり

?働く世代介護支援について

?市民納得度調査による政策の考察について

以上の3問を質問いたします。

お時間のある方はぜひ傍聴にいらしてください。

市議会HPより視聴できます。

一 私たちは、少子高齢化過疎化を克服し、安心の社会保障を実現します。

一 私たちは、子どもと若者、孤立して生きざるを得ない人々、社会的マイノリティ、障がいのある人々、非正規雇用で働く人々等、声の届きにくい人々に寄り添います。

一 私たちは、地域主権改革を進め、豊かさが実感できる、自立した活力ある地方にします。

一 私たちは、政官財のしがらみをなくし、政治と行財政の改革を誠実に実行します。

一 私たちは、立憲主義国民主権基本的人権平和主義を断固として守り、国民と共に未来志向憲法を構想します。

一 私たちは、専守防衛を堅持し、現実的な安全保障を築きます。

一 私たちは、開かれた国益と広範な人間の安全保障恒久平和核兵器廃絶をめざします。

2017-09-29

民進党の決定 11:42

昨日行われた民進党常任幹事会にて、総選挙への対応が提案されました。

その前段前原代表からの地方議員へのお詫びと理解を求める発言がありました。


総選挙の対応について

一、今回の総選挙における民進党の公認内定は取り消す。

ニ、民進党の立候補予定者は「希望の党」に公認を申請することとし、「希望の党」との交渉及び当分の間の党務については代表に一任する。

三、民進党は今回の総選挙候補者を擁立せず、希望の党を全力で支援する。

以上

私は、希望の党から立候補予定の太ひでし氏を全力で支援いたします。

様々なご意見が有ることは承知しておりますが、党の常任幹事会で決定し議員総会で満場一致という報道がありました。

民進党所属地方議員として組織に従うのみです。

2017-09-26 解散総選挙

皆様こんにちは

9月4日より始まりました9月(28年度決算)議会も、あと28日の議会最終日を残すのみとなりました。

今日の朝一番目が私の一般質問でした。

「公共政策における改善プロセスの考え方について」「困っている子どもたちへの支援」の2問について議論をさせていただきました。公共政策はPDCAサイクルの課題について問い、OODAの導入の提案を。困っている子どもたちへの支援では、学校も親も気づけない悩みを抱える子どもたちへの支援の必要性を議論しました。

昨日これらの原稿を確認しながらニュースを見ていると、小池東京都知事の新党「希望の党」の結成、その後安倍首相解散総選挙についての記者会見が放映されました。

9月28日解散、10月10日告示22日投票になるようです。

実は、民進党をご支援していただいている皆様にご報告をしなければならないことがございます。

本日26日、13区総支部長を務めていた太ひでし氏が民進党へ離党届を提出しました。

太氏は民進党の仲間として、2年近く再度政権交代を目指し衆議院選挙候補者としてこの地域で活動してまいりました。

これまでタウンミーティングをはじめ、多くの市民の方にご支援を賜りましたことに心から感謝いたします。

ですが、総支部長(衆院選候補者)不在という形で解散総選挙を迎えようとしていることに、13区総支部副代表として心の底からお詫び申し上げます。

太氏の離党の理由については本人が語ることですので私からは申し上げられませんが、本来でしたら再度民進党が国民に信頼される政党になるため血のにじむ様な努力をし、国政を目指すべきであることは承知しておりますし、支援をしていただいている皆様方からのお叱りはごもっともと思っております。裏切りだと言われても仕方がない事でしょう。

ですが私としては、たとえ民進党を離れてもこれまでご恩をいただいた皆様への感謝を忘れず、これまで訴えてきた自分の信念にぶれない政治家として、自民党一強政治を止めるために当選を目指し頑張って欲しいと思っています。

この短期間での解散総選挙であり野党同士で叩き合っても、利するのは与党です。

太氏の前途を見守りたいと思っています。