Hatena::ブログ(Diary)

Lucifer Rising このページをアンテナに追加

2009-06-18

[][]墜落の瞬間に撮られた「信じがたい写真

6月1日。リオデジャネイロ発パリ行きのエールフランス航空447便がブラジル沖で墜落、乗客乗員228人が犠牲となった。乱気流か、あるいは積乱雲に突っ込んだことが原因と目されるが、いまだ事故の全貌は判明していない。ブラックボックスは水深2000メートル以上の深海に沈んだままだ。フランス政府は「回収は不可能ではない」と強気の姿勢をみせているが、前途には多大な困難が予想される。現在のところ、原因調査はおろか、事故の全貌さえよくわかっていないというのが実情だ。


そんな中、おどろくべきニュースがインターネット経由で飛び込んできた。


なんと、墜落の直前に機内で撮影された写真が発見されたというのだ。


f:id:satan666:20090618095141j:image


f:id:satan666:20090618095142j:image


一枚目の写真で、機体に既に大きな穴が開いていることが確認できる。穴ごしに見えているのは水平尾翼二枚目の写真では、乗客の一人が機体の穴から外部へと吸い出される様子がはっきりととらえられている。


この写真はデジタルカメラ・カシオZ750で撮影された。カメラ自体は破壊されたものの、メモリースティックのデータを回復することに成功したのだという。カメラのシリアル番号から、撮影者がパウロ・G・ミュラー氏であることが判明。ポルト・アレグレの郊外で子供向けの劇場に所属していた俳優である。乱気流が尾翼をむしりとってなお、ミュラー氏は気力をふりしぼって通路に立ち(!)、2枚の写真を撮ることに成功した。その直後、機体は水面に激突、ミュラー氏も含めすべての乗員乗客は死亡した。信じがたい写真をものにしたミュラー氏は、2人の娘ブルーナとベアトリスを残して逝ってしまった。



ここまで読んで「うわあ、すげえ、なんてこった、ひどい話だ」と思ったあなたはとても良い人なのだろうと思う。そして、世界中のそういう良い人たちが、次々とこの写真とストーリーに反応した。画像はメールに添付されて世界を駆け回り、ブログのコメント欄には驚き悲しむコメントが殺到している。



さて、この写真の正体は、皆さんご存じの人気テレビシリーズ『ロスト』のキャプチャ画像だ。パウロ・G・ミュラーなどという人物は実在しないし、ブルーナとかベアトリスとかいう娘もまったくの作り話である。


おまけに、この画像が「本当の事故の瞬間の写真」として流通するのはこれが初めてではない。


2006年10月26日、ブラジル人ブロガーのカルロス・カルドソは「いかに人々が懐疑心を持たず、“自分が信じたいと思ったことをただ信じようとするか”、またその際“コメント欄などは一切読まず、センセーショナルなヘッドラインと画像だけで脊髄反射的にコメントするか”」を実証しようと考えた。カルドソは2006年9月29日に起きたボーイング737の墜落事故をネタにしたが、ブログの記事を作るにあたってはすべての情報を意図的にいいかげんに書いた。カルドソのブログに証言者として登場する空軍少尉は実在しないし(友だちの名前を使った)、飛行機の座席数や犠牲者数も(画面を注意深くみればすぐにわかるように)デタラメだった。誰も気づかなかった。写真の左手前には『ロスト』の登場人物ケイト(エヴァンジェリンリリー)が手錠姿で写っているが、それすら誰も指摘しなかった。


カルドソは悪意に基づいて実験を行ったわけではない。むしろ、かれが「ネットのハゲワシ」と呼ぶ、物見高いだけで、すぐに「死体の写真ないの? 事故現場の写真ないの?」とがっつくタイプの(耳が痛い話だ……)下世話な人々が、いかにものごとを都合よくしか判断しないのか、それを証明しようと思ったのだ。だからカルドソはすぐにネタの詳細を明らかにしたページを作ったし、コメント欄にもそれとわかるような記述を投入しておいた。


そんな誠意はまったく通用しなかった。人々はチェーンメールにしてカルドソがアップした『ロスト』のキャプチャ画像を世界中に送りまくり、自分のブログに画像を貼りまくり、「ご冥福」コメントを書き散らし続けた。「事故機の機内で撮られた驚くべき写真」はインターネットでも有数の都市伝説と化した。3年が経ったいま、またもや『ロスト』の写真とカルドソの書いたストーリーが再利用され、またまた世界を席巻している。イヤミ度ではgoatse画像をいじった「神の手」写真にかなわないと思うが(たった今、猛烈に「神の手」写真の元画像を載せたい誘惑にかられたが、ガマンすることにする)、つくづく因果な話である。ヘイルサタン


(参考)

2 photos after Collision n before Death....AIR FRANCE FLIGHT(デマ記事の典型例)

http://jigalbigal.blogspot.com/2009/06/2-photos-after-collision-n-before.html


They want to believe(カルドソ自身による説明)

http://junglebook.contraditorium.com/2006/11/02/they-want-to-believe/


Photos of Mid-Air Plane Collision(About.comの解説)

http://urbanlegends.about.com/library/bl_photos_gol_737_crash.htm


LOST - 1x01 - Pilot Part 1 (ABC)(『ロスト』予告。墜落フッテージもちょっと入ってる)

http://www.youtube.com/watch%3Fv=VdD6vza8MjE

kazukichi_0914kazukichi_0914 2009/06/19 00:50 びっくりしました!!

日本人日本人 2009/06/19 01:32 疑うより信じる方が楽ですからね。どこの国も楽している人間が多過ぎますよね。我が国のリテラシーの低さも相当なものだと思います。

ninknink 2009/06/19 02:22 ふむ。一本とられた。

なまえなまえ 2009/06/19 11:20 この逆光でこんだけきれいに撮れるカメラがあったら欲しいわ!

なまえなまえ 2009/06/19 14:09 途中まで読みやすかったのに、引用文が終わってはてな語だらけになった途端に読む気が無くなった

なまえなまえ 2009/06/19 20:27 一目見ただけで、普通うそだってわかりそうなもんだが、ほんとベクトルがどの方向向いているかで、人間はそっち向いちゃうんですね。こえええ。

矢張矢張 2009/06/20 00:46 やはりそうだったんですか。

通りがかり通りがかり 2009/06/22 18:36 飛行機が回収されていないのに写真がある訳ない
携帯でも、そんな余裕無いだろうなあ

なまえなまえ 2009/06/22 19:10 「ウソを信じてしまった。もう人を信じない」という暗黒の心を人に持たせようとしたんですね。
クソですね。

のりおのりお 2009/06/22 19:26 最初画像を見たとき驚愕しそして悲しかった
そしてウソとわかったときほっとした
ここに映っている人たちは死んでいないんだ、よかった、と
しかし事故は実際に起きている、実際に多数の人が死んでいるわけで
興味本位で開いたものの正直言って不謹慎で不愉快な気分になるよね

なまえなまえ 2009/06/23 00:00 信じちゃいけないのかよ

パヒューム熱愛はヤラセパヒューム熱愛はヤラセ 2009/06/23 03:21 あまりにも出来過ぎた写真だと思ったから、騙されなかった。
機外に吸い出される人間なんて、絵コンテ通りだからバランスよく配置されてる。
ありえんわ、こんな写真。

なまえなまえ 2009/06/25 12:49 見た瞬間LOSTみたいと思ったんですが本当にLOSTだったのか・・・

なまえなまえ 2009/06/28 14:27 まあ、そうでしょうなw

なまえなまえ 2009/06/28 17:46 一枚目の尾翼が見えてるけど、すでに減圧してる筈なのにそれを感じさせないので怪しいと思ったよ

三振三振 2009/07/01 14:55 「嘘ですよ」って言われると、「俺は最初から知ってたしww」って言う奴も大概だけどね

なまえなまえ 2009/07/02 10:55 1枚目でロストだと分かりましたがいつ見てもこれすごいなぁ
本物だと信じる人がいても不思議じゃないかも

なまえなまえ 2009/07/18 16:58 真実だろうと嘘だろうと本心はどっちでもいいから安易に信じちゃう。

大学生活大学生活 2010/08/19 18:00 通りかかったので。
最近のヘリコプター事故にしろ、空からの事故の生存率は低い。

あ 2011/03/02 17:18 教育的ですね。

   2011/09/26 21:45 LOSTは全話見たから知ってた

namaenamae 2014/03/08 20:33 1枚目で作りものだと分かりました。
座席が全く違いますし、事故が起きたのは夜ですし、尾翼の塗装も違いますから

88 2015/10/07 22:58 えーと、これを写真見たうえで真に受ける人は相当だと思う
少なくとも中学生以下だよね?

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証