精神科医の本音日記

2013-12-03

近藤先生ご開業

f:id:satochan8:20131203231402j:image:w360:left 癌放置療法で有名な近藤誠先生が開業した。マスコミの評判は上々であるが、僕の周りの医者の評価は高くない。実際の医療現場への影響は限定的と思われる。近藤先生のご意見は論理的で、評論家的な立場としての患者へのアドバイスとしては非の打ちどころはないように見えるが、例えば丸山ワクチンを「プラセボ」と切り捨てるやり方は臨床的ではないと思う。丸山ワクチン奇跡が起こったと主張する人は少なくない。確かに丸山ワクチンの効果を宣伝している医者には怪しい人が多いけど、効果を信じてる人に向かって、「諦めなさい」とは臨床医なら言えない。現代においても医者や薬物は超科学的なパワーを期待されていて、患者がすがる希望の糸を切るような行為は医者はすべきではないでしょう。それに、プラセボだって効果のある場合はあって、その効果はニセモノとは言い切れないと思う。未来の事は皆不確定であって、いかに確率的にレアであっても、奇跡は起こることがあることを臨床医なら皆知っている。癌治療者にはオプティミスティックな対応が不可欠と思う。「それにしてもアンマリにもいい加減な治療をする医者が多すぎる」、「火事場ドロボーの様な医者にご注意」という彼の意見には大賛成ですが…。ちなみに先生の診察は保険外、30分3万円です。          僕も、精神病放置療法、でイケるかな?

mamedimamedi 2013/12/04 11:35 余命宣告を受けた癌患者としての立場から言えば、近藤氏の説には「救い」がないように感じます。医師に最も必要とされるのは、「救い」なんじゃないか?と10年癌やってきて思うわけです。手術も放射線、化学治療も患者の体に与えるダメージは大きい。それでも「生きたい」と頑張る患者に「無駄な抵抗」だと言い切るなら、フォローの言葉も用意するべきです。いい加減な医師を内部告発するなら、しっぱなしはないでしょ。

satochan8satochan8 2013/12/04 18:22 そうくると思ってました。でも実際医者もシンドイんですね。

mamedimamedi 2013/12/05 16:13 確かに、医療スタッフ(もちろん医師も含め)の仕事は想像を絶する過酷さだと思います。あれで医療事故が起こらない方が不思議なくらい。看護師の中にも精神的にバランスを崩しているひとは少なからずいたように感じました。でも・・・ご期待にお応えするなら・・・一番しんどいのは、やっぱり患者ですよ。

satochan8satochan8 2013/12/05 19:14 その通りと思います。医者や看護師はサポーターです。応援はしますが、応援しか出来ません。患者さんガンバレ!

mamedimamedi 2013/12/06 13:33 こらこら(笑)これはアップしないでいいですよ(笑)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/satochan8/20131203/1386081072