温暖化メモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-05-28

安倍首相はなぜ「慙愧に堪えない」のか?〜松岡農水相自殺

安倍晋三首相は、松岡利勝農水相の自殺に関して会見、「大変残念です。慙愧に堪えない思いです」と語った。額面通り「自分の見苦しさや過ちを反省して、心に深く恥じること」ととるなら、安倍首相は何を恥じたのか。

素直に解釈すれば、部下を「自殺に追いやってしまった自分を恥じる」ということなんだけれど、一方で自殺の理由については「今の段階で何とも申し上げられない。軽々に推測で言うべきではない」と言っているのだから平仄が合わない。「慙愧」する理由が「今の段階で」は何とも分からない。

脈絡からしてこの「慙愧」も「慧眼に接し」同様、なんか変だ。どうも「無念でたまらない」という意味で使っておられるようだ。その前に「大変残念です」と言っているのだから、前の語句を強調するためのものだろう。「慙愧」を「残念無念」という意味で使われる例は結構あるようだ。

そうでないと、「大変残念です。自分が恥ずかしい」じゃ、ちょっとコメントとしておかし過ぎる。会見全体を通しても「慙愧」の中身が分からない。

確かに任免権者である安倍首相がこんな人を大臣に登用したことは「慙愧に堪えない」のかもしれないけれど。そういう意味じゃないだろう。

Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングにほんブログ村 ニュースブログへ

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証