satolog このページをアンテナに追加 RSSフィード

2008-06-20

朝日新聞@死神の精度

法相、朝日新聞夕刊コラムを批判 「死に神」表現で(朝日) 鳩山法相は20日の閣議後の記者会見で、朝日新聞の18日夕刊1面の時事寸評コラム「素粒子」で死刑執行に絡んで「死に神」と表現されたことについて「大変な問題だ。そういう軽率な文章を平気で載せるということ自体が、世の中を悪くしている」と批判、「司法の慎重な判断、法律の規定により、私も苦しんだ揚げ句に執行した」などと述べた。「素粒子」では「2カ月間隔でゴーサイン出して新記録達成。またの名、死に神」などと表現した。法相の発言について、朝日新聞社広報部は「社として特にコメントすることはありません」としている。

全文はこちら。本編はこちら

公式サイトより。

死神・千葉の仕事:

7日後に不慮の死が予定されている人間を観察し、

“実行=死”か、“見送り=生かす”かを判定する。

朝日新聞より。

鳩山邦夫の仕事:

永世死刑執行人 鳩山法相。

「自信と責任」に胸を張り、2

カ月間隔でゴーサイン出して新

記録達成。またの名、死に神。

【死に神】人を死に誘うという神。人に死ぬ気を起させる神。(広辞苑)

使い方としては、厳密に言えば朝日新聞は誤用であり、死神の精度に欠けている。

何よりも、素粒子はセンスなし。

Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングにほんブログ村 ニュースブログへ

FADFAD 2008/06/22 20:30 誤用の件、盗用ではありませんが同趣旨でブログを書きました。賛同の意味からコメントさせていただきました。
http://f-a-d.cocolog-nifty.com/blog/2008/06/post_ffff.html

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/satohhide/20080620/1213963479