温暖化メモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

2008-08-19

「韓国、キューバに逆転勝ち」の真相と星野ジャパン

Song, Kwon, Yoon, Oh quiet Cuban bats

ということで韓国が五輪でキューバに初勝利して1次リーグトップ通過が今日のハイライト。星野日本コールド勝ち、準決勝進出/野球(日刊スポーツ)は、この際、どうでもいい。

一番気になったのはこの部分。

Cuban starter Norge Luis Vera, winning pitcher in Cuba's first game, a 4-2 victory over Japan, pitched two scoreless innings before leaving the game and raising some fitness concerns for the ace, although he did not appear to suffer any injury.最初のゲームの日本戦で勝利投手になったキューバの先発ノルゲ・ルイス・ヴェラ投手は2イニングを無失点に抑えた後、特に怪我をしたとも見えないのに体調の問題で降板した。

とのこと。リリーフした投手陣が打たれて逆転負けしたというわけだ。つまり、キューバは本気じゃなかったように見える。韓国は喜んでいるかもしれないが、大事なのは決勝トーナメント。キューバは負けても大勢に影響ない場合は結構手を抜くようだ。

これで、決勝トーナメント準決勝では、韓国はアメリカ×日本の敗者と対戦、キューバはその勝者との対戦になる。どっちが有利と言えば分からないが、要はどっちでもいいならエース温存ということだろう。

一方の日本は、本来のローテーションなら今日の中国戦でダルビッシュ先発のはずだったが、どうも明日のアメリカ戦で先発するらしい。そうすると、決勝トーナメントはどうするんだろう。ひょっとして決勝トーナメントでエースが先発なしなんてことになるとしたら、ちょっと弱気過ぎないか。だとすると、いくらダルが初戦でキューバ打線に打ち込まれたとはいえ、あまりにも場当たり主義的で意外と星野監督は気が小さいのかもしれない。

Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングにほんブログ村 ニュースブログへ