satolog このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-06-15

日本の輸出依存度はG7の中で実質一番高い

アゴラ:<水準>と<振れ>は区別しよう−−池尾和人

日本の輸出依存度は小さいのに世界金融危機の影響が大きいことを疑問とする向きが、どうも少なくないようだ。しかし、そうした疑問の背景となっている「輸出依存度が小さいと外需の変化の影響を受けにくい」というような見方は、単に「平均概念」と「限界概念」を混同しているだけのようにしか思われない。

確かに、平均値としてみた日本の輸出依存度は、G7の中ではアメリカの次に低い(2007年時点では、G7平均が22%であるのに対して、日本は16%)。しかし、外需の変化の影響を考える場合には、平均レベルではなく、その変分の大きさをみる必要がある。今回の場合であれば、2000年代の初頭に10%程だった輸出依存度が16%まで上昇して、また元に戻るような変化が生じたのだから変分の絶対値は大きい。大きい変化が生じたのだから、影響が大きいのは当たり前である。

を読んで、今回の日本の外需急落の痛手が大きかったのは単に<振れ>の問題だけかなと思う。

調べてみると、まず事実認識として日本の輸出依存度は事実上G7の中で一番高いと思われる。

2007年のG7各国の輸出依存度は高い順にドイツ39.9%、カナダ29.2%、イタリア23.7%、フランス21.1%、日本16.0%、イギリス15.7%、アメリカ8.4%となっている。(参照)

これだけ見ると、日本は下から3番目で低い方にされてしまいそうだが、そうではない。

例えば1位のドイツの輸出相手国の7割程度は欧州の国で、EU域内輸出が6割ほどぐらいだろう。日本で言えば輸出というよりも、国内移出という感覚で、つまり北海道と近畿、九州と関東の間の移出も輸出にカウントしているようなものだ。大袈裟に言えば、お隣の国から車で来た買い物客に物を売れば輸出したことになる。欧州経済圏以外での輸出額を大雑把に3割とすれば輸出依存度は実質12%ということになる。日本より少ない。ましてや他の欧州国はもっと少ないことになる。ユーロ圏内取引を除いたユーロ圏全体輸出依存度は16.9%だ。

2位のカナダに至っては、その78.9%がアメリカというお隣さん。アメリカ以外の輸出依存度は何と6%になってしまう。

つまり、日本はG7の中で一番輸出依存度が高いのだ。

お隣さん同士なんて情緒的なこと言われても、という向きにはこの1年の為替レートを考えてみよう。外需急落ショック=輸出依存度×為替変動だろうから。

まずEUの大部分はユーロの共通通貨なので為替変動リスクがない。ユーロにペッグしている通貨も10カ国ある。ユーロとポンドもこの1年、1ユーロ=0.8〜0.95ポンドの範囲内で収まっていて変動はさして大きくない。欧州バブルの相対比較で変動しただけと見ていいだろう。アメリカドルとカナダドルでは1米ドル=1.0〜1.3カナダドルとかなり変動しているが、日本とは逆に米ドル高カナダドル安だ。これは資源バブル崩壊の影響だろう。つまり輸出は日本とは逆に為替がショックアブソーバーになっている。

そうすると、G7の中で一番外需急落の痛手を蒙ったのはやはり日本で当然ということになる。輸出依存度が高いうえに、為替は1米ドル=87〜110円とかなり変動した。今はその変動幅のほぼ中央ぐらいの1ドル=98円で依然円高状態。さらに1年前の1ドル=110円でも円高と騒がれていたから、1年以上の期間で見れば池尾教授の言う<振れ>の効果と相まって痛手はもっと大きいことになる。

恐ろしいことに2007年の日本の輸出依存度は1985年のプラザ合意当時の水準をも上回っていたのだ。(参照)これでは、リーマン・ショックによる外需断層で痛手を蒙るのは無理ない。あの前川レポート内需拡大策とは結局なんだったのか。プラザ合意当時の円ドル為替レートを考えれば、この数字は凄いが実効為替レートから見れば、2007年は当時と大体同じだったので、そう驚くことはない。アメリカ外需依存は当時と比べて確実に低下しているから。

そうすると、日本は今後も基本的に外需依存体質を維持しつつ、中身がアメリカ一辺倒から徐々にデカップリング効果で円ドルレートをそれほど気にしないで済む時代になるということだろうか。

Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングにほんブログ村 経済ブログへ

つけめんデリックつけめんデリック 2009/06/18 08:30 「輸出がアブソーバーになっている」事って、
輸出依存度の高さを肯定しこそすれ、否定する事実ではないと思うんですが。

satohhidesatohhide 2009/06/18 11:20 じゃなくてカナダでは為替が外需依存のショクアブソーバーになっているということ。

つけめんデリックつけめんデリック 2009/06/20 13:29 カナダは輸出依存度が(日本より)高いことに変わりは無い。
「お隣だから」という事で貨幣が異なる国を「実質的には輸出ではない」とする論法が謎。

pompom 2009/09/28 03:40 例えば、世界がEUのように一つの経済圏に統合されたら、すべては域内輸出で実質的な輸出依存ではないというロジックが成り立ちますか?

nimnim 2010/10/10 01:30 EU域内輸出を北海道と近畿、九州と関東と同じに見るなんて凄い考え方だな。

よっしーよっしー 2010/11/26 13:04 俺の借金となりのあんた払ってよ。こりゃいいわなんか韓国人になったような論法だな。謎の仮定のうえには謎の結論しかでませんよ。

通りがかり通りがかり 2010/12/06 18:31 EU域内関税ゼロ。カナダ、メキシコ、米国も同様。まぁ趣旨を理解できない御仁が多いのはレベルが低いからでしょう。

morimori 2011/02/06 01:41 輸出依存度の定義にもよるんじゃないか?
どう定義するかで輸出依存度は決まるだろ。
なんとなく輸出依存度が高いじゃよく分からん。ちゃんと定義しないと数字でないだろ。

strangerstranger 2011/04/11 21:33 実質輸出依存度が高いから、外需急落の痛手を一番被ったのだ!ですか?問題の一側面を大々的に取り上げてられてお疲れ様です。

平均株価の回復が一番遅かったことから提起したのかもしれませんが、それは外需依存云々よりも政治的な停滞が原因ではないでしょうか?
そしてEU域内同一通貨ということで、ドイツなどを除いた輸入国は今やデフォルト懸念も孕む大問題に直面していると思いますがその点は輸出依存度よりも問題視されないのでしょうか?

失礼ながら正直、だから何?としか思いませんでした。

satohhidesatohhide 2011/04/11 22:34 デフォルト懸念という違う問題はここでは扱ってないよ。

KK 2011/06/25 02:16 日本の輸出の半分は、アジアでなかったか?
域内だから、依存度は低いとなるのでは?

dariedarie 2011/08/08 13:20 EU域内関税ゼロ。カナダ、メキシコ、米国も同様。まぁ趣旨を理解できない御仁が多いのはレベルが低いからでしょう。

TPPで関税撤廃にしたらこの論法も木っ端

ひ 2011/08/21 20:50 お隣さんは輸出ではないって、アフォですか
        ↑
同通貨は輸出じゃないだろwwwアフォデツカ?

satohhidesatohhide 2011/08/22 00:02 また一人アフォが来た。ご苦労さん。

こんばんはこんばんは 2011/10/26 02:24 >EU域内関税ゼロ。カナダ、メキシコ、米国も同様。まぁ趣旨を理>解できない御仁が多いのはレベルが低いからでしょう。

だから?たとえ関税が重要でも日本のFTA締結国との貿易比率が考慮されてないじゃないですか。
satohhideさんに申し上げたいのですが、せっかくブログを公開しているのであれば批判にも真摯に答え、誤りを訂正すべきではないでしょうか。コメ欄の対応がひどすぎる。

satohhidesatohhide 2011/10/26 07:33 あんた、それ言っているの俺じゃないぞ。よく嫁アホ。

るるるる 2012/01/27 00:26 輸出依存度とは「他国にどのくらい輸出しているか。」だと思っていましたが、どうやら勘違いのようでした。
輸出依存度とは関税が掛かる隣国以外の輸出のみを計算するのですね。とても勉強になりました。
所でその表は何処にあるのですか?いくら探してもありません。
是非このブログで紹介してください。

satohhidesatohhide 2012/01/27 16:02 るるさん、あんたの存在そのものが勘違いなんだよ。

るるるる 2012/01/28 02:39 ごめんなさい

渋井渋井 2012/02/12 13:48 るるさん
>輸出依存度とは関税が掛かる隣国以外の輸出のみを計算
いいえ違います。対GDP比で日本のすべての輸出がどれぐらいなのかを計算したものが輸出依存度です。したがって、関税がかかるかどうかは関係ありません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/satohhide/20090615/1245057093