satolog このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017-06-03

北極の海氷体積、正直に最小状態続行

f:id:satohhide:20170603090920p:image:left(参照)

PIOMAS Arctic Sea Ice Volume Reanalysisによると、北極海のPIOMAS(海氷体積)は5月が過ぎて下降局面入りし、依然として最小値街道を驀進中だ。昨年11月からほとんど独走的に最小状態だ。

気象のボラティリティが激しい海氷面積では、目下、史上最小水準ではないが、体積ベースでは歴然として史上最小を状態が継続している。もうエルニーニョ現象の影響を考慮しなくてもこの状態だ。むしろ、今秋辺り、さらに新たなエルニーニョ現象が懸念されているほどだ。そうなると今後は明らかにフェーズ・チェンジになる可能性がある。地球温暖化の9割は海洋が吸収するとされているから海氷体積は正直だ。と言うか自然は正直なので懐疑論など通用しない。

Clickで救えるblogがある⇒にほんブログ村 経済ブログへにほんブログ村 環境ブログ 環境学へ

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/satohhide/20170603/1496449506