satolog このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017-07-15

6月の世界平均気温、一転して急落

f:id:satohhide:20170715004013j:image:left(参照)

NASA:Monthly Mean Surface Temperature Anomaly (C)Land+Oceanによると、2017年6月の世界の平均気温は偏差0.69℃で、2014年11月の0.68以来、約2年半ぶりに0.7℃を割り込んだ。それでも6月としては2016年の0.79℃、1998年、2015年の0.78℃についで観測史上4番目に高い記録だが、昨年からは大きな落ち込みになった。6月は太陽との関係では遠日点の月でもあるので下がり易いのだが。

6月としては2014年同月の0.66℃以来の低い水準で、現在冬の南極付近が低いのが下げの要因のようだ。また今年は3月の1.11℃をピークに3か月連続激しく下げ続けている。この数値の下げはエルニーニョ現象の完全払拭の仕上げのようにも見える。

Clickで救えるblogがある⇒にほんブログ村 経済ブログへにほんブログ村 環境ブログ 環境学へ

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証