satolog このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017-07-19

南極の海氷面積、史上最も遅い1500万km2突破

f:id:satohhide:20170719220927j:image:left(参照)

南極の海氷面積が7月18日、1506.8万㎢となり、1500万㎢を突破した。1986年に記録した7月16日を2日分追い抜いて史上最も遅いペースになった。「北極の海氷面積、史上4番目に早い800万km2割れ」と南北両極で海氷面積がこの時期で最小水準となっている。

特に南極の海氷面積は昨年の7月5日に比べて大幅に回復が遅れている。一昨年に至っては6月22日でほぼ1か月遅い。

北極も観測史上最小を記録した2012年とほぼ同じレベルで下げている。両極合わせて史上最小になる模様だ。一つの壁が破れて次のステージに進む気配がある。

Clickで救えるblogがある⇒にほんブログ村 経済ブログへにほんブログ村 環境ブログ 環境学へ

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/satohhide/20170719/1500470987