温暖化メモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

2018-05-03

4月のCO2濃度、史上最速ペースで初の410ppm突破

The Keeling Curveサイトによると、

April monthly average exceeds 410 parts per million for the first time in recorded history

The average concentration of carbon dioxide in the atmosphere was 410.31 parts per million (ppm) for the month of April, according to the Keeling Curve measurement series made at the Mauna Loa Observatory in Hawaii.

This marks the first time in the history of the Mauna Loa record that a monthly average has exceeded 410 parts per million. This also represents a 30-percent increase in carbon dioxide concentration in the global atmosphere since the Keeling Curve began in 1958.

月間ベース410.31ppmは前年同月の409.00ppmより1.31ppm増で、増加幅としては今年最小だった。

初めて月間ベースで400ppmを突破したのは2014年4月の401.38ppmなのでちょうど4年で10ppm増えたことになる。390ppmを突破したのは2010年2月の390.20ppmなので10ppm増えるのに4年2か月かかっており、今回は2か月早まった。

ちなみに初の380ppmは2004年4月の380.35ppmで、5年10か月かかっていた。同様に370ppmは1999年4月でちょうど5年、360ppmは1993年5月で、5年11か月、350ppmは1986年5月でちょうど7年要している。約20年前に比べて所要時間が7年から4年にスピードアップしたことになる。途轍もないスピードアップだ。

Clickで救えるblogがある⇒にほんブログ村 経済ブログへにほんブログ村 環境ブログ 環境学へ

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/satohhide/20180503/1525323678