温暖化メモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

2018-05-18

4月の海上・陸上気温偏差、北極圏で珍しく低下も全般高い

f:id:satohhide:20180518093357p:image:leftMean Surface Air Temperature over Ocean Areas Monthly Mean Anomalies with respect to 1951-1980によると、世界の4月の平均海面気温の偏差は0.59℃で、昨年11月から6か月連続0.5℃台になった。これで2014年10月から2015年3月までの6か月連続0.5℃台に並んだ。ただ0.6℃一歩手前だ。

ラ・ニーニャ現象は収まりつつあるようなのだが、一方で珍しく北極の気温が低下している(グラフ)。

一方、Mean Surface Air Temperature over Land Areas (C)Monthly Mean Anomalies with respect to 1951-1980によると、4月の世界の陸上平均気温偏差は1.35℃で、前年同月1.26℃より0.09℃高くなった。また10か月連続1℃以上を維持している。ただ、2016年3月以来、2℃以上を記録していない。

Clickで救えるblogがある⇒にほんブログ村 経済ブログへにほんブログ村 環境ブログ 環境学へ

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/satohhide/20180518/1526603714