温暖化メモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

2018-06-16

南極の海氷面積再び史上9位、海面上昇の予兆?

f:id:satohhide:20180616155300j:image:left(参照)

南極の海氷面積は6月14日に1253.8万㎢を付け、節目の1250万㎢を突破した。1979年以来、史上9位の遅さに後退した。先月初めは史上3位だったのでこの一月余りで逆に急速に回復したことになる。

今年は一時観測史上最小水準だったが2月下旬以降、持ち直しに転じ、いったん史上7番目に、さらに史上3番目となっていたため、目まぐるしさが際立つ。

南極の場合、南極大陸の氷床が溶けて海氷化すると考えられ、実際「Antarctic ice loss has tripled in a decade. If that continues, we are in serious trouble.(ワシントン・タイムズ)」と、氷床融解ペースが3倍になっているという記事が出たばかり。むしろ、こうした海氷面積の乱高下は不吉な予兆とも思え、海面上昇がいよいよ本格化するのかもしれない。

Clickで救えるblogがある⇒にほんブログ村 経済ブログへにほんブログ村 環境ブログ 環境学へ

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/satohhide/20180616/1529132232