Hatena::ブログ(Diary)

記憶と記録

2010-09-18

「パリ20区、僕たちのクラス」

| 08:04

ひさしぶりに、京都シネマに行きました。

観たのは「パリ20区、僕たちのクラス」という、カンヌパルムドール

受賞した映画。

教師と中学生たちの1年間を描く、ドキュメンタリーのような作品で、授業シーンを軸に、

たんたんと話が進んでいきます。

きれいごとだけでは済まない、教師と生徒の関係。激しいぶつかり合い。

とくに事件が起こったり(いくつかあるけれどそれが主題としては扱われない)、

丁寧な心理描写があるわけではないのに、最後はじんわり感動しました。


ラストシーンは、誰もいなくなった教室の光景なのですが、それを観ていて、

学生は“過ぎ去って行く存在”なのだ、と痛烈に感じました。

学校は“通過点”であり、時間は限られている。

その中で、わたしたちが彼らにしてあげられることは何だろう?と、教師では

ないながらも、教育機関に勤める者として、少し考えてしまいました。

わかりきったことかもしれませんが、この“過ぎ去って行く存在”というのは、

実は大事な考え方のひとつのような気がしています。


それにしても、先生とはなんと素晴らしい仕事であり、また大変な仕事なのか。

まわりにいる先生たちを改めて尊敬しました。すごいことです。本当に。

2010-09-16

Meets

| 08:08

最近買った2冊。どちらもかなり使えそうです。


[rakuten:book:13915654:detail]

2010-09-13

Venga!!

| 08:55

Twitterつながりで飲みに行きました。

奈良の国立大教授、東京の国立大准教授&職員、京都の国立大職員という

不思議な組み合わせ。

ふつうに生活していたら絶対知り合うことはないであろう…と考えると、

あらためて、Twitterって面白いな、と思います。

このお店は、シェリーが売りのようで、種類がたくさん。

樽入りのものを長い柄杓で注いでくれるパフォーマンスは一見の価値ありです。

料理もおいしく、雰囲気も良かったので、結局4時間くらい長居。

とても楽しい時間でした。


Sherry Bar Venga!!

食べログ Sherry Bar Venga!!

2010-09-06

Earl's Cafe&Pub

| 05:40

イギリスの話をする「イギリス会」と称して、イギリス駐在経験のある上司と

同期の3人で飲みに行きました。

イギリスといえばパブ、ということで選んだのがこのお店。

店内もこぎれいだし、フードも種類豊富でおいしいのでお気に入りです。


お探しの店舗のページはありませんでした

2010-09-05

キャンパスプラザ京都10周年記念式典

| 06:06

元出向者として、参加しました。

門川市長や、同志社立命龍谷京産の4大学学長が一堂に会する豪華な式典。

どなたかが大学コンソーシアム京都のことを「奇跡的」と称していましたが、

本当にそうだと思います。

さまざまな事業展開もさることながら、各大学出向者で構成される事務局体制が

推進力の要となっていること。また同時に、出向者自身のSDにもなっていること。

これが、他のコンソーシアムにはない強みだと思います。

自分の経験もきちんと文章に残さないといけないとは思いつつ…。

いずれ。宿題です。


キャンパスプラザ京都、開館10周年記念式典(読売新聞

http://osaka.yomiuri.co.jp/university/topics/20100906-OYO8T00432.htm

川上未映子「乳と卵」(文春文庫)

| 05:49

言わずもがな、の芥川賞受賞作です。

いかにもこれこそ純文学、という雰囲気で、「すっと落ちない」のが正直な感想。

収録されているもう1作品「あなたたちの恋愛は瀕死」のほうが個人的には好きです。


乳と卵

乳と卵

Connection: close