S嬢 はてな

2005-11-06

[]続:新記事「形容と真実と

 ダウン症の子の「祖母」である、わたしの母のケース。友人に「初孫がダウン症である」と話したときに、「まあおめでとう、ダウン症の子は『天使の子』って言われているのよ」と言われたそうで。

わたし「んで、どうしたの?」

母  「なんか、思わず、じいっと、その人の顔見ちゃった」

わたし「いや、一生懸命だったんじゃない? 多分。」

母  「それで言ったの。『あなたのところに同じことが起きたら、同じことを言うことにするわ』って」

わたし「んで、どうした?」

母  「数日たって、『ごめんなさい』って言われた」

 同じ言葉でも、受け取る人によって、対応は違うかもしれない。人とつき合うってことは、相手の個性を知った対応をするコミュニケートの繰り返し、ってことなのかもしれないな。

[]中国の現状

バイオホラーなレトロ中国/EP : end-point  科学に佇む心と体

 これだけで「ふむふむ」と思うのも、危険かもしれないが、過去、自分が聞いた言葉になんか納得。

  • 生まれた子どもダウン症であったと言ったときに、ある中国人に言われた言葉。「殺さないで育てようとするあなたは偉い」
  • 「親支援」の中で、中国残留孤児の三世として帰国していた人から聞いた言葉。「日本で生まないで中国で生めばよかった、中国だったらすぐに殺してくれたのに」

 先天障害の抹殺が当たり前になる社会は、中途障害を受けとめない社会になると思うんですけどね。まあ、多すぎる国民を養い続けなければならない共産主義の宿命か。

[]土曜日は授業参観

 息子の通う小学校で土曜日に授業参観がありまして。まあ、父親のために(多分)設定した行事のはずなのだが、母親のみの家庭が多かった。5時限全てが参観対象で「来たいときに来る」のではあるのだけれど、「誰が来ていなくても、自分の親が来ていてくれなければ絶対イヤ」の息子。これはもちろん、「姉との公平主義」から来てる「障害児のきょうだい児の心理」なので、とにかくその期待には応えてやろうとするウチは、一日通しでいたぜ。

 まず父親が一時限で参観、わたしが二時限目に交替。娘はこの日、障害児余暇支援事業参加で父親が送り、その後彼は所用を済ませ、学校に戻る段取り。

 不届きなわたしは、参加している数少ない父親を「参観」。かっこいい人もいたが、色褪せたポロシャツの襟を無理やり立てている人はいただけない。30代や40代に、この「色褪せたポロシャツの襟を無理やり立てている人」って多いのよね、自分の20代のセンスを褪せた日常と共に引きずってる感じがするんですけど、わたしは、と、乱暴に思う。

 きれいに髪の毛が無くなった頭で、きらっと光るメガネをかけた、ちょっと強面のオヤジが、綿のセーターをかついで結ぶ。これはこれでかっこいいと思ったのだが、それを友人にささやくと「スーパーのチラシのシニアモデル的」とのたまう。おお、そうか、そういうものか。

 そこに夫、登場。わたし満面の笑みで喜ぶ。人んちのダンナの品定めは、要するに「淋しかった」と自覚。自分の男連れてきてる他人眺めながら、わたし、多分、淋しかったの。息子を満足させる「目的」は、そっちのけか。

 隣にいたこの友人、突然のわたしの「幼児化」にちょっと驚きつつ、「ダンナさん、かっこいいじゃないですか」と。「あったりまえじゃん」と大威張り。いや、客観的に見てなんてどうだっていい、とにかくわたしは淋しかったのだ、他人の男を眺めつつ。んで給食の時間に2人で退座し、近くのイタリアレストランにデートにいきました。