Hatena::ブログ(Diary)

S/N Ratio (by SATO Naoki) このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

About S/N Ratio
日本オラクル テクノロジー・エバンジェリスト さとうなおきのブログ。OracleのJava製品や関連テクノロジーの話題など……
 | 

2005/11/01

satonaoki2005-11-01

Oracle Database XEの主な特徴と制限事項

昨日に続き、XEの話題です。

米国のOTNに、XEのトップ・ページが出来ています。機能紹介した、マニュアル、チュートリアル、ソフトウェア・ダウンロードに加え、FAQとデータ・シートも公開されているので、興味のある方はお読みください。

FAQやマニュアルなどから、XEの主な特徴と制限事項を挙げておきます。

  • ダウンロード、開発とデプロイ、(ISVなどによる) 配布のすべてが「無償」
  • Oracle Database 10gのEE、SE、SE Oneと同じコード・ベースを使用
  • ターゲット:
    • 開発者 (Java/J2EE、.NET、PHP)
    • DBA
    • ISV
    • 教育機関と学生
  • プログラミング・インタフェース:
  • 制限事項
    • ユーザ・データは4GBまで
    • XEのDBインスタンスは、1サーバ上で1つまで
    • (マルチCPUサーバでも) Oracle DBプロセスが1CPUしか使わない
    • Oracle DBプロセスが使えるメモリは1GBまで
  • プラットフォーム:
    • 32ビット Linux
    • 32ビット Windows

XEがサポートする機能一覧は、ここに出ています:

  • Oracle Database XE Installation Guide > Features Listing

EEやSE、SE Oneと比べて、何がサポートされなくなっているか明確に分かる資料は、今のところないようです。RAC (Real Application Clusters)、パーテイショニング、Data Guardといった、ミッション・クリティカルなシステムに求められる機能や、XML DBなど先進的なテクノロジをサポートした機能は、XEではサポートされていないようですね。

とはいえ、「基本的」なリレーショナル・データベース機能を使いたいだけなら、十分な機能があると思います。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

 | 
The opinion expressed in this blog is my personal one
and does not necessarily represent the official opinion
of Oracle Corporation and Oracle Corporation Japan.

Copyright (c) 2004-2010 SATO Naoki (佐藤直生 / さとうなおき).
All Rights Reserved.

カレンダー
<< 2005/11 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30