Hatena::ブログ(Diary)

satoru.netの自由帳 このページをアンテナに追加 RSSフィード

160525Wedday

mecab install

mecab install centos

yum -y install gcc-c++

cd /usr/local/src/
wget http://mecab.googlecode.com/files/mecab-0.996.tar.gz
tar xzvfp mecab-0.996.tar.gz 
cd mecab-0.996/
./configure
make ; make install

cd /usr/local/src/
wget http://mecab.googlecode.com/files/mecab-ipadic-2.7.0-20070801.tar.gz 
tar xvf mecab-ipadic-2.7.0-20070801.tar.gz 
cd mecab-ipadic-2.7.0-20070801/
./configure --with-charset=utf8
make ; make install

echo 'export LD_LIBRARY_PATH="/usr/local/lib:$LD_LIBRARY_PATH"' >> ~/.bashrc
source ~/.bashrc
cpan Text::MeCab

>pathはそのまま
>[utf-8]を指定する

110224Thuday

Twitterつぶやきカウンター for chrome』公開したよ

いまみてるページのTweet数がリアルタイムに表示されるchrome用の拡張機能つくってみたよ


Twitterつぶやきカウンター for chrome


chrome版。

f:id:satoru_net:20110224213459p:image

こんなかんじで、ページを開くたびにTweet数が表示されるよ。

f:id:satoru_net:20110224213710p:image

タブをクリックすると、見ているページのURL

[Twitterで検索する]、[Tweeterで発言する]かを選択できるよ。

f:id:satoru_net:20110224214052p:image

つぶやいた場合、自動的に事前にbit.lyURLで短縮してくれる便利だよー!

chromeユザーはインストールしてみてねえ。

さっそく使ってみる人は↓からインストール

100627Sunday

openpne 高速化

openpneインストール後にいろいろ高速化するメモ。

特にopenpneはライブラリが多い関係かphp-eacceleratorは入ってないと、重いので設定必須。


1 php高速化

yum install php-eaccelerator

/etc/php.d/eaccelerator.ini

;eaccelerator.shm_size = 0
eaccelerator.shm_size = 32

shmを有効にして、Apache再起動で反映

2 apacheの設定 画像に有効期限

画像をキャッシングさせ、呼び出し回数を減らす。

設定ファイルは標準であれば /etc/httpd/conf/httpd.confに追記するか、

/etc/httpd/conf.d/内に新規にimage_cache.confファイルを作る

<Location / >
    ExpiresActive On
    ExpiresByType text/css "access plus 5 day"
    ExpiresByType application/x-javascript "access plus 5 days"
    ExpiresByType application/javascript "access plus 5 days"
    ExpiresByType text/javascript "access plus 5 days"
    ExpiresByType text/plain "access plus 5 days"
    ExpiresByType image/gif "access plus 5 days"
    ExpiresByType image/jpeg "access plus 5 days"
    ExpiresByType image/jpg "access plus 5 days"
    ExpiresByType image/png "access plus 5 days"
    ExpiresByType image/ico "access plus 5 days"
    ExpiresByType image/icon "access plus 5 days"
    ExpiresByType text/ico "access plus 5 days"
    ExpiresByType application/ico "access plus 5 days"
    ExpiresByType image/x-icon "access plus 5 days"
</Location>

設定後、Apache再起動

3 gzip圧縮

http://www.gidnetwork.com/tools/gzip-test.php

ここにサイト名をいれてチェック。

Web page compressed? No

の場合、高速化する可能性あり。

転送量を減らし、転送負荷を減らす。

標準であれば /etc/httpd/conf/httpd.confに追記するか、

/etc/httpd/conf.d/内に新規にgzip.confのようなファイルを作る

SetOutputFilter DEFLATE
DeflateCompressionLevel 5
<Location />
SetOutputFilter DEFLATE
BrowserMatch ^Mozilla/4\.0[678] no-gzip
BrowserMatch \bMSI[E] !no-gzip !gzip-only-text/html
SetEnvIfNoCase Request_URI \.(?:gif|jpe?g|png)$ no-gzip dont-vary
</Location>

設定後、Apache再起動後、再度チェック

Web page compressed? Yesになっていればおk

4 memcached導入

cd /usr/local/src
wget http://dag.wieers.com/rpm/packages/rpmforge-release/rpmforge-release-0.3.6-1.el5.rf.i386.rpm
rpm -Uhv rpmforge-release-0.3.6-1.el5.rf.i386.rpm

yum install gcc
yum install memcached
yum install zlib-devel
yum install php-pecl-memcache

で、openpneのconfig内でmemcached周りを有効にする。

080908Monday

linuxでred5のプロセスを自動復帰させる方法

Flash Media Server、RED5。

最近つくったサービスeピアノこっくりさんマウスバトラーは全部、このred5で動かしてます。

ちなみに、OSはLinux互換のCentOSさばー。

ただなんか、ふと気付くと死んでるred5サーバ。軽く2−3日に1回はいつの間にか死んでる気がするw

そこでプロセスを自動復帰させるための方法をメモメモ。

ちなみに、daemontoolsって、動作するシステムの要件に

「daemontools は UNIXでだけ動作します」とかゲンナリな事書いてるから、linuxで動かないのかなー。

とか思ってたけど、普通にCentOS linuxサバーでも動いたので手順を書いておくお。( ^ω^ )ニコニコ

daemontoolsのいんすこ

◆1:wget

wget http://tools.qmail.jp/daemontools/daemontools-0.76.tar.gz

◆2:解凍

tar zxvf daemontools-0.76.tar.gz

◆3:修正

cd admin/daemontools-0.76/

vi src/conf-cc

「--include /usr/include/errno.h」を追記。

これで、linuxでもエラーが出ずにインストールできるようになった。

gcc -O2 -Wimplicit -Wunused -Wcomment -Wchar-subscripts -Wuninitialized -Wshadow -Wcast-qual -Wcast-align -Wwrite-strings --include /usr/include/errno.h

◆4:インストール開始

# ./package/install

んで、インストールは完了

◆(4.5:エラー出た場合。gccを入れる)

まっさらなサーバでgccがない場合は、

./compile: line 3: exec: GCC: not found

って怒られる。

yum install gcc

で入れて、再トライ。

サービスの登録

サービスの登録をする前に、red5プロセスが既に立ち上がってる場合は落とすのを忘れずに。

◆1:ディレクトリ作成

mkdir /service/red5/

◆2:起動sh設置

vi /service/red5/run

#!/bin/sh

cd /opt/red5 ; exec /opt/red5/red5.sh

cd /opt/red5/に移動しないと、ライブラリの関係か起動できない。

◆3:権限設定

chmod +x run

◆4:確認

ps -aux | grep red5

で、supervise red5と、red5のプロセスが上がってる事を確認して、終了。

◆(5:停止&再起動)

何らか問題あった場合は、下記コマンドで停止&起動

停止:

svc -d /service/red5/

起動:

svc -u /service/red5/

これで、安心。

永遠に落ちないred5サーバの出来上がり。

©satoru.net
Mail Twitter