Hatena::ブログ(Diary)

Diary of strysd

2012-02-17

devsumi 2012 で「いまどきのi18nのはなし」を聞いて、CLDR を紹介しようと思う

今年の devsumi は、1日目の午後のセッションをいくつかと、2日目の1コマ目のセッションを1つ聞きました。

各セッションの詳しい内容は、他の方のブログを見ていただくとして、私は「いまどきのi18nのはなし」(藤本真樹氏)について取り上げてみます。

disったりするわけじゃないので安心して読んでねw

さて、まずこのセッションを選択した背景として、私が英語の某ソフトウェアを日本語にローカライズする仕事をしていることがあります。

「いまどきの」方法が紹介されるならぜひ自分の仕事にも取り入れたいですよねってことで食らいつきました(笑。

ここで、l10n(地域化、ローカリゼーション)の話じゃないじゃん?と思った方のために説明。

ローカライズしにくくて困った箇所をフィードバックする際に、要望する相手はi18n の担当者なワケです。ということは相手が知っている「はず」のi18nについてこちらも知っておくと相手にもわかりやすく伝えることができ、話がスムーズになります。

ちなみにセッションの中で出てきた、通貨だとか日付だとか、宗教だとか複数形だとかいろいろな問題はさておき、私がローカライズする場合に一番難儀するのは、メッセージの中に複数個の可変部分がある場合です。

量が圧倒的に多いので、「可変部分が複数ある場合は、全部同じ名前(例えば %s )で書くんじゃなくて、それぞれ識別できる名前をつけようね」と全世界の人が前提としてくれるだけでだいぶ楽になります。

「Loading %s of %s at %s」なんてでてきたらどうしましょ、って感じですw

ところでセッションの中で CLDR について知っていますか?という問いに手をあげた人はあのでかいA会場の中で最後列に座っていた私だけだったかも(@_@)

あまりにも知られていないことに衝撃を受けたので、少し紹介します

(といいつつ、このブログ自体あまり見る人がいないwので効果は不明)

CLDR の正式名称は Unicode Common Locale Data で、世界中のいろいろな言語に対して日付の仕組みなどなど、i18nとl10nで使いそうな共通のデータを提供することを目的にしています。詳しくは http://cldr.unicode.org/ の説明をみてください。

さて、CLDR のライブラリーは、実は Zend Framework にも同梱されていて、Locale が絡む機能の裏で実は使われています。ホント?と思ったら、Zend Framework minimal package をダウンロードして解凍してみてください。

library\Zend\Locale\Data の下に XML ファイルがどっさりあるのがお分かりになるでしょうか。

ちなみにこの中の be.xml を開いて、カレンダーの月名の1文字略称のあたりを表示させてみた例です。

f:id:satoruyoshida:20120217232653p:image

これはベラルーシ語(ソビエト連邦の時は白ロシア(ベロルシア)語といいました)のデータですが、カレンダーを表示させるために、いちいち各言語の月の略称を調べたくはないですよね?

このほか、国名、地域名、各種の文字の名前、いろいろな暦の名前、日付形式、引用符の種類、月名、曜日名、各時間帯の代表都市の名前、Yes/No に当たる言葉、などなどがあります。

いくつか実例をあげて見ましょう。

「ニュージーランド」はべラルーシ語では「Новая Зеландыя」(Novaya Zelandiyaと読みます)

「8月」はカザフ語では「тамыз」(tamizと読みます)

「韓国のウォン」はラトビア語では「won sud-coreean」

複数形は「woni sud-coreeni」だということが分かります。

このように、いろいろな言語に対応させたいんだけれど、それって辞書をあちこち調べなきゃいけないの〜?という場合には役立つかもなデータが一杯ありますので、ぜひ見てみてください。

ちなみに同様の目的のライブラリーとして ICU (International Components for Unicode) というものもあります。なんとなく藤本氏はこちらを推されている感じでしたね。こちらについて詳しくは http://site.icu-project.org/ をご覧ください。両方調べてみて自分が好きになったほうを使ってみてください。

それでは、みなさまの i18n ライフが素敵なものになりますように!(笑

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/satoruyoshida/20120217/1329490478