軍事評論家=佐藤守のブログ日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

■軍事を語らずして、日本を語るなかれ!!■

2005-06-22 無知な選良?達の『負の遺産』を見直そう.

無知な選良?達の『負の遺産』を見直そう.

旧日本軍が,大陸に『遺棄』したとされる化学兵器処理問題で,中国が法外な要求をしてきた.

当時の愚かな首相が『請け負った』以上,約束を守る事に吝かではないが,この問題には些か『胡散臭い』陰が付きまとっているから見直すべきではないか?.

まず第1に日本軍が勝手に『遺棄したもの』と言うよりも『敗戦』のため,『武装解除』されて,国民党軍に「没収」されたもので、彼らにとっては『軍事的戦利品』だったのである.処分するのなら彼らに責任がある.

第2に、それが年代を経て腐食し危険になったから,というので、日本軍のものよりソ連製など他国製が多いにもかかわらず,それらをひとまとめにして『旧日本軍の化学兵器』という事にして、金持ちで卑屈な我国に処分させようとしたものだ.ところが当時の首相はじめ関係者が過去の経緯に『無知』だったため,意外に簡単に約束し莫大な税金を投入してくれることになったのだから,中国側としては万万歳だった.

第3に,数の問題である.7年前,我々が北京を訪れ,いわゆる『虐殺記念館』で幹部達と会合した際,彼らから一方的にこの問題を提起された.いわく『200万発の遺棄化学兵器を,処分すると約束したのに,日本政府は約束を守らない』.

そこで我々が反論すると,彼らは居丈高になって『再反論』したが,彼らも詳しいいきさつは当然知らないから,根拠が薄いものであった.そしてやけに『200万発』と連呼するので,メンバーの一人が冷静に根拠を示して『説得』した.O氏は、私が外務省国連局に出向していた時,ジュネーブの軍縮委員会で日本側専門家として活躍していたし,事実その時も外務省参与で,この問題の専門家だったから,大した知識も『教養』も無く,ただ居丈高に威圧するだけの中国側幹部はたじろいだ.しかし最後まで『200万発だ』といって譲らなかったので,ついにO氏は鞄から文書を取り出して『誰も確認していないのだから数字自体が問題だが、一応70万発が公式な数字だ』と言い返した.すると彼らはいきり立って『200万発が正式な数だ』と大声で威圧した。

そこでO氏は落ち着いて『これは国連の正式ペーパーで,70万発と言っているのは貴国の代表だ』と文書を示した.文書に目を通した彼らは,さすがに困っていたが,やがて『数の問題はともかく…』と歯切れ悪く切り出した.

私はすかざず『では南京虐殺30万人…の数も”ともかく”か?』といったが通訳されなかった.

事ほど左様にあの国の外交は『無知に基づく威圧と傲慢』で貫かれている.この問題は,こんな約束をした当時の首相が『一括して支払うべき』で、税金を使うべきではない.

実はこの問題には裏がある.

その昔,北海道の屈斜路湖で,旧日本軍の化学砲弾30発が発見され,国内の某社が処分したのだが,初めての事でもあり,砲弾一発あたり約2000万円(当時)というかなりの費用がかかった.

これを知った中国は,旧満州地区に保有していた化学兵器類を,日本側に難癖をつけて処分させて一儲けする事を思いついた.2000万円X200万発の『ぼろ儲け』という次第.

中国側のある人間が私に『将軍,処分したことにして埋めてしまい,金だけくれれば良いのよ』とウインクした.『あそこは万里の長城の外、漢民族よりも朝鮮族の地よ!』といい,『人民の被害なんて誰も気にしていない.被害者全部に保障していたら大変よ!』.

今,大陸では『コピー商品』による被害が相次ぎ,ついに欧米諸国までが対策に乗り出した.しかし「コピー商品撲滅運動」をいくらやっても出まわる.何故か? それは徹底的な取締りをしたら,取締官が『リストラされる』ことになるのだから、係官は絶対に真剣に取り締まらないのである.『知的財産権』など,知的でない民族には理解を超える「権利」であろう.

化学兵器処理も大同小異、彼らには『人権』や『人道的配慮』など無関係なのである.

今朝の産経トップで『1兆円超要求』とあるが,彼らとしてはこれは当初から『想定内』の事で,『馬鹿な日本人が苦しむだけよ』と高笑いしているに違いない.

しかし本当の『ワル』は,日本人?の癖に日本人を苦しめる連中である.これら『本当の戦犯』達も,国内のどこかで我々の事を『御し易い馬鹿な納税者だ』と高笑いしているに違いない.だとしたらこのような『選良達』は『絶対に許してはならない』と思う.

毒蛇蟲太郎毒蛇蟲太郎 2005/06/22 11:26 コメントが隠れるようにしてみました。

TORTOR 2005/06/22 15:04 当方30代の会社員です。
貴Blogをいつも興味深く読んでおります。
しかし、あまりここを知る人がいないようですね。
そこで提案なのですが「人気Blogランキング」に
登録されてはいかがでしょう?
貴Blogで主張されておられる事柄は広く世間に知らされる
べき内容だと当方は愚考します。
ランキングに登録されれば、こちらを知る人は確実に
増えると思いますが
どうか、ご検討ください

良識ある右翼良識ある右翼 2005/06/22 18:14 brog ranking投票アイコンをこのページに追加お願いします。もっと大勢の人に見ていただきたい良いブログなのに惜しいです。

TORTOR 2005/06/22 22:26 良識以前に右翼ではなく保守だと受け取っておりますが。
さて、人気Blogアンケート一覧はこちらです
http://blog.with2.net/category.php

一言一言 2005/06/24 10:04 最新エントリーの記事にコメントが書き込めないので、こちらに書き込みます。

サマワの『爆発』、何となく『臭い!』 の

得意げにこれから起きる事について『メール』を発信
これは、揚げ足を取られます。削除されるか、余程確信的根拠が必要です。
奇妙な3人組には、大変な人数の支持者が居るので、ご注意下さい。特にネットなどは。
上記の部分の前後の文章は、隙が多いように感じましたので、その辺などもご注意下さい。決して、佐藤先生に反感を持つがゆえに言っているわけではございません。h

花風病夫花風病夫 2005/06/25 18:46 初めてお便りいたします。
この中共のやり口は、最近被害が広がっている「振り込め詐欺」そのものですね。
佐藤さんのブログ、楽しみにしております。よろしくお願いします。

OKDYOKDY 2005/06/26 00:18 北京に訪れた際の体験談は、蚊帳の外の一般人では
なかなか耳に(目に)できない非常に貴重な話でした。
さまざまな場面で中国人が信用できない民族で
あることを見聞きしますが、実体験による話が
特に貴重に感じます。
先日タウンゼントの「暗黒大陸中国の真実」を読みましたが、
その思いをますます強くしました。

郷田 豊郷田 豊 2006/12/10 21:28 稲田朋美弁護士に関する「懲戒審査」に関して、ご意見・ご見解をお聞きします。
       
英霊にこたえる会中央本部運営員委員 郷田豊氏と、最近話題の「日比谷公会堂における皇室に対する不敬事件」を摘発した本間尚代氏は、衆議院議員・弁護士 稲田朋美氏の「弁護士法第一条違反」を問題として、去る11月21日(火)、大阪弁護士会の「綱紀小委員会」において、「懲戒委員会」に付託するよう請求しました。
この弁護士法第一条違反は、「英霊とご遺族に対する許しがたい冒涜」ですが、ご遺族は<胸の裂けるような悲しみに打ちひしがれながら>も、お世話になっている弁護士さんだからということで、じっと耐え忍んでおられますので、約2ケ月間、じっくり検討して「英霊にこたえる会」の立場で取り上げられたものです。

この懲戒請求につきましては、皆様には重々内容を吟味いただき、忌憚のないご意見・ご見解を頂戴したく存じます。結果はなんらかのかたちで、公表いたします。
<12月20日頃までに希望>

経緯
稲田弁護士は、「百人斬り裁判」の主任弁護士を務め、遺族の名誉回復のため司法の任に当たってこられましたが、結果は敗訴、目下最高裁への上告手続きをとり、引き続き裁判に関わる立場におります。当然ながら、稲田氏は徹底して、ご遺族の立場と名誉回復のため、心を共にする使命と役割があります。

稲田氏は、雑誌『WILL』の今年6月号と8月号に百人斬り裁判の経過報告を寄稿しました。問題は8月号に、<靖国神社に祀られている向井少尉と野田少尉の南京における刑後の写真・・処刑直後、仰向けに倒れている無残な写真、とりまく中国人が拍手している写真・・が載っていたのです>。
かも、この写真は「ご遺族の了解なし」に掲載されました。

驚くべきことは、その後に九段会館で行われた「支援する会の決起大会」(18.10.13)で配布されたチラシ「すべての戦没者に捧げる」(18.10.13)にも、見出しとは裏腹に「処刑後の写真」が掲載されていたのです。稲田氏が知らないままだったとしても、これは支援委員会も含めて、あまりにも「英霊とご遺族に対する配慮」が欠けている行為ではないでしょうか。

もしも皆さまがご遺族だとしたら、どう思われますか。
戦意高揚のための作り話により、約60年近くも辛酸を舐め尽くし、ご苦労されてきたご遺族になったつもりで、ご判断ください。
このような写真の公表は、英霊とご遺族に対する冒涜であり、殊に誰よりも人権を尊重すべき弁護士としてはもとより、日本人として許されるものではありません。
「処刑後の写真の公表は、国際的にも異例」であり、「弁護司法第一条違反」なのです。
それ以上に、一人の日本人、一人の人間として、条理も何もない「心ない」行為と言えます。

郷田氏による稲田氏との確認によっても、稲田氏は、明らかに罪を自覚しているに関わらず、「不快を感じているどころか、激しい怒りをじっとこらえているご遺族や、多くのWILL読者」に、未だに一言のお詫びすらありません。しかも、8月下旬以降は、「責任転嫁を画策」しているのです。(ウェブサイトや一部の本に出ているからと姑息な言い訳をしています。写真掲載の一切の責任はWILL編集長にありとしています。これは、政治家、弁護士としてはもとより、一日本人としても、卑劣な行為ではないでしょうか)
ご本人が、ゲラの段階で見たとき<英霊とご遺族に対する冒涜には思い至らなかった>と言われたのですから、実害の責任は明白です。英霊やご遺族の尊厳を守ることについては、後ろ指一本指されないのが弁護士ではないでしょうか。
問題は、稲田弁護士が
「すぐ謝罪すればよかったものを、なぜ率直に謝罪しないのでしょうか?」
の一点に尽きます。

郷田氏が懲戒請求した第一の理由は、ここにありました。

さらに付け加えますと、
・稲田氏が、<二足の草鞋>を踏み違えて、「マスコミ・世論・政治によって、来るべき最高裁判決に影響を与える」と6月から公言し始め、国会請願のための10万人署名運動をしている。つまり、稲田弁護士は公然と「三権分立」を否定しています。
この運動の「実行委員会」の会議室使用も稲田議員名ですが、<弁護士法を気にしたのか>9月になると「伝統と創造の会事務局長・赤池衆議院議員」は、「稲田先生は弁護士ということで表立った活動ができないので、国会請願の件では自分が動き回っている」と「第三回実行委員会」で話しています。
このような活動についても、ご遺族の了解は得ておりません。
この政治家と弁護士活動を混同している「ケジメの無さ」が、今回の「英霊、ご遺族の心をも踏みにじる結果」につながるのでしょう。
国会議員としても、弁護士としても軽率の謗りは免れませんし、ご遺族は置き去りにされて不安は募るばかりです。
・稲田朋美氏の伴侶・代理人稲田龍二弁護士は、11月21日(火)、主任主査斉藤弁護士を含む3名の綱紀委員弁護士の前に代理人として出席し、畠奈津子著のマンガ『百人斬り報道を斬る』(2004.9.25 日新報道)に載っている銃殺後のマンガをタテにとって、「郷田氏は後書きでこのマンガを推薦しているのに、WILLが悪いのはどういうわけか」と言い放ったそうです。
稲田龍二弁護士はマンガと写真との重さの違い、またマンガ家と弁護士との人権に関わる重さの違いを全く認識しないまま、稚拙な暴論を郷田氏に吐いたとしか判断できません。
・稲田氏は衆議院議員40名で構成する「伝統と創造の会」の会長でもあります。
「英霊とご遺族に対する冒涜」と「三権分立の否定」という、度重なる重大な弁護士法第一条違反の言行は、「伝統と創造の会」という名にそぐわないのではありませんか。
・このような背景があるにも関わらず、支援する会(代表 阿羅健一氏)は、なんと政界随一の高潔の士・平沼赳夫衆議院議員に、議員連盟の会長就任を要請したというのですから、全く本末転倒も甚だしいと言わざるを得ません。失礼というものではないでしょうか。

今後の予定
‖膾緤杆郢硫顱峭傍小委員会」への稲田朋美弁護士の出頭・審査・・12月13日(水)
大阪弁護士会「綱紀委員会部会」への「綱紀小委員会報告」と「懲戒委員会への付託についての綱紀委員会の結論」の最終審議・・・・・平成19年1月中・下旬頃

以上、縷々書かせていただきましたが、最高裁での勝訴を願う立場は、郷田氏も含め、懲戒請求者34名も、いささかも揺るぐものではないことをお伝えいたします。
                                      敬具
<●連絡先> 郷田豊氏
電話ファックス 0424−40−3552
Eメールアドレス y-goda@ja2.so-net.ne.jp



                    マスコミの報道を正す会
                       電 話  03−3271−0262
                      ファックス 03−3271−0262

河村一朗河村一朗 2007/02/23 15:43 この遺棄毒ガス弾の処理の仕事の話を私も受けたことがあります。国内ではビック・プロジェクトとして歓迎している企業も多数あります。
一種の公共事業的側面があり、日本人がシナ人に入れ知恵しているようにも思います。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証



ページビュー
31335226