軍事評論家=佐藤守のブログ日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

■軍事を語らずして、日本を語るなかれ!!■

2006-08-31 砂上の楼閣?だった防衛力

砂上の楼閣だった?防衛力

連日の真摯なコメントに、まず感謝したい。ご提示いただいた書籍など、大いに参考になる。

ところで今日の産経新聞の「連載」もさることながら、「正論欄」の森本論文をお読みになった読者は何をお感じになっただろうか?

森本氏は、防大9期生、7期生である私の2期後輩だが、幹部学校指揮幕僚課程時代は「同期生」だった。卒業後私は直ちに「外務省」に出向させられ「軍縮問題」に取り組まされたが、一年後、彼は北米局安保課に出向してきたから、外務省でも「同期生」だったことになる。その後彼は外務省に移籍し、現在の「安全保障問題」に取り組むことになり、今や第一人者として気を吐いているが、その彼でさえも、現在の日本の防衛は、「全く未完成だ」と今日の正論で明言しているのである。

国民の皆さんは、よくもこの60年間、わが国が「侵略されなかったものだ」と胸をなでおろされたに違いないが、それはそんな≪いい加減な状態下にあることを百も承知で≫黙々と、やらねばならない任務に没頭してきた自衛官たちがいたからである。

勿論、同盟国である米軍の存在はきわめて大きかった。ある意味で、日米関係の底辺は「制服同士の信頼感」で保たれていたといっても過言ではあるまい。その間、日が当たらないままに何人の同志が殉職していったことか!いや、日が当たることを望んでいたわけでは決してない。誰が何といおうとこの国を守る、それだけの気持ちで、黙々と与えられた「粗末な?」武器を大事にしつつ、訓練していたのである。

三沢時代、米軍の高官が私に「自衛隊は極めて精強だが、同時に世界で一番気の毒な軍隊だ」といったことがある。ある大佐は「いつまで占領憲法に縛られているのだ?あの憲法は占領下の縛りに過ぎないのに」といったから、私は「日本人はマッカーサー元帥を尊敬していたから、彼がくれた憲法を大事にしているのだ!」と混ぜ返したのだが、同席していた夫人たちは笑うどころか“軽蔑した表情”をしたことがあった。

防大時代、私の大隊の指導教官は、桑江良逢2佐(後の沖縄第一混成団長)であった。

メレヨン島で飢餓と戦い、復員後すぐに、沖縄名物の味噌を塗った握り飯を持って、全国の失った部下たちの家庭を廻って「供養と状況報告」をされた方である。有言実行型の指導者で、私は心から尊敬していた。

学生時代のある日、大江健三郎から「同世代の恥辱」とまで言われた我々防大生や、憲法違反といわれ続けている自衛隊の不遇さに不満を述べたとき、「佐藤、振り子は必ず元に戻る。今は左に大きくふれているだけだが、日本人は必ず目覚めるときが来る。振り子はまた右に戻ってくるだろう。昔は軍人でなければ人でないかのような風潮があった。女性たちも軍人の妻にあこがれた。そこでだ、佐藤!将来、自衛官以外は人でない!自衛官の妻にしかならない!という風潮を再現してはならないのだ。戻ってきた振り子を再び大きく右に振り切らせるようなことがあってはならないのだ。振り子を中央でとどめることが貴様らの任務なのだ。そのためには耐え忍ぶ勇気を養わねばならぬ。

国民はいずれ分かってくれる。分かってくれないからといって、自暴自棄になるのは未熟者だ」

私はこの言葉を片時も忘れたことはない。しかし、それにしても今までの「自衛・防衛」に対する一部国民、マスコミ、政治家たちの対応はアンフェアーだったと思う。

その結果が、森本論文にあるような、軍事的未整備状態、つまり砂上の楼閣が継続して、100人を越える国民が国内からいともやすやすと「拉致」されても、不審船が跋扈していても、竹島を占領されも、北方領土で漁民たちが、日本人としての誇りを捨ててまでも「漁業」を継続せざるを得ない環境下にあってもこれを放置するという、理不尽さを許容してきたように思う。その結果、子供たちが親を殺し、親が子を殺し、モラル上も理不尽なことがまかり通る国になることを「放置」してきたように思う。

つまり、戦後のわが国は「法治国家」ならぬ「放置国家」だったのである。森本氏が書いたように、防衛に関するだけでもこの有様であったが、教育も、治安も、実は防衛以上に「放置」され続けてきたのではなかったか?

最近の国内ニュースを見るだけでも、これ以上「放置すること」は絶対に許されない時点に来ているように思う。

政界は、次期総裁選で持ちきりだが、その間にも国民の目の届かないところで、金属疲労は進行している。今年はその意味で、防衛の不備にとどまらず、戦後日本が立ち直るのか否かの、大きなポイントになるような気がしてならない。

まさのりまさのり 2006/08/31 12:02 小生が転勤で北海道名寄市に勤務していた時、イラクへの第一次派遣があり、零下20度の青空の下、番匠一佐以下約200名の第三普通化連隊の出発を見送り、その5ヵ月後30度の猛暑の中を涙で出迎えた経験があります。そのときの自衛隊員の使命感に燃えた表情を今でも忘れることは出来ません。戦後初めて、日本の代表である自衛隊として海外へ堂々と渡った記念すべき行事だったからです。いろんな隊員と帰還後話していると、本当にたくましさを感じました。それを報道はほとんどせず、マイナス面しか国民に伝えないことから小生のマスコミ不信が始まりました。自衛隊の皆さん、私のようなサイレントマジョリティーが日本にはいることを忘れないで頑張って欲しいと思いました。

ikimonoikimono 2006/08/31 12:12 最近ではサムライが流行のようですが、自衛官も軍人も侍も、自己の命を顧みず他者を護る精神は同じはず。にもかかわらず、一方は持てはやされ、もう一方は毛嫌いされている現状。
他の為に尽くす集団に敬意を表さない社会では、ブログに書かれているような惨状もまた、当然の結果なのかもしれません。
私は陸自での経験があるのですが、演習等参加していても”専守防衛”の我が国で、陸自が活躍する局面ではすでに日本は負け戦だろうなぁと少々複雑でした。
篭城には援軍が来なければ負けは必至です。
その意味でもアメリカとの同盟は大切だと思います。
戦前・戦中派の人間が退き、戦後生まれが社会の頂点に立てばモラルの崩壊が起こり混乱が生まれるだろうと、2、3十年前に予想されていましたが・・・残念ながら的中してしまったようですね。
戦前には有り、戦後には無いモノ(その逆も)を探り特定することで、日本再生の鍵が見つかるかもしれません。

とおるとおる 2006/08/31 15:04 自衛隊の置かれた立場は、非常に残念ですが、よく今まで頑張って来られたと思います。
それ以上に心配なのが、原子力発電所の破壊活動に対する防御です。
隣の国から、漁船を装って近づき、携帯ロケット(ミサイル?)で原子力発電所を攻撃したり、水の取り込み施設や制御系に一度に攻撃をした場合は、安全なのでしょうか?
30Kmほどの距離に原発がありますが、地方自治体が、その対策をしているとは思えません。

JGSDFJGSDF 2006/08/31 15:33 『「粗末な?」武器を大事にしつつ、訓練していたのである。』ですが実感が湧きます。米軍のM16小銃を持った時64式に比べて軽く単純頑丈なのことに驚きました。動作の確実性や疲労の面で隔絶性を感じ、「一体この差はなんだろう?」とぼやいたものです。
桑江良逢2佐の言葉は素晴らしいです。実戦を経験された方の深い洞察と真の愛国心、「耐え忍ぶ勇気」という言葉には感動いたしました。

河村一朗河村一朗 2006/08/31 15:57 妾の子のような扱いを受けながら、自衛官はよく頑張ってくれていると感謝致します。小生などなら、すぐに腹を立て、自衛官をやめてしまうでしょう。法的制約はよく分かっておりますが、孫子「己を知り、敵を知らずんば、君、百戦危うからずや。」、ナポレオン・ボナパルト「攻撃こそ最大の防御なり。」を信奉しております小生の意見です。
昨年度の百里基地での航空観閲式時、F15Jの前に立っていた航空自衛官に「陸上情報収集機付きF15Jとしてストライク・イーグルを2−3機でも買い、運用の準備をすればよい。」と申しましたら、苦笑いをされておりました。高いイーグル戦闘爆撃機を購入しながら、ストライク・イーグル仕様でないなど、国民の税金の非効率使用であります。横須賀で護衛艦の体験航海に乗艦して来ました。対空中距離ミサイルの装備は評価いたしますが、対地攻撃力がなく、海戦の後、敵は艦を休める港が無傷で、海上自衛隊の艦は帰る港が無くなっているという状況を思い浮かべました。トマホークぐらい載せておけと言いたいところです。
(自衛官を責めるつもりはまったくありません。)。富士総合火力演習をこの8月に見学して来ました。イスラエルのレバノン侵攻で威力は発揮した無人機の導入がなされておらず、長距離砲の弾丸も旧式にて、羽が出て来て、レーザー反射光を追尾する新式に早く変えるべきでしょう。90式戦車の制御をWindows95で行っているとの噂があり、バグが出ればリセット・ボタンを押さなくてはならないと聞いております。本当なら、改善されていることを望みます。硬い弾にはタングステン鋼を使用しておりますが、タングステンの資源はシナに依存しており、弾不足を起こさないためには、評判は悪いですが、劣化ウラン弾もやはり必要でしょう。井上孝司著の「戦うコンピューター」の本を読みますと、日米安保の下で、データーマイニング等の統合化を進めてほしいところです。

中島中島 2006/08/31 16:06 感動しました。自衛官の方にこれだけの認識があれば過去の過ちは繰り返さないでしょう。

くーくー 2006/08/31 16:16 「戻ってきた振り子を再び大きく右に振り切らせるようなことがあってはならないのだ。」
今までの不遇な状況に悲観することなく将来を見通すこの発言に敬意を払います。私達も、現状を改善しつつ、行き過ぎを注意深く留める努力が必要だと感じました。

天邪鬼天邪鬼 2006/08/31 20:31 売国奴政治家、経済人、知識人やマスゴミ等、その影響力を行使して、この日本を共産国家にすべく
国民に誤った方向へ導いてきた結果の姿が、今の
日本であろう。
国土・国民がどうなろうと一切話し合いで解決しようとした歪な外交姿勢が、諸外国から嘲笑の種となり、何でも金で解決しようとしてきたことの弊害が
今一気に噴出している。
混沌とした世界情勢が来ようとしている現在、もう
今までのような外交姿勢は国家の崩壊に繋がるし、
今後は是是非非で毅然とした日本の政治姿勢が国民から要求されてくるだろう。

はるはる 2006/08/31 21:06 毎日、腹立つニュースばかりですが、“竹島ものがたり”というナイスな菓子が発売されたそうですので、お茶でも飲みながら召し上がって、気を落ち着けて下さい。

名無し名無し 2006/08/31 23:31 私も感動しました。

自衛官の方々の冷静な判断力と
先見の明には脱帽です。

殷と言う昔の国の王様がこう言っていました。
「人が水を見ると姿が映って、自分の形が見える様に
その国の国民を見れば、その国が治まっているかどうかがわかる」
だそうです。

やはり国民の一人一人が相応しくあるのが理想です。
何に「相応しく」あるべきか?
私は麻生さんの「天下公の為」と言う言葉が一番だと思います。
言い換えれば、「天下の利益」の為、でしょうか。

そうである為には、物事に対して
真摯真剣に取り組む姿勢と
冷静な判断力が必要だと思います。

私も、微力ながら
少しでもお役に立てる様
日々これを忘れないでいます。

佐藤さん、大変良いお話をありがとうございました。
すごく勉強になりました。
これからもお体にお気を付けて下さい。
それでは。

ネルソンネルソン 2006/09/01 03:50 JGSDF様

実感のこもったお話をどうも有り難うございました。History Channelという番組で、M16とAK47の性能比較をした2時間ばかりのプログラムを見たことがあります。その番組の要旨は、M16は射撃の精度を高めるという観点からよりAK47よりもよりソフィスティケイトされたライフルであった、∧嫉里背負う装備の重量に占める武器のウエイトを下げ、食料等他の装備の充実化を図るべく、ライフルの軽量化をめざした、しかしながら、ベトナムという戦場に特有の要因、つまり、(a)熱帯雨林という障害物に囲まれたジャングルであるということ、(b)雨・泥・熱という、精巧な作りのライフルにはとかく故障の原因となる要因が多いということ、に溢れた戦場においては、M16よりもAK7の方が使用環境に適した作りになっていた、ぅ戰肇淵爐諒瞳海らはM16についてさまざまな改善要求が出ていたが、終戦にいたるまで、それらの要求はまともに取り上げられなかった、ゥ戰肇淵爐鯏斂攅事現場に例えれば、M16を持ち込むことは工事現場にスポーツカーで乗りつけるようなもので、AK47を持ち込むことはトラックで乗りつけるようなものと例えられる、とのことでした。

わが国の安全保障は、一般国民レベルでは、憲法改正や米国との集団的安全保障確立に向けた議論がようやく表立ってできるようになりつつあるというレベルで、ようやくそのレベルにたどり着いた国民の意識と装備面における議論にはあまりにも大きな隔たりがあります。ただ、そうした中でも、一シビリアンとしては、制服の専門家の方々におかれては、わが国が直面すると想定されている戦闘の具体的な風景と整合的な装備の整備を進めていただきたいと願うばかりです。

ネルソンネルソン 2006/09/01 04:44 佐藤先生

いつも興味深く拝読させていただいております。ひとつ厚かましいお願いをしてもかまいませんでしょうか。いつかのタイミングで予備自衛官制度(自衛隊OBに対する予備自衛官制度ではなく、2001年でしたか、一般シビリアンを予備自衛官補として募集する制度が始まったと記憶しております)の現状と見通し等についてブログを書いていただければと存じます。

よろしくお願いいたします。

さきさき 2006/09/02 10:40  自衛隊員の献身と緊張を強いられながらの日々の訓練・行動には全く頭が下がる思いでおります。感謝しています。
 私の家の近くにも自衛隊の駐屯地がありますが、その官舎や建物を見ると、自衛官の重大な任務には全く見合わない古びた作りです。全く人を愚弄する行為であると憤慨しております。
 佐藤様はじめ多くの自衛隊員が、自分では何もせず他国の勢力に阿る卑怯なマスコミや、責任から逃げ回る政治家に失望を繰りかえしてこられたのだろうと改めて思います。
 私は、憲法を改正し、自衛隊を軍隊としてその存在を堅固なものにすることは当然のこととして、さらに観閲式には天皇陛下の臨席を賜り、功績のあった方には陛下から直接栄誉を賜ることが必要だと思っています。
 命なければ全てはないのです。自衛官は自らの生命の危険に直面しながらも、私たちの子どもたちの命を守ってくれているのだということを、全ての国民が認識し、敬意を示す必要があると思います。

なすびなすび 2006/09/04 14:58 非常に素晴らしいお言葉でした。メモして取っておきます。

装備の面での不安点もこのサイトならではで、たびたび感心させられます。私は我が子のためにと、土日も含めて身を粉にして働いて稼いだカネを、税金として持って行かれるたびにやるせない思いをしますが、岐阜県のように職員の飲食費ではなく、防衛などのために役立ってくれれば少しは溜飲が下がるのですが。

陸士長陸士長 2006/09/05 23:31 割り込み失礼します。
64式自動小銃の話題がでていましたので。
64式は、日本人が30口径を連射するために
作られた「自動小銃」です。
BARの歩兵銃化とすべきです。
一方、M16は飛行場のガードマン用に作られた
「小口径突撃銃」
比較することがナンセンスです。

62式機関銃は、なに言われても反論しませんけど。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/satoumamoru/20060831/1156989195


ページビュー
30324136