軍事評論家=佐藤守のブログ日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

■軍事を語らずして、日本を語るなかれ!!■

2007-01-26 閣内不一致?

閣内不一致?

 今朝の産経抄は、久間防衛相のこのところ続く不可解な発言を取り上げて、安倍内閣不一致か?と書いた。日本記者クラブでのブッシュ大統領のイラク進攻は『間違っていた』発言を取り上げたもので、「一政治家としての発言としてはとがめる筋合いのものではない」としつつも、「だが、防衛相は一政治家ではない。米国のイラク戦争を支持している安倍内閣の一員であるばかりではなく、日本の安全保障に責任を持つポストだ。その重責を担う人物が同盟国のトップをけなした影響は決して小さくはない」とし、「部下の失態は上司の責任でもある。安倍晋三首相は就任直後、中国、韓国を訪問して関係を改善し、正月は欧州を歴訪して一定の成果を得たが、肝心の日米関係はどうか…。首相周辺は5月の連休に訪米しようと検討しているようだが、そんな悠長なことをやっている場合ではない。拉致問題解決のためにも次回6カ国協議までに、日米の首脳が直接会って一致団結している姿を見せるのが肝要だ。バスが発車してからでは遅い」と諌めた。

 確かに新防衛相はこのところ“気合に欠けている”様に見える。二度目の防衛担当だし、普天間問題も抱えているし、MD問題にしても、聊か不用意な発言が相次いだ。今回の発言も言ってみれば「後知恵」に過ぎない。開戦当初、大量破壊兵器の存在が問題になっている時に言うべきであった。

「米国の核の傘は必要なく、日本も独自に核兵器を持ちます、というなら話は別だが、そんな度胸がないなら同盟を傷つける発言は百害あって一利なしだ」と産経抄は書いているが同感である。核武装論議に関しても防衛相は不快感を示しはしたが対案は語らなかった。これでは我が国の防衛の基本的構想がさっぱり読めない。

 安倍政権の閣僚人事で何と無く感じられることは、若い総理を推し立てようとする雰囲気ではなく「何とか足を引っ張ってやろう」と言う、次元の低い年寄りの「妬み」のようなものを感じるのだが如何がなものか?

 確か久間氏は昭和15年生まれで私より一つ年下の筈である。しかも剣道の達人だと聞いている。防衛は国の根幹、だから経験豊富な久間氏が初代大臣に指名されたのだろう、と私は思ってきた。一つ、道場で若い安倍総理の「打ち込み」を受けてやっているような気持ちで支えてやってほしいものである。

 ところで米国では「道路に犬が寝ていたらブレーキを踏むが、弁護士が寝ていたらアクセルを踏む」と言うくらい、弁護士は嫌われているという。

 我が国では、コメントにもあったように必ずしもそうとは限らないが、お隣の韓国大統領はどうもアメリカ人が言った弁護士評に該当するようだ。

 今朝の産経新聞6面に「日本海の名称は植民地時代の産物」だと「新たな歴史曲解」発言をしたと出ている。曲解ではなく「単なる無知」に過ぎないのだと私は思う。日本海を「東海」にすべきといったかと思うと、今度は「平和の海」がいいなどと朝令暮改、これじゃ韓国民からも見捨てられかねない。「歴史問題や靖国神社参拝問題は日本に誠意があればいくらでも解決の道はある」「何故日本だけが特別待遇を受けようとするのか、なぜ過去問題を特別に黙殺するのか」と我が国を非難したそうだが、これじゃ不勉強で意識過剰な素人弁護士の域を出ていない。

 台湾出身で私の友人である黄文雄氏が「韓国は日本人がつくった」(徳間書店¥1600+税)「朝鮮半島を救った日韓併合」(徳間文庫¥552+税)と言う本を出している。ノムヒョン大統領には耳が痛いかもしれないがご一読を勧めたい。朝鮮総督府が何をやったか、過去の事実をしっかり把握してから発言してほしい。

 黄文雄氏は著書の中で「朝鮮半島の繁栄は日本がもたらした近代化に負うところが多い」として朝鮮総督府が朝鮮半島でなした7つの貢献として次のものを掲げている。

1、半島に幽閉された千年属国の解放

2、国土改造から生態系に至るまでの更正

3、優生学的環境改善からの民力向上

4、牢固たる伝統的階級制度からの奴婢の解放

5、絶滅しつつある朝鮮伝統文化の保護と再生

6、半島の民力を超えた近代的社会基礎の構築

7、韓国・朝鮮民族の育成

「歴史問題などは日本の誠意があればいくらでも解決の道はある」そうだが、自国の歴史問題をよく認識していない相手にいくら誠意を尽くして話しかけても決して理解はされまい。多忙で時間がないかもしれないが、「朝鮮半島を救った日韓併合」の方は読みやすい文庫本であるが、その日韓双方の「参考文献」は239冊に及んでいて、学術書といっても決して過言ではない。是非ともご一読されることをお勧めしたい。勿論、日本人も是非とも読むべきである。f:id:satoumamoru:20070126112331j:image

雉さん雉さん 2007/01/26 12:43 中川秀直に関する情報です
通常国会召集で天皇陛下に不敬を
やらかしたしまったようです。

国会召集 中川秀直幹事長の大チョンボ
http://officematsunaga.livedoor.biz/archives/50342315.html
自民党本部に
街宣車が集まりつつあるようです

(*- -)(*_ _)ペコリ (*- -)(*_ _)ペコリ 2007/01/26 13:39 >確かに新防衛相はこのところ“気合に欠けている”様に見える。
このところではなく、ずっと不適切な発言を続けています。
ひょっとすると、あれで久間さんは世論に媚びているつもりかもしれません。周囲にそのような意見の人が多いのではないでしょうか。
ノムヒョンさんの場合は筋金入りです。批判されても何のことかもわかっていないようですね。
黄文雄氏の著書に感謝。何冊か持っていますが、たいへんな手間を掛けて資料を集めていらっしゃるとのこと、本当に頭が下がります。
>中川秀直幹事長の大チョンボ
何ということでしょうか。国会召集を延期すべきでした。両陛下は、近く韓国映画の試写会にも引っ張り出されるとのこと。あまりといえばあまりです。本当に腹立たしい。

なすびなすび 2007/01/26 15:19 >今朝の産経新聞6面に「日本海の名称は植民地時代の産物」だと「新たな歴史曲解」発言をしたと出ている。曲解ではなく「単なる無知」に過ぎないのだと私は思う。

記事を起こしたのが黒田記者なので、これは彼なりの皮肉だと思いますよ。盧武鉉が無能で無知なのは、就任以来の発言を見ていればよく分かりますから。
小生は4年前から朝鮮ウォッチャーですが、あの民族には黄文雄氏のような方が何を言っても無駄です。自分の都合の悪いことは「捏造ニダ」と言い切る民族ですから。Naverなどの翻訳掲示板を見てもよく分かります。
1万人に1人くらいはまともな人がいますが。

しかし、安陪内閣にはろくな人材がいませんね。

鬼作鬼作 2007/01/26 15:31 現韓国大統領は、赤狩り(レッドパージ)ならぬ「親日狩り」を法律として定め、その適用には遡及をも認めるという狂気としか思えないことをしでかした張本人です。あえて聞きたいのですが、この様な精神に異常をきたしたような人間と、まともな話ができるのでしょうか?

g 2007/01/26 17:22 韓国はいい加減に見捨てるべきだろう?いい加減にしろよ、勝共連合!統一教会!

ブログランキングブログランキング 2007/01/26 17:22 はじめまして。
くる天ブログランキングからお知らせです。
あなたのブログが当ブログランキングに推薦され、ランクインしております。
あなたのブログのアクセスアップにご利用ください。
http://ranking.kuruten.jp/
くる天ブログランキング

q 2007/01/26 17:24 日本人は、いつも韓国人の扱い方で失敗する。戦前も、戦後も。このサイトの管理人の発想が、戦後、統一教会に加担した日本の阿呆な保守系の発想の典型なんだと思う。

鹿鹿 2007/01/26 20:21 黄文雄氏の著書も良いですが、韓国人キム・ワンソプ氏が書いた「親日派のための弁明1,2」扶桑社、「日韓(禁断の歴史)]小学館などがもっと参考になりますので、是非一読することを薦めます。

NANASHINANASHI 2007/01/26 22:12 韓国・台湾は日本が作ったというのはほんとうでしょう。インフラから教育制度まで日本製。韓国に行くと地下鉄1号線は国鉄103系のコピー、205系が出れるそのコピー、209系が出るとまたコピー、日本の真似さえしていればいいのですから楽なものです(日本もアメリカからずいぶんコピーしましたが)。ただ10年前のIMF危機の時は金浦空港の動く歩道も止まり蛍光灯も半分は消灯の節電、電気街の町工場では朝早くから店の前を掃除し機械が動いているのを見て韓国はまた復活すると思ったものでした。
日本語世代のおじいさんは韓国人は馬鹿です、漢字を捨ててしまった、といっていましたが、漢字を捨てたのは日本統治時代を知られたくないからという説もありますがどうなのでしょう。

朝鮮と同じく中国の辺境国家だったベトナムはフランス統治時代ろくなインフラ整備もされず、アヘン窟が第二次大戦後も残り、最近まで2時間の昼休みなど非能率極まりない国でした。
インドネシアはオランダ時代は卒業証書税まであるほどであど体育の授業もなくケチケチ教育。日本の軍政時代にほぼ義務教育化され、島別に別言語だったのがインドネシア語に統一され、朝礼など日本式の教育制度が導入され今も受け継がれています。

gogo 2007/01/27 01:40 日韓併合前後、朝鮮側も併合する方がマシって思ってた勢力が居たのも事実

uu 2007/01/27 10:45 韓国は見捨てるべき。おそらく、韓国のような排他的な民族主義国家は民主主義は機能しないし、どの国ともうまくはやっていけない。彼らは新しい宗主国である中国とも喧嘩するだろう。 → インサイド中国?どこまでいくのか、韓国とのけんか ’07 1/23 ムーブより
http://www.youtube.com/watch?v=gz3OO2C-W0k

ナポレオン・ソロナポレオン・ソロ 2007/01/27 12:27  ムヒョン君が妄言の下敷きにしている、妄想の歴史教科書、名付けて「願望の朝鮮史」も追いつけない程、彼の脳内妄想は突っ走って居るようです、そろそろお引き取りを願ったらドウでしょうか、でも、次の大統領候補も元在日の反日政治家だったり、世界最長の海底トンネルである青函、欧州トンネルの5倍の長さの日韓トンネルの実現を約束する様な人らしいですから、全く期待してませんが。

 朝鮮族は、自分達が日本を必要とする程、相手が自分達を必要としているかドウか一遍考えてみたらドウか、個人的には、日米安保さえ無ければ、朝鮮民族が騒ぎを起こす度に、彼等が妄想する通りに、焼夷弾で空爆して、朝鮮族をホロコーストしてやりたい位要らないが、彼等の妄想する、半島の再占領や征服などご免蒙って、寧ろ、あの盲腸みたいな形を地図から削り取りたい願望に駆られる(イカン!火病が罹ったか?W)。

 竹島侵略者には、砲撃を以て報いるのが国際的に看て当然でしょう、フォークランド紛争を見よ、同じ自由主義圏のアルゼンチンと雖も、英国にとって地球の裏側の大した資源もない採るに足りない領土でも、侵略されれば断固とした態度を採ったではないか、何千キロを隔てた島で、何千人モノ死者を出しても、護り通す意志を示したではないか、それ以降、英国の領土を我がモノと主張する国は一国も現れて居ない、其れが世界基準の「国の護り方」だと思う。

 日本が甘い顔して来たから、朝鮮族がつけ上がって、問題を大きくした事は否めまい、今からでも遅くはない、先ず、退去命令、排除勧告を行って、相手が武力で抵抗するのなら、すぐさま砲撃を開始して、抵抗勢力ダケでなく、島そのものを消す位のつもりでやって欲しい、圧倒的な脅威を見せつける事が、何よりの防止効果を生む場合もある。

草場正太郎草場正太郎 2007/01/27 15:32 佐藤先生 次のことを考えてみました。テレビ謝罪 
会社(個人・不祥事をしでかした当人)の一大事において謝りたいからテレビカメラを据え付けてと言っているような感じがしないでもないが、社長役員一同がテレビカメラの前で深々と頭を下げて謝っている。返っているのは無音の気流。気流の中に何をつかんでいるのであろうか?始めの頃は何か少し変だなあと思って見ていたのですが、この頃ではお客さんに向かって悪うございましたと謝っているという感じがして来る。それでもやはり少し妙だと感じているのは私だけであろうか?茶の間の方では確かにテレビを見ているから画面では社長なり偉い方たちがこちらに向かって頭を下げて謝っているから視聴者に頭を下げていると言う事になる。為に該当する人たちに向かって頭を下げて、また無関係の人にも頭を下げて、まとめてともかく悪いことしでかしたのだから謝っておこうとの行為なのであろう。視聴者の方も妙に納得させられたようでもあり、この関連性はどこから来るのであろうか?日本人の国民性からくる精神作用の産物かもしれない。賢くもあり、ずるいようでもある。日本会社の頂点に立つ人たちが幾度となくテレビ謝罪を繰り返した。して外国ではこのような行為が通用するのであろうかとも思ったりしているのですが、テレビがなかったらどうしたのであろうかと老婆心ながら。文明は謝り方まで文明的になってきた。
不二家事件でもそうなのですが日本の国民性が現れた事件でもあるような気がしている。民族性行動なのだ。皆責任とらないでいいような感じでよかったと胸をなでおろす。ほかにもあるのではないかと疑心感を持つ、そして我らも大なり小なりしているのではなかろうかと踏んで見て来ると頭の中で思いめぐらす。自分の身に降りかかった時にどうするかを考え、一人ぐらいはそんな事はいかんぞ!と言う人がいなかったかどうか、上の人が言う事だから逆らえなかったのだろうか?自らの意見を申し述べるような体質ではなかったということだ。こうした雰囲気を作り出した体質が会社にあり時世の移り変わりようを把握し切れていなかったといえばそういうことになる。旧体質のままでいいという答えが潜んでいたという事だ。進展性が隠れてしまっていた。人材輩出を拒否したとも言える。民間においても参考の事として今後に生かせたら大きな財産となってくる。世界に確固たる人種と敬われたところの日本民族この自信喪失はどうした事なのか。よくよく反省のことだ。まだ分かったからいいようなものの闇に葬り去られることが怖い。曲がりなりにも分かったのである。ここに日本民族の偉大さが潜んでいる。良し先に伸びてゆくと言う未来像を刻んでいけるのだ。よかったという安堵感を持ち替えるのである。妙な感心の仕方なのだがこれでいいのだ。頑張れ不二家。ただ雪印と同じようなことをしてその反省が無になっていたという残念な気もしないではないが。その上に立ってまた前へ突き進もうではないか。力出し切れば向かうところに敵などいるはずもない。己ばかりが突き進んでもあとどこも付いてこれなかったとなればまた独りぼっちになり、何とももどかしい時世の作用なり。
日本人はその場を切り抜ける才能には優れたものがあり、将来を見つめての構想となると不得意なのだ。近年はそうでもないと思うが、国民性からして苦手には違いない。してこの借金の多さからも頷けるではないか、、国民を、高尚の人民を、借金王国に仕立て上げたのはいいけれど、何か勘違いしてはいませんか?決して日本国は金持ちなんかではありはしない。資源を見れば分かるであろうに!
先送り頭脳 よく議事か何かで次へ先送りしましょう。頻繁に使われるようになった。審議しないから楽なものである。日本人のまた得意技を披露することになった。先送りなら素人でも出来る事。考えなくて済むから責任も当然先送りとなってくる。この二つの事を抜けがきしたことになり、給金要らないとなれば話はわかるが給金頂いた上に審議しないとは詐欺みたいなものではないか?楽な目して過ごせるのだからいい気なものである。こうした輩が多すぎるから広くは日本の国策がその分遅れてくる。
元の日本人の精神はこのようなものではなかったはずだ。今までが日本人精神の偽物がつづられていった。虚構造りをしているのではなかろうか?早くこれらの虚像を打ち砕き本物の日本人を創り上げる。
戦争に負けた。ここに飴玉がありまっせ!食べて見なされ!美味しゅうおましゃろ!これは結構なものですな!自ら苦労して手に入れたものでないから楽なものである。ここに甘えがあるのですな!算盤が合いすぎますわ!今に国民皆が苦労しまっせ!付けは払わねばならないのだから。
故松下幸之助氏の30年ぐらい前の談話である。

雉さん 雉さん 2007/01/27 15:46 野田敬生のブログより
「米国にも軍事上の弱点がある」国防大学・王虎成
GPS妨害器
中国がASAT兵器で破壊した「風雲1号C)」の残骸軌道(3DCG動画)
レーザー型ASAT兵器の中国語文献
ヒューレット・パッカード産業スパイ事件関連裁判で名指しされた日本人
グーグル・アースとCIA
http://espio.air-nifty.com/

特に国防大学・王虎成の論文は注目しておいたほうが良いでしょう。あの衛星攻撃への布石はここから始まっているのですから・・。

(*- -)(*_ _)ペコリ (*- -)(*_ _)ペコリ 2007/01/27 16:05 櫻井よし子さんのブログが更新されましたが、久間さんの言動は、さすがに腹に据えかねたらしくバッサリ斬り捨てています。
文中の中西輝政さんの『我々が驚くほど態度を変えてくるという意味です。日本はそれほど悪い国ではなかった、戦争時は仕方なかったとまで歴史認識で譲歩するはずです。』という発言は、最近始まった『南京大虐殺で日本の軍令に違反して中国女性への強姦を始めたのは韓国人』という主張を考えると納得できます。
田久保さんの『中国はPKOにも1,160人を出しています。他方、日本は50人以下。中国が、テロと戦うために米国と共に血を流すといってイラクに地上部隊を送り込めばどうなりますか。米国の世論は一気に中国に傾きます。』との言葉には心底ぞっとしました。 http://blog.yoshiko-sakurai.jp/

teputepu 2007/01/27 20:13 また久間防衛相が米国を批判したみたいですね。自分が大臣に「昇格」したので浮かれてるのでしょうか。

たかたか 2007/01/27 21:53 NHKがうれしそうに流してましたよ

久間防衛大臣は「アメリカ側は政府間で合意したことだとして、日米両政府の合意案のまま進めればいいと言っているが、日本では、知事の同意がなければ物事が進まないことがわかっていない。アメリカには、偉そうなことを言わず、日本のことは任せてくれと言っているが、日本の根回しというものがわかっていない」と述べ、アメリカ政府の対応を批判しました。
http://www3.nhk.or.jp/news/2007/01/27/d20070127000124.html

防 2007/01/28 01:26 中国「われわれの時代に宇宙空間は軍事化されると予測している」
http://www.sankei.co.jp/kokusai/china/070128/chn070128000.htm
中国軍幹部「宇宙の超大国一つではない」

久間氏がまた米批判 「普天間問題、偉そうに言うな」
http://www.sankei.co.jp/seiji/seisaku/070128/ssk070128000.htm

久間氏発言、米が不快感表明 「日米安保協委開けぬ」
http://www.sankei.co.jp/kokusai/usa/070128/usa070128001.htm

猪 2007/01/28 09:44 久間防衛大臣、初めから危ない人と感じていましたが、野党が不信任案を出さない「日本」の野党もおかしい。
国内問題をアメリカに「偉そうに言うな」と叫んでも仕方が無い事位は理解して欲しいものです。
又前回のブッシュ批判もイラクに派遣された自衛隊員の皆さん、どう感じているのでしょう?

通りすがりの者通りすがりの者 2007/01/28 21:47 朝鮮・支那に対しては、福沢諭吉の教えを守るべきだと思いますね。

・・・・支那人が卑屈にして恥を知らざれば、
日本人の義侠(ぎきょう)もこれがためにおおわれ、
朝鮮国に人を刑するの惨酷(さんこく)なるあれば、
日本人もまた共に無情なるかと推量せらるゝが如(ごと)き、これらの事例を計(かぞう)れば・・・・・・・。

悪友を親しむ者は、 共に悪名を免(まぬ)かるべからず。我れは心に於て亜細亜東方の悪友を謝絶するものなり。」

100年前にすでに「支那、朝鮮と謝絶し、 西洋の文明国と進退を共にせよ」
とおっしゃっている。 何という偉大な日本人であったのでしょう。

日本はこの福沢諭吉の教えに従えば、今後100年は安泰だと思われます。

朝鮮は千年以上もの間、支那の属国だったが故に、朝鮮人の血には属国人の遺伝子が脈々と流れており、基本的に朝鮮人は反日なのは当然なこと。朝鮮・朝鮮人とは謝絶が一番なのです。福沢諭吉の教えを今一度、再確認すべきです。
またぞろ、朝鮮系工作員どもが投稿を始めたから、要注意。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。



ページビュー
31694264