軍事評論家=佐藤守のブログ日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

■軍事を語らずして、日本を語るなかれ!!■

2007-05-31 公務執行妨害では?

公務執行妨害では?

 年金問題で揺れる衆院厚労委員会で、またまた野党議員たちが委員長を席から引き摺り下ろして採決を妨害した。前回も同様な“風景”が放映されたが、これは明らかな「公務執行妨害」行為ではないのか?

「公務員が職務を執行するに当たって、これに対して暴行または脅迫を加えることを公務執行妨害といい、3年以下の懲役または禁固に処せられる」と刑法第95条1項にある。一般的には警察官が職務を遂行する際に、これを妨害した者に適用されるので知られているが、物の本によると刑法第95条2項、96条、96条の2,3項は、「職務強要、封印等破棄、強制執行妨害、競売等妨害、談合なども広い意味での公務執行妨害罪に数えられる」とある。なぜ国会での議長職権遂行を妨害するこの行為は取り締まられないのだろうか?議員達だけには「公務執行妨害罪」は適用されないのだろうか?

 それにしても、いい歳した“大人?”の男女が、ガキ大将みたいに委員長席に走り寄って、両手を広げて妨害する様は、とてもこれからの世代を担う少年少女たちには見せられたものではない。それもテレビカメラを意識しているのだから滑稽に過ぎる。他にやることはないのであろうか?

 実はその昔、私が広報室長だったとき、公務中の私の部屋に突然怒鳴り込んできた某新聞記者がいた。彼は「貴様の組織(航空自衛隊)なんか潰すのは簡単だ!何ならやってやろうか!」といきまいて、ジャケットの内ポケットからボールペンを取り出して振りかざした。私は「航空自衛隊5万の組織、小なりといえども某新聞社付属ではない!やれるものならやってみろ!」と言い返したのだが、逆上した彼は「言ったな、この野郎。折角飛行群司令にしてやろうと思っていたのに、このバカ、あほ!貴様は本当にバカだよ、あほだよ。どこかに飛ばしてやろうか!1佐なんか飛ばすのは簡単だ!」と叫んだ。

 これが例の「広報室“事件”」のキッカケなのだが、その後防衛庁が「公務員」に対する「明らかな公務執行妨害事件」として取り上げようとしたのを知ったこの新聞社の幹部は防衛庁幹部と“談合”を重ねたらしい。

 それはさておき、自殺した松岡大臣の過去に触れた今朝の産経新聞31面に、製材会社「やまりん」から鈴木宗男議員が500万円の賄賂を受け取っていた事件を取り上げた同僚政治家に対して、松岡議員が「やまりんは亡くなった中川一郎先生(故人。元農水相)が育てた会社だ。それを潰すというのなら、中川先生の遺志をつぶすことだ。お前なんか次の選挙で落選させてやるぞ」と言ったと書いてあったのを見て、思わず噴出してしまった。「松岡氏から、北海道選出の自民党衆院議員にこんな電話がかかってきたのは、事件発覚前の10年6月ごろのことだ」という。更に記事には「松岡氏は『林野庁次長(後の緑資源機構理事長)も今ここにいる』と役所への影響力を誇示していた」とあったので、再び笑ってしまった。

 実は御巣鷹山事故に関して、某大学教授から「小学校の校庭にヘリコプターでなぜ夜間着陸しなかったのか!」と電話で詰問されたのだが、その際私が「先生、夜間照明装置も無い校庭にどうして降りるのですか?」と問い返すと、「バケツにガソリンを入れて校庭の四隅におき燃やせばいいじゃないか」と言ったので、「先生、それはヘリの運行や性能を知らない机上の空論ですよ」と言った私に怒った教授は「防衛庁には現役の友人がいるぞ!」と私を威嚇したことに酷似していたからである。

 更に可笑しかったのが、「露骨な脅し文句に議員は『落選?いいですよ。出来るならやってください』と答えるしかなかった」と云うところである。議員にせよ新聞記者にせよ、はたまた教授にせよ、権威を傘にした脅迫文句は変わらないものだ、と思ったからである。

 やはり脅迫されたこの議員も「やれるものならやってみろ!」と開き直らざるを得なかったのであろう。

 その後私は三沢に「飛んで」、某記者は「スエーデン」に研修に「飛ぶ」ことになり、「喧嘩両成敗」ということになったらしいが、これもまた「物事の本質」を追及し「解決しよう」とするのではなく、その場を糊塗するだけで真の解決を図ろうとしない日本らしい“解決策”であった。

 今朝の新聞を読みながら、この自殺事件の闇は実に深いと感じざるを得なかったが、検察がどこまで正義を執行できるか否か。これは、いわば小泉首相が断行した「郵政改革」に匹敵する「農政改革?」事案となろうが、国民が知らない間に、全国に張り巡らされた戦後の政官民界の闇の「集金ネットワーク」をどこまで掃除できるか、検察の「正義」に期待して見守って行きたいと思っている。

 それにしても、正義感を貫いたこの時の「北海道選出自民党議員」が、その後どうなったか知りたいものである。

とおるとおる 2007/05/31 10:39 > 年金問題で揺れる衆院厚労委員会で、またまた野党議員たちが委員長を席から引き摺り下ろして採決を妨害した。

珍しくNHKの7時のニュースで、その場面を見ました。
見ていて、一瞬、声を上げてしまいました。
前回は、野党が委員長の口を塞ぎ(口封じ?)ましたが、今回は、一瞬、拉致をしたかと思いました。
野党は、自分に都合が悪くなると、実力行使を行うのですね。あれほど、戦争反対を叫んでいるのに。(民主党の首脳3人がシナを訪問して、中国共産党の教育を受けただけのことはあります)

事務員事務員 2007/05/31 10:49 日記と関係のない話題で大変申し訳ありません。広島の原爆資料館の内容が変わるという記事を見てすっとんできました。もし他に情報があればよろしくお願いしますm(__)m
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200705310023.html

ずんだ餅ずんだ餅 2007/05/31 11:26 朝日新聞の田岡軍曹ですね。別に匿名にする必要性はないのではないでしょうか。 彼はいやしくも軍事記者として数多の署名記事を書き散らしておりますもの! 言論人として言論で対抗することが、礼儀と言うものです。彼に礼節を、望むのは無理でしょうが。

笛井笛井 2007/05/31 15:07 朝日新聞の田岡俊次殿ですね。朝日ってぇのは勧誘員からしてヤクザっぽい。倒産してほしい企業のナンバーワンです。

じょしゅじょしゅ 2007/05/31 19:39 朝日に広告打つ奴等はみな同罪ですな。

744744 2007/05/31 19:40 田岡「元帥」でしたか。しかしなぜただの新聞記者がそこまでの騒動を引き起こせるのでしょう。談合に応じた防衛庁幹部というのも情けないです。
世に数多の職業あれど、どうして人が成りたがるのか理解し難い職業があります。それは記者とアナウンサーです。
実際に聞く話、あるいは小説などに描かれる新聞記者というのはどれも思い上がりの激しい自己陶酔したような傲慢な姿です。何がそうさせるのでしょうか。全く理解できません。そのくせある元朝日の記者が言うには言葉を「紡ぐ」ですと。何様の積もりでしょう。記者様でしたか、失礼。普通の人は、いくら自分の仕事に誇りを持ってはいても、そんな事はまず言いませんよ。つまりあれでしょう。自分の仕事があまりに下衆な仕事と痛いほど分かっているので、誤魔化そうとしてつい出てしまうのでしょう。いくら文章が上手かろうと、報道ではそんな事は何の意味もない。いかな美辞麗句よりも真実に勝るものは無いのですから。日本から「テレビキョク」と「シンブンキシャ」がいなくなったら、どんなに住みよい社会になるでしょう!
彼らはその罪、万死に値します。
佐藤「閣下」に最敬礼!!

Jdia0120(雉さん)Jdia0120(雉さん) 2007/05/31 20:26 日本人の良識が失われている現実を
世間に問うある事件を載せます。
良心市:けしからん、
料金払わず 47〜86歳男女16人検挙
高知市 /高知
これぐらいなら・
キャベツなど26点持ち去った不届き者も
 良心市(無人商品販売所)で料金を支払わずに野菜を持ち去ったとして、高知署は30日までに高知市や土佐町の47〜86歳の男女16人を窃盗の疑いで一斉検挙した。被害額は1件当たり200円〜2600円。容疑者らは「これぐらいなら……」とちょっとした出来心だったというが、以前から継続的に被害に遭っていたといい、同署は「良心を逆手に取った行為」とあきれている。
調べでは、被害に遭ったのは、同市西塚ノ原と土佐山の良心市2カ所。16人は11人が無職で、看護師の女性や牛乳配達員の男性、パート従業員の女性、左官の男性もいた。被害品はキャベツやスナックえんどう、タマネギ、ジャガイモなどで、キャベツなど26点(2600円相当)を持ち去った者もいたという。 同署によると、4月中旬、被害者の知り合いから近くの駐在所に良心市荒らしの相談が寄せられたため、パトロールを強化するなどして対応。しかし、被害は一向に減らなかったため、今月1日から同署地域課をあげて2カ所で連日約10人態勢で張り込みを実施。3日に同市内の無職の女性(69)を土佐山の良心市でショウガなど300円の料金に対し200円しか払わなかったとして検挙したのを手始めに、29日までに次々と検挙を重ねた。 検挙された内、3割は全く料金を支払っておらず、それ以外は1円から数百円を支払っていた。「これぐらいなら大丈夫と思った」などと容疑を認めているが、「今回が初めて」と常習性は否定しているという。 しかし、西塚ノ原の良心市の経営者は「約40年前から毎月約3万円の被害が出ていた」といっており、土佐山の経営者も「十数年前から始めているが、5年前くらいから顕著になり、毎月1万〜2万円の被害」と訴えているという。 同署は「あまりのモラルの低さに驚くばかり。分別のある大人なのだからもう少し考えて行動してほしい」とあきれ顔だ。
http://www.mainichi-msn.co.jp/chihou/kochi/news/20070531ddlk39040009000c.html

日本人はここまで荒んでいるのか!!
情けないの一言に尽きます。
(犯人たちはひょっとしたら
えらの張った輩かもしれません。)

坂本龍馬もおんしゃらええ加減にせーよと
お怒りだと思います。

tazaemontazaemon 2007/05/31 22:02

ヒラリーの「日中間の問題」発言に続き、またアメリカがらみの白日夢を二題

》暫罅反日の牙城と目されている朝日新聞が実はホワイトハウスの奥の院と繋がっていると言う話。

言われてみれば、朝日が動くと日中間が荒れる。

胡錦涛は江沢民、小泉の対日、対中戦術が両国にとって好ましい結果を生み出していない事に学習し、友好的戦術をとり、安倍の曖昧戦術を黙認した。
しかし、行きがかり上(対国内的にも)安倍が靖国参拝した事を聞けば、無視するわけにもいかない。
だから、日本のマスコミには黙っていて欲しいと思っている。
にも係わらず朝日は相も変わらず後注進。
胡錦涛にとって見れば迷惑この上も無い事だろう。
日中間を離間させておきたいのはどこの国だろうかと考えてみた。

田中角栄を失脚させたのがアメリカである事は、諸氏もご存知の通りであるが、その理由について、アメリカの了解無しの日中国交回復や貿易不均衡などがある。
しかし、真実は異なるというお話。
田中は密に農林官僚をヨーロッパ各国に派遣していた。
密にと言ってもアメリカには筒抜け、ニクソンもキッシンジャーも怒り心頭に発し、「ピーナッツ何個」などと言うとても証拠とは言いがたいメモを証拠採用、日本の法律にはない司法取引と言う手段まで採用させ田中を失脚させた。
日本を繋ぎとめて置くために軍事と食料の安全保障をアメリカに負わねばならないようにしておくと言う説がある。

安倍総理は故松岡農水相の専門家としての能力、政治家としての腕力に期待し農政をあるべき姿に変えようとした。
遺書にもその事は書かれていたが、裏街道に片足を突っ込んでいた松岡にしてみれば、表に引っ張り出してくれた安倍には恩義を感じていたことだろう。
無念のうちに死を選んだのも頷ける。

そしてもう一つの遺書。
何故、あの人宛にというのがあったのはお解りであろう。
ここにこそ無念の思いと、恩義のある安部首相の為、命を懸けて政敵を追い込む方策、証拠が記載されていた。
何故、首相宛てでなかったのかは裏街道を知る松岡の安倍に対する思いやりである。
昨日の自民党総務会での井上議員の発言はそれに繋がる。
ttp://messages.yahoo.co.jp/bbs?.mm=GN&action=m&board=552020083&tid=c0af8a28rbea4k8fea41a4f4hda5a4ma4a6a2v&sid=552020083&mid=11534

屋根の上のミケ 屋根の上のミケ  2007/06/01 01:33 本日も良いお話を読ませていただき、ありがとうございました。一日も早い、朝日新聞の滅亡を期待しています。ミケ

なでしこなでしこ 2007/06/01 10:28 >朝日新聞が実はホワイトハウスの奥の院と繋がっていると言う話。
 ホワイトハウスは執行者として、執行者を支配する者と繋がっている・・ということですね。R家に代表される国際金融の元締めにはさからえないということでしょう? 小沢氏を支えているのはロックフェラー氏だというのは知られていることで、小沢氏が小学生のときすでに、ルイーザ・ルービンファインというグローバリスト公認の養育係が付いていた。彼にどれだけお金がつぎこまれているか、月30万円くらいで過ごしている庶民には想像もつきません。が、ロックフェラー系銀行は、アメリカで稼ぎつつ、中国でも稼ぐべく投資して(日本にも投資させて)いますから、小沢さんはその意向には逆らえない(つまり親中&親グローバリスト派)。
 朝日はジャーナリストではなく、グローバリスト宣伝部ではないですか。グローバリストをあやつる国際銀行家が次は中国だというので、中国中国なのですよ、きっと。
 独立志向をもつ気概のある人々には、どこの国でも、自国が憂える状況になっているでしょう?

なまえsdiなまえsdi 2007/06/01 10:40 田岡「元帥」のストックホルム国際平和研究所の客員研究員だったのはこのときスウェーデンに飛ばされたせいでしょうか。
この方は世間的は自衛隊擁護のタカ派で通ってるという話ですが、こんなことやらかしていたとは知りませんでした。

tarosatarosa 2007/06/02 00:26 はじめてコメントいたします。某新聞記者...何様なのでしょうか?言論の自由..その言葉で我々は思考停止しているのでしょう...言論の自由には当然義務があるはずです。それをはたさずに言いたい放題..現在のマスコミに通ずるものでしょうね。閣下の当時のご英断大変だったと存じますが、曲げずに通すことの大切さをひしひしと感じます。現在のマスコミ(≒情報操作者)はよりひどいと思います(都合のいい部分だけカットして放映など)が、真正面に戦ったほうがよいですね(馬鹿を相手にするのは馬鹿とは言いますが、徹底的にやりこめないといけないのでは?と思います)。閣下のこれからのますますのご活躍を記念しております。

123便飛行123便飛行 2007/06/03 07:41 123便飛行中の機内の様子が中性子線で地上にも転写されている。
http://orange.ap.teacup.com/jap123air/img/1176891474.jpg
中性子線により放射化された大地からの中性子線で乗客が転写されている。
http://orange.ap.teacup.com/jap123air/img/1176891503.jpg
このような中性子爆弾の地獄を繰り返してはならない。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/satoumamoru/20070531/1180573200


ページビュー
31611176