軍事評論家=佐藤守のブログ日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

■軍事を語らずして、日本を語るなかれ!!■

2010-04-29 鳩山政権が日本を滅ぼす

鳩山政権が日本を滅ぼす

 今日は昭和の日、朝7時に“国旗掲揚”して、久しぶりの陽光を浴び清々しい気分になったが、朝刊に目を通して再びやりきれない気分になった。普天間移設問題で「なぜ場当たり対応続ける」と産経は主張で「首相は無責任な言動を繰り返すのを改めよ」と責めたが、「無責任な」首相を戴く国民は哀れである。

 

 どうやら、四月上旬に京都で首相と幹事長、それに鹿児島出身の財界人が“密談した”と情報があったが、徳之島案が首相の“腹案”だったらしい。

 軍事常識が欠如した彼らしい発想だが、米軍との調整で「120Km」を超えない範囲という“軍事機密”をすぐ公表する失態を演じた。こんなことだから米国はステルス戦闘機情報も渡してくれないのである。

 軍事的合理性を無視して、「沖縄県民の負担軽減」のため、鹿児島県徳之島に「負担を分配」するだけの“腹案”だが、今度もまた島民に選ばれた「地方首長」に話を通さずに、まず“地元有力者”をわざわざ訪ねるという失態を犯した。「民意」を代表する首長たちは怒り心頭だろう。しかも“有力者”の次男は「野党議員」である! “敵”に情報は筒抜け、彼は戦術の基礎さえも心得ていない。


 地元も受け入れを表明していた辺野古沖の案を、自民党にあてつけがましく「破棄」したのに、7ヶ月経ってやはりそれしかないと気がついたらしく、現行案を沖合いの「浅瀬」移動案に微修正したが、いつまで堂々巡りをしているのか!すでに14年経つというのに。


“自然保護”を優先して浅瀬に杭を打つ案は当初から検討されたもので、軍事的脆弱性を理由に米軍から否定されたものである。関空のような“民間空港”ならいざ知らず、軍事基地に脆弱性はご法度である。むしろ、浅瀬を埋め立てて強固な基礎を作るべし、というのが米軍と「現地建設業者」の一致した意見だった。

“平和主義”が浸透している沖縄で、ジュゴン保護を訴える団体を説得するのに防衛庁は苦労したが、中を取って陸側に寄せて、騒音や危険度に配慮して苦心のV字滑走路案に落ち着いた経緯がある。

f:id:satoumamoru:20100429131123j:image

≪防衛白書から≫


 今回、鳩山首相がそれを浅瀬側に動かすというのであれば、14年前の当初案にあたるから、いびつなV字案を軍事的合理性に沿って改めた“修正案”だと受け止め、米軍側は期待したであろう。

 しかし、この“腹案”じゃとても「トラスト・ユー」出来ない期待はずれ、米軍は納得しまいから、思い切って当初案どおりの「辺野古沖埋め立て案」を提示して頑丈な基地を造ることにしたら良い。どうせ政権は持たないのだから・・・


 これならば軍事的合理性があるから米軍はOK、地元建設業者もOK、滑走路が遠のき、騒音・危険度共に減退するから住民もOK、一石三鳥だが、左翼勢力は大騒ぎするだろう。身から出た錆、この“新腹案”と引き換えに責任を取って?辞職なさるとご本人の名誉も保たれ、鳩山家のご先祖様も一安心だろう!


 それにしても徳之島島民、沖縄県民共に、首相の場当たり発言で大迷惑、民主党は参院選では大敗を喫すること請け合い、それを察した機を見るに敏な閣僚たちがゴールデンウィークにこぞって外遊としゃれ込んでいる。

 下手すると、国費で外遊する機会がなくなるからであろう!

f:id:satoumamoru:20100429132713j:image

≪産経新聞から≫

 5月2日には11人の閣僚が国内に不在になるが、何か起きたら誰が責任を取るのだろう?この危機管理意識欠如内閣にはあきれてものが言えない。

最もいてもいなくても存在感がない方々ばかりだから、国民が自主的に対処する。ゆっくり「観光旅行」をお楽しみあれ!そして出来れば蓮舫議員には、彼らと外遊予算をしっかり仕分けして削減してほしいと思う。


 ところで今日は産経29面の「小沢氏起訴相当」「再捜査検察に壁」という記事の中に、小沢氏を 起訴相当とした検察審査会に対して、民主党の工藤賢太郎参院議員は「素人集団の議決は民主主義への挑戦で残念だ」と言い、辻恵衆院議員は「簡単に国民感情で被告席に着けてしまっていいのか」と言ったことを問題にしたいのだが、いやはや、二人の「素人感覚」にはあきれてものが言えない。

 工藤議員よ、君たちは「素人集団」の投票によって、当選させて貰ったのではなかったか?確かに「君たち民主党を選んだ素人集団」は、危険な状態を作り出してしまい「民主主義への挑戦」をしてしまったから「残念だ」と私も思う。

 辻議員よ、マニュフェストとかいう奇妙なお題目にだまされた「素人集団」は、「簡単に国民感情」で君らを「議員席につけてしまった」が、それはいいのか? 私は君たちを議席に着けてしまったのは素人集団の大きなミスだったと思っている。

 産経の赤堀記者はあなた方の傲岸なコメントに対して、「果たして全うな批判なのだろうか」「『素人集団』『国民感情』などというが、国民感情を大切にすべき政治家から批判が出るのはおかしい」と控えめに批判したが、赤堀記者の間違いは、あなた方を「政治家」と認識していることである。真の『政治家』だったら、このようなおどろおどろしい発言は絶対にしまい。工藤、辻両議院は、深く反省すべきであり、少なくとも君たちを『選出』してくれた選挙民という『素人集団』に謝罪すべきである。国民を愚弄するにもほどがある!


 もっとも、彼らが言う「素人集団」に、裁判や、検察業務について審査などを依頼しなければならない「玄人集団」に対して私も言いたいことがある。

 裁判員制度が表ざたになったとき、私は「素人による高度な判断」に疑問を感じ、司法試験も受けていない素人にかかる負担と、被疑者にかかる誤判断を心配して、本来その職務についている専門家の判断こそ大切だといっていたのだが、施行されてみると、今のところは比較的問題なく進行しているように思われる。

 まさか国家権力に近いこれら「玄人集団」が、まったくの「素人集団」よりも判断力が落ちているとは思いたくはないが、これらはちょうど、われわれ戦闘機パイロットが頼りにならないとて、体力に自信がある「素人集団」が代わりにF−15戦闘機に乗ってスクランブルし、領空侵犯を未然に防いだようなもの、そうなればわれわれ戦闘機操縦の「玄人集団」は、ウイングマークをはずすであろう。

 つまり、彼ら専門家たちは今まで何をしていたのだろうか? 自分の専門分野を素人に取られて恥ずかしくないのか? 退職後には「生存者叙勲」を“自動的?”に与えられる方々なのに・・・、給料を返せ!と言いたくなった。

 

 戦闘機パイロットであった私にとって、「雫石裁判」は非常にためになった。あれこそまさに「素人集団」によるリンチに近い裁きであった。膨大な裁判資料に目を通してみるがよい。

 われわれは当時、それこそ工藤議員のように「素人集団による“軍事専門家”に対する挑戦で残念」であり、辻議員のように「簡単にメディアの扇動で自衛隊パイロットを被告席につけてしまっていいのか」と言いたかった。

「裁判官が日本を滅ぼす(新潮社)」のまえがきに、著者の門田隆将氏はこう書いている。

≪日本の裁判とは、果たして「真実」が争われるところだろうか。(中略)しかし実際には、日本の裁判は「真実」を発見するところではなくなっている。正確に言えば、日本の多くの裁判官には「真実」をあぶりだす能力も識見もないし、そもそも真実を導き出そうとする意欲もないのである。(中略)・・・いつの頃からか、日本の裁判所は単なる「法廷ゲーム」の場に成り果ててしまった≫

f:id:satoumamoru:20100429142540j:image


 詳しくはご一読いただくとして、検察審査会も同様だろう。検察上層部に「悪を許さぬ!」という意気込みはあるのか?

 少なくとも小沢氏の今回の疑惑に関しては、特捜が追求できず、国民の期待を裏切ったところにこの問題の発端がある。結果が出せなかった以上、特捜という「玄人集団」は「敗北」を認めざるを得まい。

 それを素人集団が再び掘り起こした! 昇進や名声や“人脈”など、官僚が最も気にする要素に無関心だからこそ、「岡目八目」の例えどおり素人集団には案外真実が見えるものなのである。社会正義の砦である検察は、ぜひとも国民の期待にこたえてほしいと思う。

 今朝の産経には「再捜査で何をやるのかの検討に1ヶ月はかかるだろう」とある検察幹部が話したと書かれている。「石橋を叩いて渡るのが官僚の出世の道」だといわれるが、私は現役時代に「叩いても渡らない」ばかりか、今や「叩いて壊して渡れなくしたものがトップにつく」と揶揄したものである。


 門田氏は「裁判官が日本を滅ぼす」ことを問題にしたが、私は素人集団の「鳩山政権が日本を滅ぼす」ことを危惧している。正義と祖国が一日も早く生き返ることを大いに期待したい。

裁判官が日本を滅ぼす (新潮文庫)

裁判官が日本を滅ぼす (新潮文庫)

なぜ君は絶望と闘えたのか

なぜ君は絶望と闘えたのか

この命、義に捧ぐ~台湾を救った陸軍中将根本博の奇跡~

この命、義に捧ぐ~台湾を救った陸軍中将根本博の奇跡~

金正日は日本人だった

金正日は日本人だった

国際軍事関係論―戦闘機パイロットの見つづけた日本の安全

国際軍事関係論―戦闘機パイロットの見つづけた日本の安全

廉価)写真で見る!!自衛隊の最新兵器99

廉価)写真で見る!!自衛隊の最新兵器99

民主党の闇 理念なき批判政党、その疑惑と金と政策の研究

民主党の闇 理念なき批判政党、その疑惑と金と政策の研究

TSSTSS 2010/04/30 12:00 佐藤閣下殿
(鳩山政権が日本を滅ぼす)というより、(日本を滅ぼすのが鳩山政権の目標)が
なのではないでしょうか。彼らは政権をとった後、彼らのマニュフェストはほとんど実行せず、マニュフェストにはほとんど触れなかった不法滞在外国人参政権のみを強力に進めています。他のことはよく意見が対立するのにこれだけは一致団結していますね。おそらく参政権を獲得した在日外国人による憲法改悪、日本の象徴である天皇を廃止、日本を滅ぼすという予定でしょう。オウムと同じです。選挙前は保守的な言動をしていた民主党議員はなりを潜めています。つまり政権をとるために国民を安心させるためのカモフラージュであったわけです。選挙前のマスコミ、評論家、タレントも今考えれば連動したと言えます。

hitotubuhitotubu 2010/04/30 15:20 裁判員制度
 裁判員制度は、外部からでなく司法界の中から持ち出され、実現された。はじめ、頭のいい連中が何を言い出すのやらと思ったが、私はこんな風に推測した。
 司法界ほど古式騒然とした世界はない。司法人の意識、慣習、制度など明治のままの部分が多い。裁判員制度は、これに危機感をもった一部の良識派が弊習に風穴を開けるために、考え出した方策とみる。
 日本では、裁判で無罪がでると、検察の負けという評価になる。どんどん起訴して、無罪ならそれだけのことという風潮なら、小沢起訴も簡単である。
今の裁判は、捜査段階で答えを完結させ、裁判はその発表の場でしかない。
 被告にも不利益事実の証明責任をもたせて、真実追究を裁判で行う方向に改革すべき。

おいちゃんおいちゃん 2010/04/30 15:26 去年の今頃みたいにするんですかね?

北朝鮮、ノドン発射の動き 5月中に日本海へ?2010年4月30日3時18分
http://www.asahi.com/international/update/0429/TKY201004290380.html


金正日は日本人だった
作者: 佐藤守

金日成とはソ連によって「つくられた英雄」だった!
2004年のロシア国営テレビより。
http://www.nicozon.net/watch/sm10522254

池東旭が語る韓国 北朝鮮は馬賊政権だ
http://www.nicozon.net/player.html?video_id=sm74770

なんとなくですが断片的に整合性がみえてきたような気がします。
大東亜戦争での民族独立の大義
特務機関、満州

敗戦後
中国空軍を旧日本軍が養成
インドネシア旧日本軍が養成独立戦争参加
ベトナム、旧日本軍が養成
中華民国旧日本軍が白団結成で台湾軍養成

東京軍事裁判
興亜院 特務機関
中国大陸は軍閥でまともな通貨が無い
資金調達でアヘンでしか金に変わるモノがない

メディアの偏向は意図的か
NHK特集『調査報告 日本軍と阿片』の狡猾な編集

田中秀雄(日本近現代史研究家・自由主義史観研究会会員)
http://www.jiyuushikan.org/rekishi/rekishi168.html

高晋高晋 2010/04/30 16:38 嘗て中国という深き淵(腐池)に腰までつかりながら、日本の誇りをかけて、米帝という最強の猛獣と徒手空拳になるまで戦い続けた英霊たち。
彼等を敬うと口先では謳いながら、その仇敵である米帝に尻まで嘗めさせられ、しかも喜んでいる貴公等は一体なんなのだ。
今こそ中国と国交を断絶し、米軍基地と原子力空母を武力で接収して、東海油田を即時占領せよ。東亜に民族の烽火を上げるが来ている。

田舎者田舎者 2010/04/30 20:21 やりきれない気分に追い打ちをかけるみたいで何ですが。


普天間問題の答え

鳩山首相が「ハトのまね」を披露 (画質良)
ttp://www.youtube.com/watch?v=18QUbv1l14A&feature=player_embedded

平賀キートン太一平賀キートン太一 2010/05/02 16:09 佐藤指令、すでにお気づきかと思われますが、貴ブログには、ずいぶん上海方面からのアクセスが多いようです。私ごとき、いち民間人が指摘するまでもなく、佐藤指令はじめ、「閣下の後輩たち」がチェックしているとは思いますが、支那関連の内容の時が多いようです。
色々経由させるので、正確なアジトはわかりませんが、もしそのままならば、通称「総参謀部情報部」、正式には、解放軍総参謀部第二部第一処上海分区、対オクシデンタル方面、特にドイツ、フランス中心のHUMINT部門です。
拙ブログに、閣下のブログをリンクさせて頂いているのですが、どうもシナ方面からアダルト関係のアクセスが多いため、しばらく閣下のサイト含め、訪問者をマークしておりました。

銀杏銀杏 2010/05/02 16:27  裁判に関しては、被告と検察がそれぞれの立場で詭弁を述べ合っている内に玄人の世界になってしまったのでしょうか。
 政治に関しては、選挙に金がかかり、利権を献金を取った者が強いと言う構造が政治家を変えたのか。
 ところで政治家の劣化はアメリカも酷い。次期大統領候補に目ぼしい人物がいません。「貧困大国アメリカII」を読むとロビー活動の結果、刑務所や学資ローンがヤクザの嵌め込みと変わらなくなりました。アメリカの内政は日本以下です。

南アフリカ大統領は凄い方です。
http://japan.techinsight.jp/2010/04/southafrica201004262359.html

以下の2つは関係あるのでしょうか。
http://plaza.rakuten.co.jp/555yj/diary/201004250000/
暴落−映画公開
1929/10/24−1929/12/01
1987/10/19−1987/12/11
2010/8上旬−2010/09/24

2010/2/10より米が新100ドル発行
http://japan.wsj.com/US/node_53675

平賀キートン太一平賀キートン太一 2010/05/02 20:27 連投ご容赦
http://www.melma.com/backnumber_45206_1458830/
http://www.melma.com/backnumber_45206_4424123/
「ユダヤにこだわると世界が見えなくなる」二見書房など 宮崎正弘 著

殻に閉じこもる「5次元業界」への怒り。
http://amesei.exblog.jp/11033250/ ジャパン・ハンドラーズと国際金融情報

謎の通行人謎の通行人 2010/05/03 00:51 頭に血が昇るかもしれません……

保存・拡散推奨。


必殺仕分け人・蓮舫「自衛隊はディズニーランドを見習え」
ttp://www.youtube.com/watch?v=ZuckdVi044M

kusabakusaba 2010/05/03 17:21 外国人参政権 その3 
将来は日本国も迫害を受けるであろう、チベット・ウィグルなどの場合を見れば分かるでありましょう。始めは上手く誤魔化し手懐けておいて、究極になれば日本人など目では無く思考力が手前勝手に反転するのを常としているから容赦しないであろう。国賊は中国側に肩入れしているつもりでいるから見逃してくれるぐらいに思っているのであろうがそんなやわな気質の持ち主ではないのである。

何せ自国民でも拷問虐殺が繰り返されて他民族など屁でも無いのである。日本国も同様に哀れな最期を見るという事でありましょう。通じるような話し相手ではないのである。通じるようならとっくの昔和んでいるはずである。長野の聖火リレーを見れば分かるでありましょう。

日本と同等の資質であると勘違いした所に不幸が走った。あまりにもお人好しであったが為に見抜けなかったのが不幸であった。招き入れた不幸と言うには残虐性を招き入れたも同然であったのだ。返す返すも残念な結果となって世界は動いてゆく。チベット・ウィグル族と同じように虐殺されないともかぎらないその保障は何処にも存在しないのである。

工作員など、偽日本人が我が国には跋扈しており、素人には見分けが付かない。スパイ防止法などを強化して取締りをせねば偽物は増えていくばかりで余計に日本国の将来を危うくしてゆく、守らなければならないのは日本国民であり、日本国であります。よその国民を守ってどうするのであろうか?(よその国民が日本国を守ってくれるなら話しは別である)守るべき国民を見間違えているのではなかろうか?

外国人を保護して日本国が発展するとは思えない。日本国を貶める人種は、非協力的な人種は、すなわち日本国を滅ぼす謀反人であります。国賊は排除しなければなりません、日本国の存亡がかかっているのだから当然の事であります。背に腹は変えられません。

その必要な事をしないばっかりに日本国土は蝕まれ、財産は取られ、命までも奪われ兼ねないのであります。果ては日本人の精神までも蝕まれてゆきます。何の事はない日本国の不作為が自らを蝕んでいるようなもの自業自得と言えばそのようだが、賢い日本人種にしては腑抜けた事である。正常な事を認識し得ないばっかりに自らが滅ぼす仕組みを整えているようなものである。

外国側から見れば日本国はほんの少しの工作で崩せようと言うもの、早くこのからくりを、仕組みを、解き放たねばならない。

単純に日本国の政治を外国人ができるとは思わない。出来たとすればまやかしである。真の日本国にはなるはずもなく、日本人の魂を入れ込まなければならないのに外国人の魂を入れ込んでどうするのであろうか?外国人が日本人の心意気を掴み取る事はほとんど困難でありましょう。日本人特有の精神を身に付けているからです。

日本国民を死守するのは当たり前の事であります。日本国には日本人が居て日本国であり、日本人は日本人であらねばならない!これすなわち日本国の法則であります。

百道原百道原 2010/05/04 00:42 「民主」「党」政権はとうとうその本質を現し始めましたね。

確かに「日本を滅ぼす」のが「民主」「党」詐欺師集団の目標だということがはっきりしてきました。

宮崎県の口蹄疫問題で農水相は呑気に外遊しているし、何の手も打つ気がないようです。

マスメディアも中国の万博ばかりでなく、国内の重大事をなぜもっと報道しないのでしょうか?

報道すると「民主」「党」政権の無策ぶりが露呈されるからでしょうか?

なお、「民主」「党」は民主的ではないし、党として当然あるべき綱領もないので、私は民主党とは書きません。

独裁者と傀儡政権と茶坊主と詐欺師の集団であるこんな「党」は早く解体してもらいたいものです。

TSSTSS 2010/05/05 10:47 沖縄を訪問した鳩山首相は「海兵隊が抑止力として沖縄に存在しなければならないとは思っていなかった」は発言したがこれが本当かどうか疑わしい。知らなかったら許されると思っていたとしたら甘いと思います。東大出身でこんなことがわからないとはとても思えません。もしそうなら全国の国公立大学(税立大学)の教養部に軍事の講座をもうけ必修にして予備士官としても働けるようにするべきです。鳩山首相のような、こんな司令官に使われる自衛官はやりきれない思いでしょうね。民主党は沖縄を中国との共同管理にする言っていましたが、おそらくそうするつもりでしょう。
また沖縄県民に質問したい。将来地政学的に重要な沖縄はこのままでいくと中国が占領することになりますが、チベットで中国共産党はチベット人を虐殺したし、台湾でも蒋介石の国民党は多くの元日本人を大量に虐殺したのを忘れてはいけない。そのとき多くの沖縄県民は日本やアメリカに亡命するでしょうけど、そうなったとき沖縄県民にこれはあなた方自らが選んだ結果ですよと言ってあげましょう。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/satoumamoru/20100429/1272521005


ページビュー
31254778