軍事評論家=佐藤守のブログ日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

■軍事を語らずして、日本を語るなかれ!!■

2011-04-27 自衛官の給与カット?

自衛官の給与カット?

≪津波の損害補填で自衛官の給与10%カット!? / 国民の声「びっくりした。自分の目を疑った」「航空自衛隊松島基地の津波被害補填のため、自衛官の給与を10%削減する事がオンラインメディア「JBPRESS」により報じられた。

国家公務員の給与6%削減については5月に公務員労組との協議がされる予定だが、この報道が真実であれば、被災地で日々復興のための活動をしている自衛官の給与を10%も削減するとはおかしな話だ。このような事態を引き起こした原子力安全・保安院を有する経済産業省は一体どうなるのかも疑問点である」≫というメールが届いていた。

とても信じられないが、もともとこの政府は、自衛隊は「暴力装置」と公言してはばからない政府である。国民の知らないところで、何か企んでいるのかもしれない。まさかとは思うが制服トップ組よ、そうなったら部下のために一肌脱いでほしい!


ところで震災発生時の3月11日夜、福島原発が深刻な事態に陥ったため、奈良にいた東電社長が東京に戻るため空自輸送機で名古屋を飛び立った途端、防衛相の判断でUターンさせられて名古屋に戻り、結局初動が遅れたことが話題になっている。

f:id:satoumamoru:20110427135752j:image

≪現場を知らないお二人=産経から≫

枝野官房長官と北沢防衛相は記者会見で「陸路で帰京できたはずだ」として、政府の対応に問題はなかったと強弁した。この時間帯、陸路はどうなっていたのか知っていたのだろうか?

演習中の部隊で幕僚がそんなことを言ったら、「貴様は全然“状況に入っていない!”」と怒鳴られただろう。現場の状況が推察できていないからである。

パプア・ニューギニア方面に派遣された部隊から、「冬装備を送れ」と電報が届いたとき、大本営幕僚が「赤道直下じゃないか」と放言した例に似ている。

ポートモレスビーを攻撃するためには、4013mのヴィクトリア山に連なる標高3000m以上のオーエンスタンレー山脈を越えねばならない。

幕僚には2次元の世界の「赤道・ライン」は目に入っても、立体的な視野を持たないから、標高は見えなかったのである!


民間人の清水社長がどんな経緯で自衛隊機に搭乗依頼したかは知らないが、多分災害派遣、緊急急患輸送?などの名目で申し込み、C−130の入間展開を計画中だった部隊が便乗という形で受け入れたのだろう。


ところがこれを聞いてUターンさせた防衛相は、原発事故がこれほど重大になるとは考えてもいなかったに違いない。枝野氏は「名古屋―東京間は車を飛ばしても走れる状況だ。なぜ自衛隊に頼んだのか。自衛隊機が飛ばないなら自動車を飛ばすのは当然だ。常識ではないか」と答えたが、「なぜ自衛隊に頼んだのか」はさておき、「自衛隊機が飛ばないなら自動車を飛ばすのは当然だ」というのは間違いである。C-130は2330頃すでに名古屋を離陸していたのだから。それを約20分後にUターンさせた方の常識を疑いたい。あと30分もあればC-130は入間基地に着陸していただろう。まさに「大本営幕僚」的視野である。


また「北沢防衛相は(輸送機について)被災者救援の輸送を最優先すべきだと指示していた。被災者救援に総力を挙げていた状況だったので防衛相の指示は妥当だった」と枝野氏は言ったがこれもおかしい。

おそらく輸送機部隊は、当該C-130を名古屋から入間に増強し、入間を起点に被災者救援活動させる計画だったろうからである。

そうであればそれは「まさに被災者救援のための輸送」だったと言える。

今回のこの事例を報道だけから推察すると、軍事常識が欠落した政治家と役人が、物事の優先順位も検討することなく、いつもの感覚でとった“官僚主義”の典型に思われる。

だから「軍事常識」が欠落した方々に、国家非常事態にかかわる危機管理的判断を任せられないのである。

米倉経団連会長が、原発事故対応で「間違った陣頭指揮が混乱のもと」だと首相と閣僚を批判しているが、最後にいいことを言っている。

「修羅場をくぐってきた人たちはリスクへの対応も機敏かつ果敢にできるが、経験のない人が大きなリスク対応を迫られた時には自信を持って判断ができない」


昨日の産経は≪清水社長が不在の間、第1原発では原子炉内の水が失われ炉心溶融が進む一方、原子炉内部の放射性物質を含む蒸気を外部に逃す「ベント(排気)」と呼ばれる措置も遅れた≫と書いた。

清水社長が現場にいればそれがなかったかどうか私にはわからないが、一旦離陸した輸送機を20分後に呼び戻すという愚かな行為は厳しく問われるべきものだろう。防衛大臣ともなれば、自衛隊機をいとも容易く?“政務”と称して選挙応援や自己の選挙区への里帰りに使う方が昔はいたものだが、それに比べると、今回は放射線被害予防のため、ともいえるものだから、そのまま入間に運んで差し上げてやるべきだったと思う。


これも“馬鹿な大将敵より怖い”という一例だが、この二人の大臣の「判断は適正だった」という「言い訳」のうまさには感心する。しかし、この場合の『適正』は文字にすると『敵性』じゃないのか?

今では航空機の運用に関しては若い航空ファンの判断の方がよほど適正である。大臣と言えども素人、“マニア”の前では見苦しい言い訳は通用しなくなりつつあることをお忘れなく。


加えるに、半径20km圏内内への一時帰宅についても「連休後から…」と“連休後”という言葉を持ち出す首相と言い、政府要人は事の重大性を認識していないように感じられる。被災者には「連休」なんぞ無関係、一日も早くと切望しているのである。「連休」を意識しているのは菅総理ぐらいじゃないか?だからそんな発言になるのである。

自衛官よりも、そんな民意とかけ離れた方々の歳費の方から大幅カットすべきだと私は思うが…

明日28日は仏式でいう「49日」にあたる。29日の昭和の日は、神式でいう「49日」である。非力な私には、祈ることしかできないが、犠牲者のご冥福と、被災者の方々が一日も早く元気を取り戻すよう願っている。

============================

(PR)

【復興と再生の年、5年目を迎えた『撃論』がリニューアルして日本の安全を問う!】・・・4月29日、リニューアル発売! 

眠り続けていた日本がようやく目覚め始めようとしている。

 そのきっかけとなったのが、昨年秋の尖閣諸島での中国武装漁船テロ事件であり、今年3月列島を襲った未曾有の大震災ではなかったか。

「領土問題なんて話し合いで解決できる」「平和を愛する諸国民の公正と信義を信頼しよう」もはや、そんな寝言が通用する時代は過ぎたのだ。

「暴力装置」と呼ばれた自衛隊を感謝の涙で迎える被災地、「日本頑張れ」と世界中で振られる日の丸を目にして、われわれは何を思うか。

 世界に愛される日本、それは戦う日本である。

 内に大震災、外からは隣国の脅威……新生撃論・第一弾は、安全保障と国防に切り込む!

 連載陣も一新して強力新連載に加え、豪華かつユニークな執筆陣が情報戦からアジア経済、エネルギー問題まで、独自の視点で解析するリニューアル第一号。

http://www.amazon.co.jp/dp/477551685X

f:id:satoumamoru:20110426005251j:image

【カラー】

自衛隊戦争ドクトリン

中川八洋

<憂国の緊急寄稿>

"風前の灯"尖閣列島と国防忘却の日本

藤井厳喜

新しい"リアリティ"の時代へ

21世紀、日本の選択 震災日本だからこそ考える改憲と核

佐藤守

元空将・佐藤守の言論スクランブル

この危機にこそ、目を離すな

石破茂自由民主党政務調査会長

<特別インタビュー>

震災と原発事故から考える国防体制

井上和彦

水面下の国防体制構築に原子力は不可欠の時代だ

日本原潜配備計画

■仲間均石垣市議会議員

<特別寄稿>

我が尖閣上陸の記

桜林美佐

「武器輸出3原則」緩和だけでは解決できない特殊な事情

防衛産業を理解すれば国防が見える

■元航空幕僚長田母神俊雄×評論家・渡部昇一

<緊急会談>

「日本人が今、日本のためにできること」

■家村和幸

自衛隊は何を守り、何と戦うのか

革命政権に文民統制される『暴力装置』の危うさ

宮崎正弘

中東民主革命の波及を恐れる中国共産党

なりふり構わぬ中国政府のネット規制

■土屋大洋

機密メールやデータがこっそり読み盗られている!?

深く静かに潜航する中国のサイバー攻撃

■酒井信彦

侵略性の根本にある中華思想

全ての民族は「中華民族」という論理

■イリハム・マハムティ(ウィグル独立運動家)

<特別インタビュー>

国を奪われるということ

■大高未貴

アジアの諸国民から生声リポート

中華を大包囲するアジアの反中親日感情

■アリムラヨシヒロ

「アジアの連帯」を唱えて再び走る亡国への道

支那幻想に狂い続ける現代のアジア主義者

■三橋貴明

インフレとバブルに怯える脆弱な足腰を解剖!

世界経済を牽引する「大躍進中国」の真っ赤な嘘

■青山千春

間近に迫る商用化で資源大国への道を開くか

日本近海に眠る膨大なメタンハイドレード

http://www.amazon.co.jp/dp/477551685X

愛信愛信 2011/04/27 17:14 「小沢氏側に裏金1億円払った」 水谷建設元社長証言
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110427/trl11042711260003-n1.htm

支那共産軍の野戦軍司令官となり日本国の公共事業やODA関連
工事に纏わる利権の窓口を一本化を企む行為は日本国民の利益
を著しく損なう犯罪行為であり厳罰に処するべし。

【経済・政治の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj.cgi
【経済・政治の掲示板】最新版タイトル一覧はこちらをクリックして下さい。

こんなレスがありました。(拡散推奨)
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/csozw.cgi
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/csozws.cgi

素朴人素朴人 2011/04/27 19:22 佐藤様 お疲れ様です。

この極左反日ネットワークに操られた政権は、
本気で大和民族を滅亡させようとしている。

(子供の放射線許容量を20mシーベルト/年など本性を出し始めた。
 そして、げんこつ程度で大騒ぎしたマスコミが比較にならない
 子供への危険性増大政策に対し無言である。
 要するに、子供の人権などと言っていたのは単なる口実で
 家庭破壊工作の一つだったに過ぎないのだ)

元々、ばらまき政策で、財政を破綻させ、主権を外国勢力に
委譲するつもりだったのだが、この震災と原発事故で、
それをより早くすることが可能となった。

自衛隊を早めに活用したことを評価する向きもあるが、
むしろ、自衛隊を弱体化、消耗させることこそその目的だった。

外国勢による企業の乗っ取り、水源地の買収などについての無策また、
政府調達への外国企業の優先参入と売国政策だけをすすめている。

テレビメディアは既に支配されているので、この売国政策を
問題にはしない。

復興計画などとほざいているが、如何に外国勢力に都合の良い
かたちにするかを考えているだけだ。
(秘密にせざるを得ないのは当然である。)
復旧ではなく、新しいかたちという言い方でごまかしているが、
日本人の税金で外国勢力を潤すという計画が着々とすすんでいる。
(復興需要の果実は外国勢力に奪われる)

菅はまず辞めない。

ブリンデンブリンデン 2011/04/27 19:34 佐藤さま

自衛官の給与カットは本当なのでしょうか。ぜひ、佐藤さまのつてで、真相を明らかにしていただければ幸いです。

ところで、東電社長の空輸ですが、どうも経済産業省が働きかけたようです。
ただ、その前に東電系のヘリ会社(新日本ヘリ)が夜間になってしまったため、運航できず、代替え手段として自衛隊機による空輸を要請したようです。
また、小牧のC130については、当初、関西各県のDMATを伊丹から被災地まで空輸する予定だったそうです。
この一件があって、DMATの空輸は翌日になったそうです。

愛信愛信 2011/04/28 09:33 日本人社会の崩壊をもたらす売国法案が成立
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/cscsgk.cgi

朝鮮儀軌引き渡し協定4月27日外務委員会委員会通過

【朝鮮儀軌引き渡し国会承認】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/cscsgk.cgi

【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

匿名希望匿名希望 2011/04/28 12:47 佐藤閣下、公務員の給与を下げる前に国会議員の給与はどうなったのでしょうか。自衛隊、海保、消防等の人たちが震災復興で頑張っているのに。定数削減で公務員は頑張ってます。国民もOA化の不便に耐えてます。自ら国民に模範を示してからにして欲しいものです。

nn 2011/04/28 14:21 先日から書き込ませていただいておりますが、何度お伝えしても、しすぎということはないほど重要な問題が電磁波兵器です。今、日本人全体が「モルモット」にされているようなものと危惧されるからです。このことを佐藤様が認知なさっていることは、人類史という長期的なスパンからみても勇気あるすばらしい行いであり心より敬意を表します。

この問題に警鐘を鳴らすイギリスの精神科医の論文をご紹介します
************************
我々はここでできうる限りの援護策を考えたい。

鄯) このような人権への暴虐、民主主義への脅威にたいする、認知をただちに広めることの必要


鄱) そのような脅威の存在を自覚することに対し、ときに人々が防御反応を取り、避けようとする理由を分析すること


鄴) この技術による迫害にあっている被害者に対処するため、同情ではない、知識・創意・情報の緊急的要請。そして、

鄽) 致死能力すらある、ここで述べる種類の兵器が、ファシストや秘密活動者の手中にあることがほぼ確実であり、自由に対する切迫した脅威をもたらしていることを、眠り続ける社会に警告すること


被害者たちには、現在、この標的づけによる放射の影響について、医療ケアすら受ける方法がないことを強調しなければならない。人間モルモットとして扱われていることの信用をさげすまれ、人生の破壊によって自殺に追い込まれたり、気違い扱いされたりするなど、“痛恨の極み”と呼ぶのがふさわしい。心や身体に“外部者”が恒常的に存在することは、原義上、最も耐え難い残酷な行為である。
http://www5f.biglobe.ne.jp/~terre/JPSS_gothic.htm

nn 2011/04/29 00:40 続き:
しかし人間モルモットにされ、人体実験用に試されているのは、実は集団ストーカー被害者や日本人だけではありません。
ミルグラムのアイヒマン実験やスタンフォード大学監獄実験のように主眼は「いかに大衆を集団ストーカー犯罪者になるよう扇動し、政府に都合の悪い言動をする者たちの生活を破壊し陰湿に弾圧させるか」です。

つまり大衆マインドコントロールとは、それ自体を告発し止めようとする人間に対し、周囲の大衆をも洗脳し、あらゆる有形無形のいやがらせ、すなわち人権侵害・暴力を偶然にみせかけ標的に浴びせ人間破壊させることも義務づけていることが指摘されています。

そして諸国民に比し「自分さえよければ他人が死のうがどうしようがどうでもいい。むしろ愉快だ」という風潮が強いアメリカ人社会では嬉嬉として集団ストーカー犯罪へ協力する国民のほうが圧倒的に多い。ちょうど大戦時のほとんどのドイツ人大衆が歓呼の拍手をもってヒトラーを歓迎した光景と、うりふたつです。

しかし、過度の悲観は必要ありません。スタンフォード監獄実験などで証明されているように、そのような状況におかれると「ほとんど」の大衆は現在のアメリカ人大衆のように、空気に呑まれ長いものに巻かれ、人類史に恥と汚点を残したまま死んで行くだけですが、それでもなお状況に左右されず倫理を保ち、悪に染まらないでいられる人間も少数ながら常に存在することを忘れてはならないでしょう。

どちらを選んで生き死んで行くかは、いつでも個人の選択なのです。

愛信愛信 2011/04/29 21:12 小佐古参与が辞意表明=政府の原発対応批判
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2011042900371
地震の発生で原発は緊急停止していたのに1号炉の爆発まで
の時間が早すぎる。 地震発生前から1号炉の冷却水が激減
していたのも、外部電源供給路の送電線鉄塔の倒壊もアメリ
カより提供された冷却剤(重水:中性子の飛散を抑制するので
原子炉の発熱を抑えられる)の拒否も直前の韓首相の1号炉
の視察も全て1号炉が爆発する主な要因となっている。

【被災者応援情報の掲示板】最新版
http://www.aixin.sakura.ne.jp/axths/jht/jht1.cgi
【被災者応援情報の掲示板】最新版タイトル一覧はこちらをクリックして下さい。

ps:
●小沢一郎の嘘、私なら天皇陛下に命令できる
習近平氏の謁見実現

●韓直人の嘘、私なら皇室の宝物もち出すことができる。
日・韓図書協定

●鳩山由紀夫の嘘、私なら米軍基地を県外へできる。
移転計画が頓挫

反日売国テレビ局・マスコミが隠蔽するので民主党の反日売国行為を
多くの国民は知らない。

愛信愛信 2011/04/30 09:26 第177回国会審議中継
4月30日8:30〜
予算委員会審議中継を見ています。災害対策第一次補正、予算委員会審議総括

http://www.shugiintv.go.jp/jp/wmp.asx?deli_id=40950&live=yes&media_type=wb

【動画ニュース掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi
【動画ニュース最新版タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

nn 2011/04/30 13:41 【人間モルモットは実は集団ストーカー犯罪やってる犯罪者連中のほうだという件について】

大衆ガスライティング犯罪の解説 (YouTube)↓
http://www.youtube.com/watch?v=PJqMcafwFJ8&feature=related

「コンピューターを使った遠隔からの思考解読および思考操作を含む大衆マインドコントロール犯罪を隠蔽するため、被害に気付いたもの達の告発は妄想かのように見せかけ被害者を精神病にでっちあげる工作が、いわゆるギャングストーカー犯罪である。が、実は(集団ストーキングの)この本当の目的を知っているいないに関わらず、同犯罪に加担、助長し、自分が嫌がらせを加えた見ず知らずの人間の苦しみを楽しむ協力者らこそ、そのサド的な変態傾向や反社会性人格障害の疑いのある心理状態を観察されている実験対象であることがこの動画ではっきり指摘されている。
 すなわちターゲットをつぶすために、いかに周囲の大衆を洗脳し、反社会的な行動をとらせ被害者を傷つけるよう扇動できるかをアイヒマン実験さながら試しているのだ、ということだ。

 コメント欄には犯罪関与者が同様な事実を暴露している記述もみらる。」

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証



ページビュー
29759986