軍事評論家=佐藤守のブログ日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

■軍事を語らずして、日本を語るなかれ!!■

2012-04-22 資源乏しい日本・・・

資源乏しい日本…

先週は、新刊本の上梓などに加えて講演会など、結構多忙だった。

ブログを5日休むと大先輩から「体調でも悪いの?」と心配するメールが届くので気が気じゃない!

そこで今日は、土曜日の産経9面で目についたこの記事から入りたい。

f:id:satoumamoru:20120422180115j:image:w360

≪産経新聞から

国際会議に出席のため来日中のバーバラ女史が、脱原発にかじを切ったドイツの例を挙げて、≪ロシアからの燃料輸入やフランスからの電力購入で他国への(エネルギー)依存度が強まっている≫と指摘。「日本は他国に命運をゆだねるような道を進むべきではない」と提言した。

更に≪エネルギー安全保障と電力の安定供給、地球温暖化ガス削減などの課題を解決できる電源は原発しかない≫と指摘。日本の原子力発電所の建設技術については、東日本大震災によっても≪建屋は残り、プラントの頑健性が証明された≫と評価しているが、今の日本の雰囲気からすれば、バーバラ女史は英国原子力公社・名誉会長だから、「推進派筆頭」で企業がらみ!と産経の記事にクレームをつける市民グループがいるだろう。しかし冷静に読んでみるべきである。

政府の混乱と不的確な指示などによって、事故は拡大された点はあるが、現場の処理活動はとてもチェルノブイリ事故に比べられないほど冷静で懸命である。

これについては、週刊文春に詳しい記事があるそうだから、読んでみたいと思っているが、私にはとにかくこの国を「破壊」しようとする活動が目について仕方がない。その筆頭がこれである。

f:id:satoumamoru:20120408132435j:image:w360

≪我が家の周辺に張られているポスター≫


このグループは、大東亜戦争でも日米開戦に向けて大活躍し、日本を破滅に追い込んだことは歴史が証明している。

当時からコミンテルンスターリン)に魂を売ったグループなのだから、「日本」という看板を外すべきなのだが、それでも日本人と米国人の“高学歴者”が、オカルティックな共産主義にマインドコントロールされて、日米相戦い、相互に悲劇を迎えた。


戦後は占領軍の助けで労働組合を組織し、教師を取り込み、日本人の子供たちの頭に反日本主義を植え込んだ。それが「日教組」である。

純真な子供たちをピンクに染め、わが国の教育崩壊に突き進み、日本人から伝統的な文化や特性を消失させてきた。その代表的、集大成的人相をした方が、政界を取り仕切っているではないか!

この手の人相が、近ごろの日本には増えすぎた…


これ(日教組)で日本人の魂を改悪し、次は脱原発で基幹産業を破たんに追い込み、日本国を崩壊に追い込む…。多分シナリオはこうだろう。そして着々と水面下で進行している…。まさにゾルゲ事件に匹敵する日本崩壊作戦である。


しかし、21世紀に残っている「共産主義国」は、≪中国≫と≪北朝鮮≫くらいであって、それもそろそろ断末魔を迎えつつある。


私は退官後、「お人良し日本人よ、そろそろ目を覚ませ!」と防衛問題を中心に15年間叫んできたが効果もなく、下手すると自国の断末魔をこの目で確かめることになるのか?と聊か気落ちしつつある。その前になんとか三途の川を渡り切りたい!


先週初めに友人の伊藤貫教授の本を読み終えたが、日米関係についても全く同感、ただし、日本の核武装に関しては、軍事知識欠乏状態で、決断力も勇気もない「シビリアン」に、核のカギを預けることには大いに疑問があるから、ここが伊藤教授と意見を異にするところだろう。

悲しいことに、今回の北のミサイル事案で“それ”は十分証明された。

田中防衛大臣は事前に≪私が対処するから万全である≫とTVで語ったが、国民のだれもが信用しなかったように、結果はお粗末なものとなって「どこが万全か!」とあきれてものが言えなかった。

こんな「シビリアン」の下で動かねばならない軍事組織が、核を持っても実力を発揮できないと、私は34年間の自衛官生活で“確信”しているからである。

しかし、伊藤教授同様、当然自主防衛の努力と、その足らざるを米国との同盟関係で保たねばならぬ、と思っている。

f:id:satoumamoru:20120422183332j:image:w360

≪文春新書\820+税≫


今後の世界情勢を考察するうえで大変ためになる。一度本書をお読みいただきたいと思う。

中国指導部の崩壊?に伴う混乱と、イラン・イスラエルの不気味な闘争などなど、2012年危機の後に控えている大混乱に備えねばならぬことが理解できるし、果たしてそれに大統領選挙後?の米国が立ち向かえるのかどうか…


バーバラ女史が言うように、日本は確かに天然資源は不足しているが、それを補って余りあったのが≪人的資源≫、つまり、優秀な民族性であった。ところがその特筆すべきわが国の人的“資源”は、恐るべき“破壊教育”によって、大きく減少しつつある。

バーバラ女史が指摘した天然資源はもとより、今まで国を支えてきた優秀な人的資源も枯渇しつつあるのだ。

そこで、今日の「多摩地方版」に出た、森田健作千葉県知事の意見をご紹介しておきたい。

石原都知事と言い、森田知事と言い、国政をはるかに凌駕する判断力が頼もしい。

人材育成こそ急務である!

f:id:satoumamoru:20120422180110j:image:w360

≪産経・多摩版から≫

深夜食堂 (ディレクターズカット版) [DVD]

深夜食堂 (ディレクターズカット版) [DVD]

自滅するアメリカ帝国―日本よ、独立せよ (文春新書)

自滅するアメリカ帝国―日本よ、独立せよ (文春新書)

日本人だけが知らない 世界から絶賛される日本人

日本人だけが知らない 世界から絶賛される日本人

ジェットパイロットが体験した超科学現象

ジェットパイロットが体験した超科学現象

実録 自衛隊パイロットたちが接近遭遇したUFO

実録 自衛隊パイロットたちが接近遭遇したUFO

日本の空を誰が守るのか (双葉新書)

日本の空を誰が守るのか (双葉新書)

国際軍事関係論―戦闘機パイロットの見つづけた日本の安全

国際軍事関係論―戦闘機パイロットの見つづけた日本の安全

オカルト馬鹿につける薬オカルト馬鹿につける薬 2012/04/22 21:13 共産党と日教組の区別がつかないとは、実におめでたいですなぁ。
UFOなどと仰るオカルト馬鹿につける薬はなさそうだ。

”オカルト馬鹿につける薬”さんへ”オカルト馬鹿につける薬”さんへ 2012/04/23 07:48 「馬鹿」とか「kj」とかの用語は、「インターネットによる誹謗、中傷」になりますよ、インターネットは匿名だと勘違いしているようですが(笑)

青木青木 2012/04/23 18:23  匿名は匿名ですけどね。調べればIPアドレスでとか専用のマックアドレス見れるようにしたものでとか・・・MACアドレスさえ偽装してしまえるような、プロトコルスタックにまで精通したクラッカーでもない限りは追跡は出来るでしょうけどね。

 とはいえ、私などは平気で馬鹿とか書きますね、民主党に対してとか新聞記事に対してとか。
 まぁ馬鹿というやつは馬鹿という言葉もあります、私も馬鹿なので馬鹿というのですけど共産党と日教組の区別が付かないと読み取れるオカルト馬鹿につける薬さんも馬鹿ですなw

オカルト馬鹿につける薬オカルト馬鹿につける薬 2012/04/23 19:53 いやぁ、確か佐藤氏は「反日」なるレッテル貼りで「インターネットによる誹謗、中傷」を行っていると思っていたんだけど(笑)。
そもそもUFOなど擬似科学を信じる人間が馬鹿か否かってどうお考えなんですかねぇ(笑)。ある程度の知性がある人にとっては言うまでもないことなんだが(笑)。

ああ、そうそう。新聞社の許可もなく記事のコピーをブログに貼り付けるのは著作権法違反ですぞ。

昌 2012/04/23 20:34 オカ馬鹿薬へ
あんたの笑いは羨望・羨みの笑いだろ。オカルトだというならお前さんが一万メートルの上空へ昇って見なよ。行けないお前さんが悔しがって口を歪めて笑うのが羨みの笑いだろ。

オカルト馬鹿につける薬オカルト馬鹿につける薬 2012/04/23 21:18 全く反論になってないのが滑稽(笑)。
擬似科学はそれを信じていることがナンセンスなの(笑)。

キラーT細胞キラーT細胞 2012/04/24 01:43 オカルト馬鹿につける薬氏へ

>そもそもUFOなど擬似科学を信じる人間が馬鹿か否かってどうお考えなんですかねぇ(笑)。ある程度の知性がある人にとっては言うまでもないことなんだが(笑)。

 まづ、語法の誤りを指摘します。UFOは「未確認飛行物体」であつて、「疑似科学」ではありません。
 それから、かう云ふ科学者も居ますよ。
 「実際の観測データに基づいてUFOを論じるのではなく,おかしなことを言っている連中の話を興味本位で取り上げた新聞記事等を持ち出して,UFOを否定するというやり方については,批判する必要がある.
 これまで数多くの著名な科学者が,同じ結論に簡単に飛びついている.『UFOを見るのは変わり者だけである』と.」  http://www.sspc.jpn.org/ufo/book/ufobook004/ufo224.html

 マクドナルド博士が言ふ様に捏造でも妄想でも自然現象の誤認でもないUFOの目撃談がある以上、その事実の解明に真面目に取組むのは科学的な態度であり、知的営為だと私は考へますがね。
 佐藤先生を含む自衛隊のパイロット達も、自らの経験によつてUFOの存在を信じる様になつたのであつて、さう云ふ態度を異常だ愚かだと決め付ける事は出来ません。

>確か佐藤氏は「反日」なるレッテル貼りで「インターネットによる誹謗、中傷」を行っていると思っていたんだけど(笑)。

 何を根拠にさう思つたんですか?広辞苑に依れば、「中傷」とは「無実のことを言つて他人の名誉を傷つけること」です。佐藤先生が事実でない事を根拠に他人の名誉を傷付けた例があると云ふのであれば、是非示して下さい。それが出来ないのなら、誹謗中傷をしたのは他ならぬ貴方の方だと云はれても抗弁出来ませんよ。さあ、どうぞ示して下さい。

馬鹿馬鹿 2012/04/26 21:51 私は馬鹿です、ですので佐藤氏の意見をすべて理解することは難しく疑問に思うこともあります。ただ、大変考えさせられることが多く、度々拝見させており、少なくとも私より10万倍は頭が良い方だと思っています(実際はもっとかも、佐藤様すいません)。そこでその佐藤様を頭ごなしに馬鹿にされる「オカルト馬鹿につける薬」様はもっとすごいのでしょうね、ぜひともその高説をご教授願いたい。ブログ等あれば教えて下さいませんか?いい年だし超馬鹿な私には理解できないかもしれないけどどうかよろしくお願いします。

harbethharbeth 2012/04/26 22:04 「オカルト馬鹿につける薬」様、新聞のコピーを許可無く貼り付けるのは著作権違法とおっしゃいますが、ただでさえ販売部数が減りつつある新聞業界でどちらかと言うと「宣伝」になる閣下の引用を新聞が訴えるとは思いませんが。(朝○、琉球○報、沖○タイムス等を引用して批判するなら別ですが)

一読者一読者 2012/04/26 22:35 オカルト馬鹿につける薬様、
私も霊感は無いのですが色々理屈で説明つかぬ事を経験しているうちに学研の神秘主義入門書を読み漁り、口の悪い知人から「オカルト馬鹿」と言われた事があります。
議論の意図はありませんが、一応お教えしましょう。
オカルトの4文字はオウム事件で大変なマイナスイメージが定着しましたが、
本来の意味はラテン語で「隠された真実」という意味なのですよ。マアこれも学研の入門書で読みかじったことですが。

さて共産党ですが、以前シンパと思しき者と論争し
こう言ってやった事があります。
「今後いかなる自然災害・犯罪・海難事故に巻き込まれようと『国家の暴力装置』たる自衛隊・警察・海保の助けは受けず自力で脱出しろよ」と。
相手は「それとこれとは別だ。我々も税金払ってんだよ」と言い返しました。
この手の人間には道義も何も通用しないんですね・・・。呆れました。
こんな連中も平等に守り、助けねばならない仕事は本当に大変と察します。
雑感にて失礼いたしました。

オカルト馬鹿につける薬オカルト馬鹿につける薬 2012/04/30 15:08 キラーT細胞さんへ

まず中傷の件から。
例えば、2010-07-14の記事
「実録・自衛隊パイロットたちが遭遇したUFO」より

“前任者(註;鳩山元首相)は「お育ちの良いルーピイ首相」、今度(註;菅前首相)は「正反対のお育ちのルーピイ首相」だから(後略)”
同時に2人の人物に対して誹謗、中傷されてますね。

次にUFOの件。
> マクドナルド博士が言ふ様に捏造でも妄想でも自然現象の誤認でもないUFOの目撃談がある以上、その事実の解明に真面目に取組むのは科学的な態度であり、知的営為だと私は考へますがね。

マクドナルド博士は目撃報告を主に八つの仮説に照らして考察しているそうですね。その中で仮説7が有力だとおっしゃっております。
仮説1〜6、8を消去するのはわかりますが、そこで何故「監視を目的とした地球外起源の機械装置」というものを仮説としてあげているのでしょう?そもそも地球外起源の機械装置という先入観ありきで、これを主張したいがための研究ではないですか?

マクドナルド博士は言及されていないけれども、逆に「監視を目的とした地球外起源の機械装置」が仮に存在するとすれば、色々とおかしなことが出てきますよね、いちいち指摘しませんが。

佐藤氏の著書も一部分読んでみました(立ち読みですが)。
パイロットはなんでもないものを異常なものと錯視しないよう長時間の訓練を受けています。しかしながら、それでも人間のやることですから、実際には錯視してしまう方もいます。佐藤氏も飛行機の操縦のプロであれば、航空生理学などの学問があることはご存知でしょう。そういった見地、或いは心理学や医学的な見地からの検証が佐藤氏の著書の中にはありませんが、それが「事実の解明に真面目に取組」んでいると言えるのでしょうか。他にもピラミッドやナスカの地上絵は当時の人たちが作ったとは思えないだの、ムーの世界でしょ。ちっとも科学的な態度であるとは思いませんし、知的営為だと感じられません。

harbethさんへ

>ただでさえ販売部数が減りつつある新聞業界でどちらかと言うと「宣伝」になる閣下の引用を新聞が訴えるとは思いませんが。

私は、単に「著作権法違反」だと指摘しただけで、産経新聞が訴えるかどうかは問題にしていません。著作権法の概念が良くお分かりではないようですので、具体的に法令を見てください。
仮にあなたの論法で言えば、他の著作権侵害事件も「宣伝になる」との理由で免責となるのではないですか?
ちなみに、産経新聞の著作権に関する考え方は以下のとおり。

http://sankei.jp/inquiry_use.html

記事の使用に関し、通常は料金をとっているようですね。経営が苦しい産経新聞が有料で掲載を許可している記事を、料金を払わずに無断で使用するのはどうなんでしょうか。
(長文失礼しました)

オカルト馬鹿につける薬オカルト馬鹿につける薬 2012/05/10 20:22 追記します。
>それから、かう云ふ科学者も居ますよ。

科学者としては特殊なご意見をお持ちのマクドナルド氏のことはともかく、UFOの存在を前提とした研究とやらをなさっている方々の主張がどう科学的なのかそろそろ説明いただけないでしょうか?

さて、ある事象が「存在すること」を証明するのは、「存在しないこと」を証明するよりはるかに容易なことなのは当然ご存知ですよね。UFO馬鹿じゃなかった信者の方は、マクドナルド博士も含め、何故いつまでたっても「誰々が見た」というレベルの事しか主張できないんでしょう?しつこく繰り返しますが、それのどこが科学的態度で知的営為なんでしょうか?

「見た」という話なら、かつて日本では天狗や鬼を「見た」人は大勢いたはずですから、その存在を研究する(例えば発掘調査するとか)のも科学的態度かつ知的な営為なのではと考えられますので、是非UFOと同じように真実を究明していただきたい。


佐藤氏が著書にて推薦しているUFO研究サイトの主催者である天宮氏のサイトはこちら
http://www006.upp.so-net.ne.jp/masahirotsuda/ufoframe.htm

元々ムーの愛読者だそうだ。実に知的ですね(笑)。

キラーT細胞キラーT細胞 2012/05/13 16:54 オカルト馬鹿につける薬氏へ
貴方へのレスをこちらに書きましたので、御覧下さい。
https://docs.google.com/document/d/1mZqYcyPMSf53aJ8ZkBl6vNi25PItsvqU_70g703oCqg/edit

オカルト馬鹿につける薬オカルト馬鹿につける薬 2012/05/13 18:42 キラーT細胞さんへ
ご丁寧にありがとうございました。御説に納得した訳ではありませんが、ここで云々するのも邪魔だとおもいますのでこれ以上書きません。
ちなみに、私は民主党支持者ではありませんよ(笑)。

オカルト馬鹿につける薬オカルト馬鹿につける薬 2012/05/13 21:23 すみません。一言だけ追記させてください。
大陸移動説がかつては誰にも信じられなかったことは勿論知っています。但し、誰も「大陸の存在自体」は疑っていないですよね、当たり前だけど。

UFOについては、その存在は証明できないということがまずありますね。次に、仮に存在したと仮定しても、目撃情報から見たUFOの動きそのものが既存の物理学的な法則に合致しないし、そもそも何を目的として地球に飛来しているのか、少なくとも地球人の論理では説明できませんよね。…というように、何段階も不自然な仮定を繰り返さなければいけないものだと思うんですよ、実際のところ。
だからトンデモ理論ではないかと思わないではいられません。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証



ページビュー
30429202