Hatena::ブログ(Diary)

IN THE STUDIO:佐藤守弘の講義情報 このページをアンテナに追加 RSSフィード

プロフィール

satow_morihiro

satow_morihiro はてなダイアリープラス利用中

佐藤守弘(京都精華大学)の講義関係情報--芸術学/写真論/視覚文化論など


http://d.hatena.ne.jp/satow_morihiro/


17年度後期芸術学B写真論学術論文演習2フィールドプログラム英書講読(同志社)講演、特別講義など

前学期までの講義情報

2009年10月19日 (Mon)

[]第5週

予定

  • 文化生産の変容:複製技術と作者性
    • 近代的な芸術概念=歴史や文化から自立した「作者」が、徹底的な自己批判を通じて創り出す独創的で自律的な「表現」
      • 「〔19世紀以来の近代資本主義の文化的表現〕では、制度や慣習がどうであれ、私は自分をこのように表現するという、近代的な主体の表現としての芸術が目指される。〔…〕それにあたって、〔…〕音楽は音楽に固有のランゲージへと、自己批判を通じて自己純化をしていけばいい〔…その結果〕一方には、芸術家というハダカの主体、他方には〔…〕音楽でいえば時間の中での音の組織の展開だけが残る。(浅田彰「ポストモダン・アート」『ur』No.2, ペヨトル工房、1990)」
    • 著作権と近代的「芸術」概念=「〔フランス〕革命の基本思想であった自然権思想とロマン主義は、作者の芸術表現への所有権を、「もっとも神聖な所有権」とみなし、「作者の権利」は法により新たに制度化されることになった(増田聡『その音楽の<作者>とは誰か リミックス・産業・著作権』、103-04)」
    • 著作権法 第1条「第一条 この法律は、著作物並びに実演、レコード、放送及び有線放送に関し著作者の権利及びこれに隣接する権利を定め、これらの文化的所産の公正な利用に留意しつつ著作者等の権利の保護を図り、もつて文化の発展に寄与することを目的とする」。
    • 著作者の権利 vs ユーザの権利
    • ロラン・バルト「作者の死」(『物語の構造分析
    • ヒップ・ホップ/ダブ/リミックスと複製技術時代の音楽
      • 音の合成(シンセサイザー)/自動演奏(シークエンサー)/複製音の使用(サンプリング)/音の編集(ダブ/リミックス)
      • MOOG [DVD]
      • レゲエとダブ
      • サウンドシステム――複製による音楽受容
      • 聴取の態度:集中的な聴取(クラシック、モダン・ジャズ)と散漫な聴取(レゲエ、クラブ・ミュージック)
        • 音楽を聴く/絵画を観る姿勢の近代性
        • 精神集中/視覚性 vs くつろぎ/触覚性

[]第5週

予定

  • モダン・モダニティ・モダニズム
    • 「モダン・ジャズ」はどのように「近代的」なのか
      • 「ビ・バップ」とジャズの近代化
        • ダンス、歌の排除
        • 編成の縮小
        • コード(和音)に則った即興演奏→芸術家としての「演奏者」
    • チャーリー・パーカーというモダニスト

曲リスト

-情報カテゴリー別
--総合情報
--シラバス
--研究室


-エントリ一覧表


佐藤守弘『トポグラフィの日本近代--江戸泥絵・横浜写真・芸術写真』青弓社、2011年


佐藤守弘の他のサイト
-メイン・サイト洛中蒼猴軒
-ブログ蒼猴軒日録
-学術論文の書き方


講義に関連するリンク
-京都精華大学
-京都精華大学シラバス検索
-京都精華大学情報館蔵書検索
-大学コンソーシアム京都
-大学コンソーシアム京都図書館共通閲覧システム
-北仲スクール
-同志社大学文学部

-CiNii Books=図書館縦断蔵書検索
-CiNii論文情報ナビゲータ
-JSTOR=英語学術論文アーカイヴ(京都精華大学内LANから接続可)
-GeNii:学術コンテンツ・ポータル
-国立国会図書館OPAC

-博物館・美術館展覧会案内
-展覧会スケジュール(artscape)
-日本の美術展覧会記録1945-2005

-美学の部屋=美学美術史リンク集by加藤哲弘氏

-artcyclopedia=ウェブで公開されている美術作品検索
-Web Gallery of Art=西洋美術画像検索
-CGFA-A Virtual Art Museum=西洋美術画像検索
--Masters of Photography=主要写真作家の作品




携帯サイト