Hatena::ブログ(Diary)

IN THE STUDIO:佐藤守弘の講義情報 このページをアンテナに追加 RSSフィード

プロフィール

satow_morihiro

satow_morihiro はてなダイアリープラス利用中

佐藤守弘(京都精華大学)の講義関係情報--芸術学/写真論/視覚文化論など


http://d.hatena.ne.jp/satow_morihiro/


17年度後期芸術学B写真論学術論文演習2フィールドプログラム英書講読(同志社)講演、特別講義など

前学期までの講義情報

2017年11月15日 (Wed)

[]写真論 第7回

講義

  • 写真と痕跡
    • 「写真術」とは?
      • Photography=光による記述
      • héliographie=太陽による記述
      • Pencil of Nature=『自然の鉛筆』
      • "Secure the shadow, 'ere the substance fade, /Let Nature imitate what Nature made."=「影を遺そう、その身が消え失せる前に/自然の創りだしたものを、自然自身に模倣させよう」(ダゲレオタイプ広告のための二行詩)
    • 写真=「コードのないメッセージ」――バルト
      • 写真のメッセージの中身は何だろうか。写真は何を伝えるのだろうか。当然、光景そのもの、そのものずばりの現実である。〔……〕現実そのものから写真に写すにあたって、現実を単位に細分して、それを写真が読むべきものとして与える対象とは素材の異なる記号として再構成する必要はまったくない。このオブジェと映像の間に中継物、すなわちコードを設定する必要はまったくない。たしかに映像は現実のものではない。しかし少なくともその完璧なアナロゴン〔相似物〕であって、常識的に写真を構成するのはまさしくこの類似の完全性なのである。こうして写真映像の特殊な位置づけがでてくる。写真はコードのないメッセージであるという位置である。(ロラン・バルト「写真のメッセージ」『映像の修辞学 (ちくま学芸文庫)』)
    • 「それは=かつて=あった」
      • 「写真」が数かぎりなく再現するのは、ただ一度しか起こらなかったことである。〔……〕写真は、「ほら、これです、このとおりです!」と言うだけで、ほかのことは何も言わない。写真は哲学的に変換する(言葉にする)ことはできない。〔……〕「写真」は何か目の前にあるものを指さすのであって、そうした純粋に指呼的な言語活動の域を脱することができない。(10)
      • 私が《写真の指向対象》と呼ぶものは、ある映像またはある記号によって指し示されるものであるが、それは現実のものであってもなくてもよいというわけではなく、必ず現実のものでなければならない。それはカメラの前に置かれていたものであって、これがなければ写真は存在しないであろう。〔……〕絵画や言説における模倣とちがって、「写真」の場合は、事物がかつてそこにあったということを決して否定できない。〔……〕それゆえ、「写真」のノエマ〔現象学的な本質〕の名は、つぎのようなものとなろう。すなわち、《それは=かつて=あった》、あるいは「手に負えないもの」である。〔……〕それはかつてそこにあった、がしかし、ただちに引き離されてしまった。それは絶対に、異論の余地なく現前していた。がしかし、すでによそに移され相異している。
      • 写真とは文字どおり指向対象から発出したものである。そこに存在した現実の物体から、放射物が発せられ、それがいまここにいる私に触れにやって来るのだ。〔……〕私は、かつて存在したものがその直接的な放射物(その光)によって実際に触れた写真の表面に、こんどは私の視線が触れにいくのだと考えるとひどく嬉しくなる(あるいは暗い気持ちになる)〔……〕(ロラン・バルト『明るい部屋―写真についての覚書』)
    • ロザリンド・クラウス――指標論
      • あらゆる写真は、光のもろもろの反映を感光紙の表面上に転写した物理的痕跡なのである。写真はそれ故、イコン〔アイコン〕つまり視覚的類似の一種であるが、対象に対し指標〔インデックス〕的関係を持っているのである。真のイコン〔アイコン〕との隔たりを写真が感じさせるのは、この完全に物理的な生成によってである。つまり、大抵の絵画の描写的再現=表象の中で作用している組織的配列とか象徴的な意味の介在といったプロセスの入り込む余地を与えない、もしくはそうしたプロセスを短絡させるように見える、全くの物理的生成によってである。《象徴的なもの》が、対象と意味とを結びつけつつ再現=表象の諸形式の背後で働いている人間の意識によって、絵画芸術に通じているのだとすれば、写真はそうではない。写真の力は指標としての力であり、その意味は、既述のような《想像的なもの》と結びついた同一視の様態にあるのである。(ロザリンド・クラウス『オリジナリティと反復―ロザリンド・クラウス美術評論集』)
-情報カテゴリー別
--総合情報
--シラバス
--研究室


-エントリ一覧表


佐藤守弘『トポグラフィの日本近代--江戸泥絵・横浜写真・芸術写真』青弓社、2011年


佐藤守弘の他のサイト
-メイン・サイト洛中蒼猴軒
-ブログ蒼猴軒日録
-学術論文の書き方


講義に関連するリンク
-京都精華大学
-京都精華大学シラバス検索
-京都精華大学情報館蔵書検索
-大学コンソーシアム京都
-大学コンソーシアム京都図書館共通閲覧システム
-北仲スクール
-同志社大学文学部

-CiNii Books=図書館縦断蔵書検索
-CiNii論文情報ナビゲータ
-JSTOR=英語学術論文アーカイヴ(京都精華大学内LANから接続可)
-GeNii:学術コンテンツ・ポータル
-国立国会図書館OPAC

-博物館・美術館展覧会案内
-展覧会スケジュール(artscape)
-日本の美術展覧会記録1945-2005

-美学の部屋=美学美術史リンク集by加藤哲弘氏

-artcyclopedia=ウェブで公開されている美術作品検索
-Web Gallery of Art=西洋美術画像検索
-CGFA-A Virtual Art Museum=西洋美術画像検索
--Masters of Photography=主要写真作家の作品




携帯サイト